× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • 犬の保険
  • 病気になりにくい犬種は?ペットを迎えるときの注目ポイントを解説!

病気になりにくい犬種は?ペットを迎えるときの注目ポイントを解説!

病気になりにくい犬種は?ペットを迎えるときの注目ポイントを解説!サムネイル
病気になりにくい犬は飼育する上で大切な条件です。遺伝性疾患が少ない小型犬は大型犬より長寿傾向にあります。この記事では病気にかかりにくい人気の犬種も紹介しているので参考にして下さい。

 

ペットとして犬をご家庭に迎え入れるとき、どの犬種にするか迷われる方が多いと思います。迎え入れたペットとは元気で共に暮らし、長生きをしてほしいと願うでしょう。

どの犬種にするかは、ビジュアル面重視・価格・お手入れの簡単さ・性格・しつけのしやすさ等々、判断基準は人それぞれです。

今回は比較的大きな病気にかかりにくい犬種について詳しく解説します。

この記事では

・病気になりにくい犬の条件について解説
・条件を満たしている犬種を紹介
① トイプードル
② チワワ
③ ジャックラッセルテリア
④ パピヨン
⑤ ミニチュアシュナウザー
⑥ 柴犬
⑦ ミニチュアダックスフンド
⑧ イタリアングレーハウンド
⑨ シーズー
について解説します。
最後までお読みいただければ、「病気にかかりにくい犬の条件」と「病気にかかりにくい犬種とその特徴」わかるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。

「病気になりにくい犬」とは

病気になりにくい犬は結果として長寿の傾向にあります。そのためには、体が丈夫で内臓疾患にかかりにくく、遺伝性の疾患が少ないことが挙げられます。

そのため、複数の犬種が交配された雑種・ミックス犬は結果として遺伝性疾患が少なく、長寿になりやすいです。

飼育頭数が多い犬種は情報量も多く病気も早期発見・早期治療が可能になるメリットがあります。

 

 

病気になりにくい犬種の特徴は?

ここでは病気になりにくい犬種の特徴を説明します。

 

遺伝性疾患が少ない

犬には犬種特有の病気(遺伝子疾患)があります。現在その原因遺伝子がはっきりしている犬の病気は約50種類と言われており、数的に多いのはアレルギー性疾患や膝蓋骨脱臼等関節の疾患です。これらの疾患にかかっても命に別状はありません。

しかし、代謝異常や進行性の疾患、心臓病などの内臓疾患に罹ると重篤な症状を引き起こすこともあります。また、慢性疾患などで長い間闘病生活が続くと犬にも飼い主にもストレスがかかってしまいます。

遺伝性疾患の遺伝子を持っている犬が必ず発症するわけではありません。原因遺伝子を持ちながらも発症していない親同士の交配で子に発症する確率は25%と言われています。

遺伝子に関連する疾患は予防することはできませんが、飼っているペットにどんな病気があるのか知っておけば早期発見ができて早めに対処できるでしょう。

 

また、ペットショップ等からおすすめされるペット保険があるかと思いますが、絶対に加入しなければいけないわけではありません。

国内だけでも15社程度のペット保険会社があり、中には上記のかかりやすい病気が補償の対象外となっているペット保険もあります。入ってはいけないペット保険については下記の記事も参考にしてください。

 

小型犬

小型犬と大型犬の平均寿命を比べると中・大型犬が14.02歳小型犬は14.62歳というデータがあります。大型犬の中でもセントバーナードは平均寿命は8~10才。ドーベルマンは10~11歳と言われています。

一方、小型犬のイタリアングレーハウンドは15.1歳、ミニチュアダックスフンド14.7歳と小型犬の方が長寿の傾向があります。

大型犬が小型犬に比べて短命な理由としては諸説ありますが、成長速度が速いことが関係しているともいわれています。

また大型犬は体重の割に臓器が小さく負担がかかる、大きな体を維持するために小型犬よりも多く細胞分裂が起こり癌にかかりやすいなど、病気のリスクが高いということも理由として挙げられます。

 

しつけがしやすい

犬を飼う時、しつけはとても重要です。しつけと健康管理は関係ないように見えますがそうではありません。きちんとしつけをしていると、健康チェックもしやすくなり、お手入れが容易になってきます。

オーラルケア(歯磨き)はヒトと同様に歯周病予防のためにも必要なケアの一つです。歯周病になると抜歯が必要になったり、はたまた全身疾患との関連も出てきて、重篤な症状を引き起こすことも考えられます。

例えば、歯周病がひどくなると歯周病菌が血液を介して心臓に届き、そこで増殖すれば「心臓弁膜症」の原因となります。

しつけがきちんとなされていないと、歯磨きを嫌がったり、飼い主の手を噛んだりすることもあります。本気で噛むと小型犬でもその力は100キロともいわれているので注意が必要です。

 

 

飼育頭数が多い

人気があり、多く飼育されている犬種では、それだけ情報が得やすいということになります。しつけ方法・かりやすい病気や対処方法・飼育方法など参考にできる情報が容易に手に入れることができます。

また病気にになっても治療法が確立されている場合も多く、獣医師も多くの情報や経験を持っているので治療がスムースに行われるでしょう。

病気になりにくい犬種10選

病気になりにくい犬種の特徴を踏まえて、実際にどの犬種が病気になりにくく、飼いやすいのかランキング形式で紹介します。

病気になりにくい犬種ベスト10は以下の通りです。

① トイプードル
② チワワ
③ ジャックラッセルテリア
④ パピヨン
⑤ ミニチュアシュナウザー
⑥ 柴犬
⑦ ミニチュアダックスフンド
⑧ イタリアングレーハウンド
⑨ シーズー
⑩ ヨークシャテリア

 

【病気になりにくい犬種】①トイプードル

【トイプードルってどんな犬?】
人気ナンバーワンの犬種賢い・フレンドリー・甘えん坊。愛情深く忠誠心も強いので飼い主の言うことをよく聞き、全犬種の中でもボーダーコリーに次いで二番目の知能を持つと言われており、しつけもしやすい犬種です。
また心臓も丈夫で、病気知らずの子も珍しくありません。病気になっても治りやすく「長生きしやすい犬種」では堂々の一位になっています。ちなみにギネス記録で世界最高齢は20歳です。毛色のバリエーションもあり、トリミングできれいに毛を整えると愛らしさが増します。
【大きさ・特徴】
体重は3㎏程度 基本的には丈夫で命に関わるような病気にはなりにくい犬種。
【運動・散歩】 
散歩は一日2回(各30分程度)
【 飼い方 】 
被毛があまり厚くないため暑さ・寒さに弱い。抜け毛は少ないですが、被毛が伸びるのでカットが必要な犬種です。
膝蓋骨脱臼(パテラ)や大腿骨骨頭壊死症(レッグ・ペルテス)など、骨や関節の病気になりやすいのでフローリングにはラグやマットを敷くなどして関節に負担がかからないように配慮しましょう。
運動能力が高いのく高い所から飛び降りたりすることもありますが、骨格がきゃしゃなので骨折する場合もあります。飼育環境を整えましょう。

【病気になりにくい犬種】②チワワ

【チワワってどんな犬?】 
大きな瞳。たち耳・短めのマズル。活発で好奇心旺盛、勇敢で負けん気が強い。知能も高く、人の話をよく理解しつけもしやすく芸を覚えるのが得意です。
誰にでも愛想がよいわけではなく、飼い主に対しての忠誠心が強くて飼い主の喜ぶことをわきまえています。散歩や手入れに手間がかからないので飼いやすく、初心者向けの犬種です。長毛種と短毛種があります。
【大きさ・特徴】 
体重は1.5㎏から3㎏程度 公認されている中では最も小さい犬種。手足は細いが体はがっちりしています。
【運動・散歩】
チワワは体も小さいので、運動目的の散歩は必要ありません。ただ、気分転換や社会性を養うため、20分程度の散歩は大切。
【 飼い方 】 
とにかく手足が細いので、室内でもソファから飛び降りたり、抱っこしているとき暴れて下に落ちるなどしたとき、骨折や膝蓋骨脱臼を起こす可能性があります。違和感があると感じたら早めに動物病院に連れていきましょう。
体が小さく繊細なため気温の変化が激しいと体調をくずしやすすく、とりわけ寒さには弱いです。室温は25度が理想。かわいいのでついつい甘やかしがちですが、甘やかさずにしっかりしつけをしましょう。
また小さく繊細なので、手荒に扱う小さな子供さんのおられるご家庭には不向きかもしれません。

【病気になりにくい犬種】③ジャックラッセルテリア

【ジャックラッセルテリアってどんな犬?】

運動能力が高く機敏でスタミナ抜群。元気で活発。好奇心旺盛。強靭な筋肉と物おじしない性格。基本的には温厚で優しい犬種ですが、運動が足りなかったりしつけがきちんとできていないと問題行動を起こす危険性もあります。

 

【大きさ・特徴】
体重は5~6㎏。筋肉質で引き締まった体をしています。
【運動・散歩】
もともと狩猟犬であり、とてもパワフル。しっかりと体を動かし、エネルギーを発散させてあげることが大切。一日2回、1~2時間の散歩が必要
歩くだけでは物足りないので走らせたり、ボール投げやフリスビーなどの遊びを取り入れると犬も飼い主さんも楽しめるでしょう。

【 飼い方 】

好奇心旺盛で何にでも興味を持ち口にする傾向があります。誤飲の危険性が高くなるので危険なものは近くに置かないように注意が必要です。

しっかりとメリハリのあるしつけが必要なので初心者向きではないかもしれません。ともに走り回って一緒に楽しみたい人にはお勧めの犬種です。

 

【病気になりにくい犬種】④パピヨン

【パピヨンってどんな犬?】

蝶に似た耳の飾り毛が特徴で優雅さを感じます。被毛は長いですが、ある程度まで伸びたらそこからは伸びないのでトリミングはしなくても大丈夫です。

活発・友好的・聡明。人懐っこいので小さな子供さんのおられるご家庭にも適しています。他の小型犬に比べると遺伝性疾患が少なく、犬種特有の病気もあまりなく、抜け毛や体臭も少ないので飼いやすい犬種です

また、知能が高いので初心者向きの犬種でもあります。小型犬の中ではトイプードルに次ぐ賢さです。

 

【大きさ・特徴】
体重は3~5㎏。小さいながらも丈夫でしっかりとした骨格の犬種です。
【運動・散歩】
小型犬にしては運動量が多く、散歩は一日2回(各30分程度)が必要。
【 飼い方 】
警戒心が強く吠えることが無駄吠えにつながるのでしっかりとしつけましょう。

【病気になりにくい犬種】⑤ミニチュアシュナウザー

【 ミニチュアシュナウザーってどんな犬?】
知能が大変高いことから、飼い主とコミュニケーションを取れる犬としても知られているほどで、好奇心旺盛で活発な犬種です。賢くて人に対して友好的飼い主への忠誠心が強く用心深い。明るく元気で人懐っこい犬種です。
【大きさ・特徴】
4.5~8㎏ がっしりとした体格。
【運動・散歩】
運動量も多く散歩は一日2回、各30分程度が必要。
【 飼い方 】
暑さに弱いので室温には注意しましょう。理想は23度。個体差もあるので様子を見ながら室温調整し、舌を出してハアハアしているようなら少し室温を下げましょう。

【病気になりにくい犬種】⑥柴犬

【 柴犬ってどんな犬?】
柴犬は古くから猟犬として活躍してきたことから飼い主に従順、賢く勇敢。基本的には穏やかな性格ですが、警戒心が強い面もあり飼い主以外に対しては吠えることもあり、プライドが高い犬種です。
ちなみにJKCの分類上では「豆柴」は「柴犬」であり、犬種としては認められていません。「豆柴」は体の小さい柴犬同士を交配したもので、成犬になっても小さいとは限らず、大きくなることもあります。
柴犬は、日本犬の中では唯一の小型犬です。比較的長寿で世界一の長寿記録としてギネスに登録されているのは26歳8か月です。
【大きさ・特徴】
雄(9~11㎏)雌(7~9㎏)がっしりした体格をしています。
【運動・散歩】
しっかり運動をさせる必要があります。理想は「体重と同じ距離」。つまり7㎏の柴犬は7キロメートルくらいの散歩が目安です。最低でも一日2回(各30分程度)は散歩しましょう。
【 飼い方 】
気候には順応しやすいですが、近年日本の夏は暑くなっているので室内飼が理想です。他の小型犬とは異なり独立心が強いので専用のスペースを作って落ち着けるように配慮しましょう。

【病気になりにくい犬種】⑦ミニチュアダックスフンド

【ミニチュアダックスフンド ってどんな犬?】
短足・胴長 可愛い見た目とは裏腹に度胸があり、飼い主への忠誠心が強く友好的です明るくて好奇心旺盛、エネルギッシュな犬種です。
【大きさ・特徴】
4.5~5㎏程度 胴長短足 筋肉質な体をしています。
【運動・散歩】
小柄な体型に反して活発で、広い場所を自由に走りまわることが大好きです。散歩は一日2回(各30分程度)が必要です。
【 飼い方 】
警戒心が強いので吠えたり噛んだりする傾向にあり、しっかりとしたしつけが大切です。胴が地面に近いので散歩の時はの暑さに注意しましょう。
また寒さにも弱い犬種です。胴長短足の体型なので背骨に負担がかかるため肥満には注意しましょう。

【病気になりにくい犬種】⑧イタリアングレーハウンド

【イタリアングレーハウンドってどんな犬?】
性格は優しくて温和。飼い主にべったりで可愛い。繊細な感受性をしており、言葉に敏感短毛で体臭も少なく人気が出てきています。とても活発な犬種で、イタグレとも呼ばれています。
【大きさ・特徴】
体重は3.5~5㎏程度 手足が長く細い。
【運動・散歩】
激しい運動は必要ないですが走るのは大好きです。ドッグラン等広い場所で思いっきり走らせるとよいでしょう。散歩は一日2回(各30分程度)
【 飼い方 】
四肢が細いので高さのあるところから飛び降りたりすると骨折することもあります。室内の環境を整えましょう。また、散歩などでもなるべく平坦で障害物の無いコースを選びましょう。

【病気になりにくい犬種】⑨シーズー

【シーズーってどんな犬?】
素直でおとなしく忍耐強い性格の犬種です。マンション住まいの人や留守がちな家でも飼うことができますしつけもしやすいので初心者でも飼いやすい犬種です。
【大きさ・特徴】
体重は4~7.2㎏ 骨太でしっかりした体型をしています。
【運動・散歩】
運動量は少ないですが、好奇心旺盛で遊ぶの大好きなのでストレス発散のためにも毎日の散歩は欠かせません。
【 飼い方 】
短頭種であり、熱を逃がすのが苦手なため熱中症になりやすい。美しい毛が特徴ですが、目の周辺の毛が伸びすぎると目を傷つけるのでこまめなカットやゴムで縛るなどの工夫をしましょう

【病気になりにくい犬種】⑩ヨークシャーテリア

【ヨークシャテリアってどんな犬?】
ヨーキーとも呼ばれており、美しい被毛を持ち、快活で元気な性格。負けん気も強く活発で冒険好きな犬種です。テリア種なのでよく吠える傾向にあります。飼い主さんの好みでカットしたり被毛を伸ばしておしゃれを楽しむことがもできます。
【大きさ・特徴】
被毛がふわっとしているので少し大きく見えるが体重は2~3㎏程度。大きめのチワワと変わりない大きさです。
【運動・散歩】
運動量自体はさほど多くなので10~15分の運動を一日2回。運動というよりは気分転換や社会性を身につけるためにも散歩はおススメです。
【 飼い方 】
吠え癖や噛み癖が問題化しやすいので根気よくしつけをし、外に連れ出して社会性も身につけましょう。

しつけの大切さ

「しつけ」とは、ペットが人間社会の中で飼い主と共に幸せに暮らすためのマナーを学ぶことです

ここでご紹介した小型犬は比較的大きな病気にはなりにくく、性格もよく、賢くて、しつけもしやすい犬種です。見た目にもそれぞれ特徴があり、飼い主さんのよきパートナーになれる犬種です。

しつけはしやすいのですが、怠ると「問題犬」になってしまうこともしばしばです。

「吠えてばかりでうるさい」「子供を噛んだ」「家の中の家具や電気コードを噛む」「散歩の途中で会う人や犬に吠える」「散歩の途中で拾い食いをしたり、石や砂等を食べる」等々。

悲しいことに、保健所に持ち込まれる犬の内1割は飼い主さんだそうです。問題行動が多くて手に負えなくなり、手放してしまうのです。

ペットを迎え入れるときは、飼育環境を整えることも大切ですが、併せて最初にしっかりとしつけをしましょう。

犬は主従関係が大切な生き物です。まず飼い主さんとペットが主従関係になることが大切です。ここでご紹介した賢い犬たちは飼い主さんの言葉を理解し、表情を読み取り、よき相棒として生活できる犬種です。

正しい時期に、正しい方法で、正しいしつけをしましょう。

ペット保険の会社や動物病院でもしつけの相談に乗ってくれるところがあります。また、しつけ教室などに出向いて、しつけの仕方を飼い主さんも勉強するとよいでしょう。

きちんとしつけをするかどうかで、その犬がどのような生活を送れるかが決まってきます。ペットにも人間社会の中で安心して暮らせるために「しつけ」は欠かせないでしょう。

 

よくある質問

同じ犬種でも価格の安い犬は何が違うのでしょうか。

理由はたくさんあります。月齢が高くなると価格は下がる傾向にあります。また毛の色や体の大きさなども関係してきます。基準を外れた毛色や体格のものは安くなる傾向があります。その他、先天性の異常や病気がある場合もあります。ペットショップなどで購入する際にはその犬種の相場を知った上で、安ければ安い理由を確認しましょう。

友人の家の子犬をひきとることになったのですが、適切な時期はいつでしょうか。

時期は「生後8週間」ころが適しています。「動物の愛護及び管理に関する法律(同愛法)」が改正され、ペットショップなどでの子犬の販売も今までの生後49日から56日に変更されました。理由は早期に母犬や兄弟犬と引き離すと犬としての社会化が不足し、ストレスに弱かったり落ち着きのない犬になってしい、しつけも入りにくくなり、問題犬になる確率が高いからです。

 

ペット保険は必要?

動物病院

ペットには公的な保険制度がありません。そのため治療費の自己負担額は100%です。

もしもの時に、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に入ることをおススメします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

 

ペットショップ等でおすすめされるペット保険以外にも国内では17社、それぞれが複数のプランを取り扱っています。「もっと安いペット保険」や「補償内容が充実しているペット保険」も見つかるかもしれません。

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

 

【病気になりにくい犬種】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・病気にかかりにくい犬の特徴
・病気にかかりにくい犬種の紹介
・しつけの大切さ
について解説してきました。
近年ペットとして小型犬を迎える人が増えています。一時のペットブームから今では「家族」として考えられる風潮になってきています。家族の一員として迎えたペットには元気で楽しい日々を送ってほしいと願います。ただ、犬は主従関係の中で生きています。ペットを迎え入れたら先ず主従関係をはっきりして、しつけはきちんと行いましょう。
ペット保険比較アドバイザーではその他保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。