× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • 犬の保険
  • 犬の白内障の手術費用は?治療法や、症状についても徹底解説!

犬の白内障の手術費用は?治療法や、症状についても徹底解説!

愛犬が白内障になったら?症状や治療法、手術費用などを徹底解説!サムネイル
愛犬が白内障になった場合の手術費用を詳しく解説します!点眼や内服薬など内科的治療にかかる費用や、白内障の症状・原因もあわせて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください!

白内障は、老犬がなりやすい病気と思われがちですが、遺伝性の白内障は若い犬でも発症します。

白内障は放置すると、視力が低下し最悪の場合失明する可能性のある怖い病気です。

愛犬の白内障が疑われる場合は、すぐに動物動物へ連れていき、適切な処置を受ける必要があります。

今回は、犬の白内障の症状や治療法、手術となった場合の費用について詳しく解説します。

この記事では

・犬の白内障の症状
・犬の白内障の原因
・白内障になりやすい犬種
・犬の白内障の治療法
・犬の白内障の治療費
・犬の白内障の予防法
・犬の白内障はペット保険で補償されるかどうか
について解説します。
最後までお読みいただければ、「犬の白内障の症状」「犬の白内障手術費用」わかるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。


犬の白内障とは

犬の白内障は、水晶体のタンパク質が変化して白く濁った状態をいいます。

白内障の濁りは4つの程度に分かれていて、初期の段階ではわかりにくく、健康診断やほかの病気で病院を受診したときに初めて白内障に気づくことも多いです。

白内障が進行すると徐々に視力が低下していき、最終的には失明する可能性もあります。

【犬の白内障】症状を解説

犬が白内障になると、下記の症状が現れます。

・黒目が白く濁る
・物にぶつかることが多くなる
・瞳孔が開く
・散歩を嫌がる

黒目の濁りは、初期の段階だとなかなか気づかない場合も多いです。

①初発白内障:
白濁は水晶体のふちにある状態。
視覚への影響もほとんどないため、飼い主が見ても気付きにくいです。

②未熟白内障:
白濁が水晶体の中に見え始めてくる状態。
視界がぼやける、かすむなどの視覚障害が現れ始めます。

③成熟白内障:
白濁が水晶体全体に及んでいる状態(瞳孔の部分が真っ白な状態)。
視力の低下が顕著に出てきます。

④過熟白内障:
白内障の最終段階。
失明する一歩手前の状態です。水晶体が硬くなる、炎症を起こす、脱臼するなどの症状も現れ始めます。

アニコム損保『犬との暮らし大百科』より

犬の白内障|症状や治療法について解説!【獣医師監修】

 

 

犬の白内障は進行すると水晶体から変性したタンパク質が漏れ、網膜剥離や水晶体起因性ぶどう膜炎、水晶体脱臼などを引き起こす可能性もあります。

これらの病気は、失明眼疼痛を引き起こすこともあるため、注意が必要です。

 

 

【犬の白内障】原因を解説

犬の白内障は、加齢・遺伝・糖尿病などが原因となります。

7歳以降に白内障を発症した場合は加齢が原因と考えられますが、6歳以下で発症した場合は遺伝が原因である可能性が高いです。

また、糖尿病を患っている犬の場合は、合併症として白内障を発症するケースもあります。

 

【犬の白内障】なりやすい犬種を紹介

遺伝性の白内障は、かかりやすい犬種が存在します。

・トイプードル
・チワワ
・シーズー
・マルチーズ
・ヨークシャテリア
・コッカースパニエル
・柴犬
・ジャック・ラッセルテリア
・ボストン・テリア
・ビーグル
・シベリアン・ハスキー
・ゴールデン・レトリーバー
白内障はすべての動物に発症する可能性のある病気なので、上記の犬種意外を飼っている人も、日頃から注意深く愛犬の目の状態をチェックしておきましょう!

【犬の白内障】治療法と費用を解説

愛犬が白内障と診断されたら「これからの治療にいくらかかるんだろう?」と思う人も多いでしょう。

犬の白内障の治療法には、内科的治療外科的治療の2種類があります。

ここでは、犬が白内障になった場合の治療法とそれぞれの治療料金の相場を紹介していきます。

 

【犬の白内障】点眼薬などを使用した内科的治療

白内障の症状が軽い場合や手術ができない場合は、点眼薬や内服薬、サプリメントなどを使用した内科的治療が行われます。

内科的治療は白内障の進行を遅らせるのを目的とした治療なので、白内障を完治させることはできません。

目薬の値段は1,000円~2,000円程度、内服薬やサプリメントの値段は種類によってさまざまです。

 

 

【犬の白内障】手術を伴う外科的治療

犬の白内障は、手術で水晶体を取り除き、人工レンズを入れる手術をすることで視力が回復します。

ただ、すべての犬が手術が行えるわけではなく、緑内障や網膜剥離などほかの眼疾患がある場合は手術の適用外となってしまいます。

また、術後は経過観察のために定期的なケアや通院が必要です。

犬の白内障の手術にかかる金額を下記にまとめました。

チワワ(5歳):白内障手術で6日間入院した場合の診療明細例
項目値段
診察費用1,000円
検査費用20,600円
入院費用(6日)26,000円
全身麻酔・手術費用256,000円
処方費用6,500円
合計310,100円

白内障の手術は、安いところでも1眼あたり20万円~25万円程度が相場で、入院期間が長引いたり両目の手術をしたりすると35万円程度かかることもあります。

 

【犬の白内障】予防方法は?

犬の白内障は、確実な予防法がありません。

白内障は症状が進行すると手術をしても視力が回復しないケースもあります。

そのため、日頃から愛犬の目をチェックし、少しでもおかしいなと思ったらすぐに動物動物へ連れていきましょう。

白内障は、早期発見・治療をすることで完治する病気です。

犬の白内障はペット保険で補償される?

多くのペット保険で白内障は保険の適用内となっています。

しかし、中には白内障や白内障にかかりやすい犬種を補償の対象外としている保険会社・プランもあるため注意が必要です。

ペット保険に加入する前に、重要事項説明書や保険約款を必ず確認するようにしましょう。

また公式HPにも必ず「保険金をお支払いできない事例や病名」という形で記載しています。

そちらも併せて確認するようにしましょう。

 

補足:犬の白内障と糖尿病は関係が深い

犬が糖尿病になるとほぼ100%の確率で白内障も併発します。しかも進行が速いと特長があります。

そのため、糖尿病と白内障はセットで考えて、保険の加入判断にするべきです。

糖尿病は一般的に小型犬のほうがかかりやすいと言われていますが、ゴールデン・レトリーバー等の大型犬でも糖尿病にかかりやすい犬種が存在します。

糖尿病にかかりやすい犬種や症状、治療法や治療費については会の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

 

犬の白内障や糖尿病におすすめのペット保険は?

犬の白内障も糖尿病も共に完治させることができず、長期的な通院治療が必要な疾患です。

また、上記でも説明した通り白内障は手術の場合は安くても1眼20~25万、場合によっては35万円程度と犬の手術費用の中でも比較的高額の部類です。

 

そのため、白内障や糖尿病に備えとしてペット保険に加入する場合は下記の項目に留意して選ぶことをおすすめします。

・通院、入院、手術を補償するフルカバー型のペット保険であること
・その中でも手術補償に手厚いペット保険

・「更新時に特定の病気や部位を補償の対象外とすること」はありません。という旨がHPや重要事項説明書・保険約款に記載されているペット保険

 

ペット保険比較アドバイザーでは、心臓病に対しておすすめのペット保険をご紹介します。

おすすめの理由としては、上記の条件を満たしているペット保険である事、そしてもちろん白内障・糖尿病共に補償の対象としているペット保険だからです。

 

白内障・糖尿病の治療を考えると、一番おすすめはアニコムです。

他のペット保険と比べても、特に手術に関して補償内容が手厚い保険プランとなっており、高額になりがちな白内障の手術費用も安心して備えることができます。

窓口精算や年一回無料で受けられる腸内フローラ測定等、付帯サービスが充実しています。

部PS保険は手術の補償金額が1回あたり最大10万円だったり不安な点はありますが、先天性疾患や更新時の対応が他社より優れています。

ただし、細かい補償内容や金額についてはもちろん違いがありますので必ず重要事項説明書や保険約款、パンフレットや公式HPを確認してください。

あくまで参考ですが、保険料重視であればPS保険、補償内容重視であればアニコム(ふぁみりぃ)に加入することをおすすめします。

・窓口精算や付帯サービスも重視 → アニコム損保
・保険料重視→PS保険

 

メリットデメリット
・複数回通院にも強い
・手術は一回当たり最大14万円まで補償(補償割合70%プラン)
保険料が高い

※健康割増引制度により保険の利用状況によって割増引の適応【可】

保険料が安い・1つの病気に対しての限度額・回数があり
(更新時にリセットされない)
・手術は一回当たり最大10万円まで
アニコム損保(ふぁみりぃ7歳11ヶ月まで:しにあ8歳~)
2年目以降のご契約継続について
弊社の商品の保険期間は1年間ですが、ご契約には「継続契約特約」を適用して引受をさせていただいておりますので、解約等のお申し出がない限り満期後は、原則ご契約は自動的に継続となり、終身ご継続いただけます。
※ご注意
・ご契約者または弊社より別段の意思表示があった場合には、ご契約は継続となりません。
・自動的にご契約が継続とならない場合や、商品改定により保険料、補償内容などが変更となる場合があります。
※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書保険約款もご確認くださいそれぞれが複数のプランを販売しているのでペット保険のプランは50以上あります。
PS保険
PS保険のロゴ

罹患した病気やケガにより保険の更新をお断りしたり、更新時の補償対象外にしたり、保険料を増額にすることはございません。(※保険料の改定などがあった場合、保険料は変わります。)
ケガ、病気の原因が生じた時が保険期間内であれば、皮膚病や外耳炎等の軽度の病気から、ガンや心臓病等の重大な病気まで補償の対象となります。

引用:PS保険
引用:よくあるご質問

※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書・保険約款もご確認ください

補償内容やそれぞれのデメリット等がより気になる場合は下記の記事を参考にしてください。

補足:先天性疾患が発症する前に!遅くとも7.8歳までには加入しよう

ペット保険は、加入する前に発症している先天性疾患や既に発症している病気や疾患は補償の対象外となります。

そのため、病気になってから保険に加入しようとしても、肝心のその病気の治療費は補償の対象外になってしまいます。

また、加入後に発見できた病気であっても先天性疾患を補償の対象外としているペット保険や、慢性疾患にかかると更新できない保険もあります。

また一般的にペット保険では8~12歳で新規加入年齢を設定していることがほとんどです。早いところでは7歳で新規加入を締め切るペット保険もあります。

「健康なうちに加入しないと意味がない」「また年齢制限に引っかからないから保険の選択肢が広がる」という意味で遅くとも7~8歳までにはペット保険の加入、少なくとも検討をすることをおすすめします。

補足ですが、アニコムやプリズムコールではシニア向けのペット保険商品もあります。

高齢・シニア向けのペット保険については下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

よくある質問

愛犬が白内障と診断されました。入院と手術でいくらくらいかかるんでしょうか。

片目か両目、入院日数などによっても治療費は異なりますが、20~35万円程度が相場となっています。

ペット保険に加入していますが、愛犬が白内障となり手術をした場合、いくら補償されるのでしょうか。

ペット保険のプランによってさまざまです。補償割合が50%なら治療費の50%、補償割合が70%なら治療費の70%が補償されます。

ペット保険は必要?

動物病院

ペットには公的な保険制度がありません。そのため治療費の自己負担額は100%です。

もしもの時に、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に入ることをおススメします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

 

ペット保険比較表や記事を活用するのがおすすめ!

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

 

【犬の白内障手術費用】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・犬の白内障の症状
・犬の白内障の原因
・白内障になりやすい犬種
・犬の白内障の治療法
・犬の白内障の治療費
・犬の白内障の予防法
・犬の白内障はペット保険で補償されるかどうか
について解説してきました。
犬の白内障は、老犬がなりやすい病気ですが遺伝性の場合は若い犬でも発症します。
治療法は内科的治療と外科的治療の2種類で、内科的治療なら月に2,000円程度、外科的治療なら手術費用として20~35万円程度がかかります。
犬の白内障は進行すると視力低下や、最悪の場合失明することもあるので、早期発見・治療ができるように日頃から愛犬の目をチェックしましょう!
ペット保険比較アドバイザーではその他保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。