× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • 猫の保険
  • スコティッシュフォールドは病気になりやすい?折れ耳と遺伝病の関係は?

スコティッシュフォールドは病気になりやすい?折れ耳と遺伝病の関係は?

スコティッシュフォールドは病気になりやすい?折れ耳と遺伝病の関係は?サムネイル
スコティッシュフォールドがなりやすい病気は骨瘤です。軟骨が形成異常を起こす遺伝性疾患で折れ耳のスコティッシュは特に注意が必要です。他にも耳の病気にかかりやすく毎日のケアが大切です
折れた耳に丸い顔と短い手足が特徴のスコティッシュフォールドは、その見た目の愛らしさから人気がある猫です。
そんなスコティッシュフォールドにはかかりやすい病気があります。
折れ耳スコティッシュは特に発症しやすいため、その症状と特徴を覚えておく必要があります。

この記事では

・スコティッシュフォールドの骨瘤の特徴
・スコティッシュフォールドの骨瘤の治療法
・スコティッシュフォールドにおすすめの保険
について解説します。
最後までお読みいただければ、「スコティッシュフォールドがかかりやすい耳の病気」もわかるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。

スコティッシュフォールドは注意!骨瘤(こつりゅう)の症状は?

骨瘤とは軟骨の形状異常によってコブができてしまう先天性疾患のことです。

「骨軟骨異形成症(こつなんこついけいせいしょう)」という疾患がもとで形成されます。

骨軟骨異形成症は

・尻尾や四肢の未発達
・関節軟骨が骨のように固くなってしまう
・骨が勝手に増殖する

などの異常が骨成長と共に見られます。

骨瘤の症状は

・尻尾の変形、硬直
・歩行異常
・足を引きずる

などがありますが手首足首と尻尾に変形が出るものの、肩・肘・股関節・膝などのその他の関節には病変が作られないのが特徴です。

またスコティッシュの特徴としても知られている「スコ座り」は、関節が変形して脚に体重をかけると痛いため取っている行動とも言われています。

そのためスコ座りをしている時は特に注意が必要です。

 

スコティッシュフォールドの折れ耳は遺伝性疾患

遺伝性疾患である骨瘤がとくに多いと言われているスコティッシュフォールドには「折れ耳」という特徴があります。

折れ耳も軟骨の形成異常で「骨軟骨異形成症」が関係している

と言われています。

スコティッシュフォールドの特徴である折れ耳は生後3〜4週間で現れます。

折れ耳になるのは耳の軟骨の欠陥が原因で耳の重量を支えることができないためです。

このことから折れ耳も「遺伝性疾患」だということが分かります。

 

スコティッシュフォールドの骨瘤、治療法は?

遺伝性疾患である骨瘤の完治は困難です。

しかし骨瘤の痛みをやわらげるために鎮痛剤を投薬したり、放射線治療をしたりしてコブの成長を抑えるなどの対処療法があります。

骨瘤の傷みから解放してあげて生活の質を落とさないようにするのが目的です。

 

治療法1. 鎮痛剤

鎮痛剤で骨瘤に伴う関節炎の痛みを和らげます。

鎮痛剤には骨瘤の進行を食い止める作用はなく、加齢とともに骨瘤や関節の痛みが重症化すると薬の効きも悪くなってしまいます。

その他の補助的な薬剤としてはグリコサミノグリカンやコンドロイチン硫酸など、軟骨の再生を助けるとされる成分が投与されます。

しかしこれらの成分が本当に関節に有効に働いていることを示すデータはなく、「おまじない」程度の意味しかありません。

投薬治療の治療費としては1回につき5000~1万円かかります。

 

治療法2. 放射線

悪性腫瘍の治療に用いられる放射線を骨瘤に対して用いると成長が抑えられ、痛みが緩和されることが報告されています。

放射線治療は数回行う必要があり、回数は症状によって変わってきます。

ただし

・治療費が1回5万円と高額
・設備が整った動物病院でないと治療を受けることができない
・治療を受けるためにはその都度麻酔が必要

であるため簡単な治療ではないことが分かります。

 

治療法3. 外科手術

骨瘤の症状がひどい場合には手術で取り除くという方法もあります。

骨瘤を切除と同時に関節を固定します。

ただし取り除いた後でも骨瘤が形成されるケースが多いことから一時しのぎと考えられます。

手術であることから全身麻酔を必要とし、治療費も20万ほどで3~4日の入院を必要とします。

 

スコティッシュフォールドの骨瘤、かからない方法はある?

スコティッシュフォールドの骨瘤は遺伝病です。

そのためかからない方法となると

折れ耳同士の交配をさせないこと

が最も有効でしょう。

折れ耳は軟骨に異常がある「遺伝性骨軟骨異形成」で出来ています。

スコティッシュの骨軟骨異形成症は優性遺伝することから、折れ耳同士で繁殖すればほぼ100%という確率で折れ耳の子猫が生まれます。

そのため折れ耳のスコティッシュフォールドを繁殖したければ折れ耳同士を交配させればいいと考えるでしょう。

しかし折れ耳同士の交配は当然「遺伝性骨軟骨異形成」も高確率で引き継いでしまいます。

軟骨に異常がある疾患ということは他の体にある軟骨部分にも異常が起きる可能性があるということになります。

その結果骨瘤だけでなく奇形などの障害も出やすくなってしまうのです。

そのため世界中で「折れ耳同士の繁殖はタブー」とされています。

現在公認団体に認められているスコティッシュフォールドは純血ではなく

・アメリカンショートヘア
・ブリティッシュショートヘア

の立ち耳とのミックスです。

骨瘤などの遺伝性の疾患を減らすためにも、スコティッシュフォールドを多頭飼いしている場合には避妊や去勢手術を行ってください。

 

骨瘤についての正しい知識を

折れ耳が遺伝性骨軟骨異形成で出来ていることから、耳が折れたスコティッシュフォールドは遺伝性の軟骨異常である骨瘤を発症しやすい遺伝子を持っています。

このような遺伝性の病気が広がることを危惧した猫の品種団体である「FIFe」「GCCF」では、現在スコティッシュの登録を中止しています。

また国内最大大手である「アジアキャットクラブ(ACC)」では公認血統猫として認定されているものの指導つきの公認血統猫とし、ホームページには

しかしブリーダーはあくまでモラルを持って耳の折れ曲がった猫には必ずアメリカンショートヘアーかプリティッシュショートヘアー又は立ち耳のスコティッシュフォールドを交配するようにしてほしいものです。
参考:ASIA CAT CLUB 「スコティッシュフォールド

と記載されています。

スコティッシュに多いとされる遺伝性の疾患は登録団体でも注視されています。

飼い主ならなおさら知っておくべき疾患です。発症しやすいと言われる骨瘤についての知識は深めておいてもいいでしょう。

もしものためにペット保険に加入しておくのも方法のひとつです。

 

スコティッシュフォールドは耳の病気にかかりやすい?

スコティッシュフォールドは耳の疾患に注意が必要です。

特徴である折れ耳は通気性が悪いため雑菌が繁殖しやすい状態です。

これはスコティッシュに限らず、折れ耳の動物だと耳の病気にかかるリスクが高くなることを覚えておかなければいけません。

折れ耳さんは耳のケアを定期的に行う必要があります。

 

スコティッシュフォールドがかかりやすい耳の病気「外耳炎」

外耳炎とは

耳ダニや異物の侵入などが原因で外耳道に炎症がおこる

病気です。

折れた耳でフタがされている折れ耳は、異物などが耳に入っても自然と出にくい構造です。

そのまま放っておくと蒸れて外耳道や耳介の周囲が炎症を起こし赤く腫れて痒みを伴います。

・耳をかゆがる
・しきりに頭を掻く
・耳を家具や柱にこすりつける
・後ろ足で引っかく

などの行動が見られたら注意が必要です。

 

スコティッシュフォールドがかかりやすい耳の病気「耳ダニ感染症」

耳ダニ感染症とは

「ミミヒゼンダニ」が猫の外耳道に寄生することで発症する

病気です。

感染経路は耳ダニに感染している猫との接触感染です。

耳ダニに感染すると「黒っぽいワックス状の耳垢」が生じ激しいかゆみが起こります。

痒みが強いのが特徴で、外耳炎の症状に加え耳の後ろや近辺に覚えのないかさぶたがあったら要注意です。

耳がかゆくて掻きむしっている可能性があります。

耳ダニは卵も駆虫しないと再発してしまうため、長期間の駆虫が必要です。

 

スコティッシュフォールドがかかりやすい病気「関節炎」

スコティッシュフォールドは骨瘤などの遺伝的な要因だけでなく、その短い足のため関節炎にかかりやすいと言われています。

骨瘤の症状が見当たらない場合でも

・高いところに上りたがらない
・動くと痛がる

などが見られたら、それは関節炎の可能性があります。

短い手足の動物は足や腰に負担がかかってしまうことが多いため、スコティッシュフォールドに限らず手足が短い動物は関節炎になりやすいのです。

骨瘤が見当たらないからと安心せず、関節炎の可能性も考慮して愛猫の様子を見守りましょう。

 

スコティッシュフォールドの耳掃除、頻度や方法は?

スコティッシュフォールドの耳掃除の頻度は

1週間に1回が目安

です。

耳掃除のやり過ぎは耳の中を傷つけてしまい、症状が悪化することがあるので注意しなければいけません。

目安の1週間に1回も必ずそうでなくてはならないというわけではなく、愛猫の様子を見ながら回数を増やしてください。

耳掃除のタイミングとしては

・耳の中が赤くなる
・黒っぽい湿った垢が付着する
・耳をかゆがる

などの症状が現れたら行うといいでしょう。

 

耳掃除の方法

耳掃除の方法は

ペット用の綿棒やガーゼなどで見える範囲を優しくふき取る

ようにして行います。

決して耳の奥まで無理やりふき取ろうとしないでください。綿棒だとあまり奥まで入れるのは危険です。

耳掃除は「見える範囲」がポイントです。

 

重度の場合は耳洗浄

耳垢がひどくこびりついている場合は耳洗浄という方法があります。

耳洗浄は手順が3つあります。

① 耳の中に適量の洗浄液をたらす
② 耳の付け根をもみもみする
③ カット綿やコットンで洗浄液をふき取る

耳の付け根をもむ際は優しく行いましょう。

あまり強くし過ぎてしまうと鼓膜が破れる恐れがあります。

カット綿やコットンで洗浄液を拭きとる時は、入れた洗浄液を吸い取るようなイメージで行ってください。

この時も擦らず、優しくがポイントです。

 

嫌がっても無理強いしない

いくらおとなしいスコティッシュとは言え、耳掃除を嫌がる子は多いでしょう。

耳掃除は大事ですが、かといって無理やり行ってはいけません。

嫌がるようなら「今日は右耳、明日は左耳」など区切ることも重要です。

耳掃除が終わった後にはご褒美のおやつがあるといいですね。

 

耳掃除も大切なコミュニケーション!

おもちゃで遊ぶのと同様、耳掃除などのお手入れもコミュニケーションの一つです。

耳掃除は触りながら近くで愛猫を観察できるチャンスでもあります。

普段の目ヤニや鼻水の量など、なかなかじっくりと見ることができない顔周辺を観察するチャンスです。

健康な時の様子を知ることも、もしもの時の変化に気づくためには重要です。

加えて嫌な時にはどのような行動に出るかなど、今まで知らなかった愛猫の性格を垣間見ることもできます。

またご機嫌の取り方を知っておくこともいざという時には役立ちますよ。

お手入れを通して愛猫とコミュニケーションを図ることで、より愛猫のことを知ることができますね。

 

スコティッシュフォールドにおすすめのペット保険は?

ここでは猫及びスコティッシュフォールドに合ったおすすめのペット保険、比較・選び方について解説します。

全てのペット保険で補償の対象外である去勢の費用等の項目は除き、あくまで保険会社・プランで差別化になるポイントに絞って解説します。

他サイトのようなランキング形式ではなく、あくまで猫目線で解説していきます。

 

猫のペット保険加入の選び方のポイント

①猫のなりやすい病気が補償されるか確認
・歯科治療(歯周病等)
②加入後に発症した先天性、遺伝性疾患が補償されるか
③通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険の中でも通院は他社と比較しても手厚いか
④更新の際に「来年度からの傷病や部位補償の対象外」とする可能性がないか

 

①猫のなりやすい病気が補償されるか確認

ペット保険は保険会社によって補償する病気や、補償の対象外となる項目が異なります。

中には猫がなりやすい、歯周病を含む一切の歯科治療を補償の対象外としているペット保も存在します。例えば「プリズムコール」では一切の歯科治療が補償の対象外です。

また、「日本ペット少額短期保険:いぬとねこの保険」では「歯肉に触れる治療は補償されるが、歯に触れる治療は補償の対象外」といった細かい制限があります。

 

特に歯科治療は保険会社によって補償されるかが異なりますので、必ず保険約款や重要事項説明書を確認することをおすすめします。

また公式HPでも「保険金のお支払いできない事例」の中に記載されていることがほとんどですので必ず確認しましょう。

補足になりますが、予防目的の歯石除去等は全てのペット保険で補償の対象外なので注意しましょう。

 

猫がなりやすい病気で補償の対象外か確認すべき病気

・歯科治療(歯周病等)

②加入後に発症した先天性、遺伝性疾患が補償されるか

全てのペット保険で加入前に発症している先天性、遺伝性疾患は基本的には補償の対象外となってしまいますが、加入後に発症した先天性、遺伝性疾患を補償するかどうかは保険会社によって異なります。

猫種によっては、なりやすい遺伝性疾患があります。例えばスコティッシュフォールドでは 骨軟骨異形成症という遺伝性疾患が存在します。

こちらも併せて公式HP内の「保険金をお支払いできない事例」や保険約款・重要事項説明書を確認し、加入後に発症した先天性疾患が補償されるかしっかり確認しましょう。

 

③通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険の中でも通院補償の手厚さを重視するのがおすすめ

猫がなりやすい病気である「腎臓病」や「膀胱炎」は長期もしくは複数回の治療が必要になる疾患です。また「尿結石」は症状が重い場合、外科手術を伴う高額治療が必要になる傷病です。

そのため、には「通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険」に加入することがおすすめです。

 

しかし、猫は腎臓病等の慢性疾患になりやすいのに対し、そこまで手術の可能性は高くありません。そのためにはフルカバー型の中でも通院補償が他社より手厚いペット保険に加入することをおすすめします。

例えば、腎不全であれば通院だけでも下記の治療費がかかります。

【通院治療費】

・年間平均診療費 : 272,598円
・平均診療単価 : 9,329円
・年間平均通院回数 : 15.2回

参考:アニコム損保「家庭どうぶつ白書2019
参考:猫との暮らしとお金「猫が慢性腎臓病になったときにかかる費用はどれくらい?
(あくまでも統計による平均なので一つの参考資料として見てください)

ペット保険の中で一番人気である補償割合70%:通院・手術・入院を補償するフルカバー型の保険では、通院補償が「年間20~22日:1日あたり10,000~14,000円:年間最大20万~30万円」で設定されていることが多いです。
ちなみにフルカバー型のペット保険(補償割合70%)の中で年間の最大通院補償金額が高いのは楽天ペット保険の、「年間22日まで:一日あたり15,000円まで:年間最大33万円まで」です。

更新の際に「来年度からの傷病や部位補償の対象外」とする可能性がないか

ほとんどのペット保険が一年契約となっており、契約を毎年更新していくことで終身の補償となっています。

つまり、ペット保険に加入すると毎年契約更新の審査があります。

中には「前年度にかかった傷病や慢性疾患」等の、特に治る見込みが少ない、再発の可能性が高い慢性疾患を、更新の際に「来年度から補償の対象外とします。」と条件を付け加えてくる保険会社があります

もちろん中には「更新の際に条件を付け加えることはありません」といった記載をしているペット保険もあります。

 

猫がなりやすい「腎臓病」や「泌尿器間疾患」は慢性疾患のためかかってしまったら一生の付き合いが必要な病気です。

加入を検討しているペット保険会社の「更新時の対応」についても必ず確認することをおすすめします。

しかも、「更新時の対応」については、どのペット保険であっても公式HPや保険約款の目立たないところにあったりするので結構見落とします。
公式HPの「よくある質問:更新について」「保険金をお支払いできない事例」等のページで記載されていることが多いので、必ず一度は確認することをおすすめします。

また、ペット保険比較アドバイザーではそういった情報も一つの記事内でまとめていますのでぜひ一度ご確認ください。

猫におすすめのペット保険をご紹介!

最後に、今回ペット保険比較アドバイザーではスコティッシュフォールドにおすすめのペット保険をご紹介します。

おすすめの理由としては上記で説明した猫及びスコティッシュフォールドのペット保険の選び方、ポイントや条件をすべて満たしているからです。

また、アニコムに関しては「腸内フローラ測定」を年一で行えるため、猫の死因ランキング1位である腎不全の予防までできる他、外出しずらい猫には有効な健康チェックです

測定結果によっては血液検査も無料で受けることができます

ただし、細かい補償内容や金額についてはもちろん違いがありますので必ず重要事項説明書や保険約款、パンフレットや公式HPを確認してください。

あくまで参考ですが、そもそも病気にさせたくないと考える飼い主様にはアニコムがおすすめです。

 

メリットデメリット
・歯科治療も補償
・「腸内フローラ測定」等の予防型サービスも付帯
・手術は一回当たり最大14万円まで保障(補償割合70%プラン)
保険料が高い

 

アニコム(ふぁみりぃ)

2年目以降のご契約継続について
弊社の商品の保険期間は1年間ですが、ご契約には「継続契約特約」を適用して引受をさせていただいておりますので、解約等のお申し出がない限り満期後は、原則ご契約は自動的に継続となり、終身ご継続いただけます。

※ご注意
・ご契約者または弊社より別段の意思表示があった場合には、ご契約は継続となりません。
・自動的にご契約が継続とならない場合や、商品改定により保険料、補償内容などが変更となる場合があります。

引用:重要事項説明書

※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書保険約款もご確認ください
補償内容やそれぞれのデメリット等がより気になる場合は下記の記事を参考にしてください。

補足:先天性疾患が発症する前に!遅くとも7.8歳までには加入しよう

ペット保険は、加入する前に発症している先天性疾患は補償の対象外となります。

そのため、病気になってから保険に加入しようとしても、肝心のその病気の治療費は補償の対象外になってしまいます。

また、加入後に発見できた病気であっても先天性疾患を補償の対象外としているペット保険や、慢性疾患にかかると更新できない保険もあります。

また一般的にペット保険では8~12歳で新規加入年齢を設定していることがほとんどです。早いところでは7歳で新規加入を締め切るペット保険もあります。

「健康なうちに加入しないと意味がない」「また年齢制限に引っかからないから保険の選択肢が広がる」という意味で遅くとも7~8歳までにはペット保険の加入、少なくとも検討をすることをおすすめします。

補足ですが、アニコムやプリズムコールではシニア向けのペット保険商品もあります。しかし保険料も高くなり補償内容のグレードも普通のプランより下がってしまいます。

高齢・シニア向けのペット保険については下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

 

 

よくある質問

立ち耳スコティッシュは先天性疾患にかかりますか?

はい、立ち耳スコティッシュでも先天性疾患にかかる可能性はあります。
しかし折れ耳スコティッシュと比べると発症する確率はかなり下がります
当然ながら個体差があるので「折れ耳だと病弱」「立ち耳なら健康」とは言いきれません。
立ち耳でも折れ耳でも、愛猫の健康管理をしっかり行うよう心がけましょう。

スコティッシュに多い骨瘤ですが、かかりやすい猫種は他にいますか?

スコティッシュのほかに骨瘤にかかりやすい猫種は、足が短い「マンチカン」や鼻が短い「ヒマラヤン」「ペルシャ」、耳が外側にカールした「アメリカンカール」などがあげられます。
品種改良によって軟骨の変化を特徴としている猫種が骨軟骨異形成症になりやすいと言われています。

ペット保険は必要?

ペットには公的な保険制度がありません。そのため治療費の自己負担額は100%です。

もしもの時に、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に加入することをおすすめします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

ペット保険比較表や記事を活用するのがおすすめ!

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

 

【スコティッシュフォールドは病気になりやすい?折れ耳と遺伝病の関係は?】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・スコティッシュフォールドの骨瘤の特徴
・スコティッシュフォールドの骨瘤の治療法
・スコティッシュフォールドにおすすめの保険
について解説してきました。
あんなに可愛いスコティッシュフォールドが痛みに苦しんでいる姿を見るのはとても心苦しいです。
もし病気を発症してしまったらできるだけ痛みから解放して、生活の質を落とさないよう最善を尽くすことが理想です。
この記事で骨瘤の対処法や治療法を参考にしてください。
ペット保険比較アドバイザーではペット保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。