× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • 犬の保険
  • トイプードルの平均寿命はどれくらい?なりやすい病気も詳しく解説!

トイプードルの平均寿命はどれくらい?なりやすい病気も詳しく解説!

トイプードルの平均寿命はどれくらい?なりやすい病気も詳しく解説!サムネイル

トイプードルの平均寿命は12~15歳で小型犬の平均程度です。人間でいう1年はトイプードルの4年相当で、平均程度の寿命であってもてんかん等のかかりやすい病気もあります。
トイプードルは高い人気がある犬種です。
体が小さく被毛が抜けにくいだけでなく賢く犬を初めて飼育する方にもおすすめです。
迎え入れたのであれば少しでも長い時間一緒にいたいものですがトイプードルの平均寿命はどれくらいなのでしょうか。

この記事では

・トイプードルの平均寿命
・トイプードルの寿命をのばすためにできること
・トイプードルのかかりやすい病気
について解説します。
最後までお読みいただければ、「トイプードルの平均寿命」「トイプードルの寿命をのばすためにできることについて」わかるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。


トイプードルはペットショップでもよく見かける犬種で「トイプー」と呼ばれることもあります。

散歩中にも遭遇する機会が多いのではないでしょうか。

ここでは「トイプードルの特徴」について解説します。

特徴

トイプードルは体長と体高がほぼ同じのスクエア型をしています。

プードルは「トイプードル」「ミニチュアプードル」「ミディアムプードル」「スタンダードプードル」4種類のサイズにわかれています。

サイズは異なりますが性質的にはどの犬も変わりません。

 

 トイプードルはカールした被毛も特徴的です。

被毛は毛が抜けにくく伸びるため定期的なトリミングが必要となります。

体臭もほとんどないためアレルギー体質の方でも飼育しやすい傾向があります。

 

ただすぐに毛玉ができてしまうためこまめにブラッシングをする必要があり自宅でもしっかりケアしていきましょう。

性格

トイプードルは賢く好奇心が強い性格をしています。

しつけトレーニングもあまり苦労せずに覚えてくれるため初めて犬を飼育する方にもおすすめな犬種です。

運動能力も高いため一緒に遊ぶことができます。

家族に対して愛情深いだけでなく他の人や犬に対しても友好的で仲良くすることができます

 

▼保険の適性診断をしてみる!(無料)▼

トイプードルの平均寿命

犬は大型犬より小型犬のほうが長く生きる傾向がありますがトイプードルはどれくらいなのでしょうか。

ここでは「トイプードルの平均寿命」について解説します。

 

トイプードルの平均寿命

トイプードルの平均寿命は1215です。

小型犬は大型犬に比べると平均寿命は長い傾向がありますがトイプードルは小型犬の中でも平均並みの長さで、ポメラニアンやミニチュアダックスの平均寿命は1216です。

他の小型犬と比べてもほぼ同じとなっており、。平均寿命より長く生きることももちろんあります。

平均寿命はあくまでも平均的な長さを表しており老化のスピードは犬により個体差があるため参考程度に把握しておきましょう。

 

人間の年齢に換算するとどれくらい?

犬は人間に比べてかなり速いスピードで年をとっておきます。

愛犬が人間年齢に換算するとどれくらいの年になるのか把握することで犬の環境を整える目安にもなります。

年齢換算表

人間
1ヶ月1歳
3ヶ月5歳
6ヶ月9歳
9ヶ月13歳
1歳16歳
2歳24歳
3歳28歳
4歳32歳
5歳36歳
6歳40歳
7歳44歳
8歳48歳
9歳52歳
10歳56歳
11歳60歳
12歳64歳
13歳68歳
14歳72歳
15歳76歳
16歳80歳
17歳84歳
18歳88歳
19歳92歳
20歳96歳

犬は2年で人間換算すると24歳まで成長しそれ以降は1年毎に4歳ずつ歳をとっていきます。

表を確認することで愛犬がどのステージに居るのか把握しやすいため大体の年齢を知っておくことがおすすめです。

年齢換算表の計算方法はいくつかあるため目安として把握するようにしましょう。

 

トイプードルのシニア期は何歳から?

トイプードルのシニア(高齢)期は7~8歳ほどです。

シニア期に入っても突然見た目が変わることもないためまだまだ若いと認識することも多いでしょう。

しかし体の機能は徐々に衰えていくためトラブルも多くみられるようになります。

 

シニア期に入ったときの特徴として

・元気や食欲が落ち着く
・体を動かすスピードが遅くなる
・段差が苦手になる
・睡眠時間が増える
・皮膚や被毛に艶がなくなる
・口臭

などがあげられます。

これらの症状がみられる場合はシニア期に向けて生活環境を見直すこともおすすめです。

若い頃には問題なかったけれどシニア期に入って不便になるということもあります。

・ベッドやケージは季節に応じたものを選ぶ
・トイレは段差が少ない場所に設置する
・飲水容器はベッドの近くに設置する

など環境を整えてあげましょう。

シニア期に入ると視力もさらに衰えてくるため模様替えなどは控えできるだけ今までの環境に近い状態にしておくようにしましょう。

 

トイプードルの最高年齢は20歳超え!

トイプードルの最高年齢は20歳を超えています

アメリカ在住のトイプードルが「20歳と298日」という年齢でギネスに登録されていたようで、これ以上の年齢のトイプードルはギネスで登録はされていません。

しかし日本や世界各地で20歳を超えるトイプードルはいるかもしれません。

トイプードルに限らず国内で犬の寿命が伸びた背景には日本の獣医療の進歩や飼い主さんの治療への意識の向上などがあげられます。

以前と比べて犬との向き合い方が変化しているためこれ以上長寿の犬もみられる機会が増えるかもしれません。

▼保険の適性診断をしてみる!(無料)▼

トイプードルの寿命をのばすためにできる5つのこと

犬の寿命をのばすためにはこれをすれば大丈夫というものはありません。

しかし生活習慣で心がけたほうがいいことはいくつかあります。

ここでは「トイプードルの寿命を延ばすためにできる5つのこと」について解説します。

 

①ストレスの少ない生活環境

トイプードルの寿命をのばすためには「ストレスの少ない生活環境」を整えてあげましょう。

犬は自由気ままに生活しているように見えますがストレスを感じる動物です。

そのためできるだけ犬にストレスをかけないような生活環境を心がけましょう。

・清潔なベッドや毛布
・適切な運動量
・十分な睡眠時間

犬の生活スペースはこまめに掃除を行いベッドや毛布などは清潔な状態を保ちましょう。不衛生な環境では皮膚病を引き起こすこともあるため注意が必要です。

トイプードルは運動量は30~1時間半程度が目安です。

犬の体の大きさや体力に応じて調節散歩だけで足りないようであれば室内遊びを取り入れることもおすすめです。

犬は12~16時間程度眠ります

犬の睡眠を邪魔することのないようにしましょう。

②室内の環境整備や温度の管理

トイプードルの寿命をのばすためには「室内の環境整備や温度管理」をすることが望ましいです。

室内感環境の整備として床はマットに変更することがおすすめです。

フローリングは犬が足を滑らせて怪我をしてしまうことがあるため迎え入れる前に整えておきましょう。

さらに犬が安心して休むことができるケージやベッドなども用意しておくことが望ましいです。

 

温度管理としては室温22~26度程度湿度40~60%程度に保つことがおすすめです。

室温は季節や天気などに応じて調節しましょう。犬は人とは異なり洋服もなく床で生活をしています。

気が付かないうちに体調を崩してしまうケースも少なくありません。犬が快適に生活できるようこまめに温度調節を行いましょう。

 

③オーラルケア

トイプードルの寿命をのばすためには「オーラルケア」がおすすめです。

オーラルケアは歯周病を予防するためにも効果的です。

歯周病は歯に歯石がつくことにより歯茎が炎症を起こし後退していく病気です。

最終的には歯が抜け落ち血管に細菌が張り込むことで全身性疾患を引き起こします

 

オーラルケアは毎日行うことで歯垢を取り除くことができ歯周病を予防できます。

ただ急に歯磨きをしようとしてもできるものではありません。

毎日少しずつ歯磨きに慣れるようにトレーニングしていくことが大切です。

④健康に良い食事

トイプードルの寿命をのばすためには「健康に良い食事」がおすすめです。

犬は「高タンパク質低炭水化物」の食事が望ましいです。

ドッグフードの主要原材料にはタンパク源となる食材を使用したものを選びましょう。

タンパク質は体を作るための栄養素なため品質の高い食材が使われているものが好ましいです。

ただタンパク質は過剰に摂取すると肝臓や腎臓などに負担をかけてしまいます

「タンパク質」だけでなく「炭水化物」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」などの栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

 

⑤定期的なシャンプー・カット

トイプードルの寿命をのばすためには「定期的なシャンプー・カット」が望ましいです。

トイプードルは被毛が伸びる犬種です。

そのためこまめにカットすることで清潔な状態を保つことができます。

シャンプーは皮膚の状態を清潔に保つことができるため皮膚が汚れたときに行うことがおすすめです。

ただ頻繁にシャンプーすることで皮膚が乾燥しやすくなるため注意しましょう。

 

トイプードルがかかりやすい病気

トイプードルが健康で長生きするためにはかかりやすい病気を知っておくことが大切です。

病気について知ることで万が一に備えることができます。

ここでは「トイプードルがかかりやすい病気」について解説します。

膝蓋骨脱臼(パテラ)

膝蓋骨脱臼(パテラ)は膝にある膝蓋骨という骨が脱臼することで発症します。

膝蓋骨脱臼はグレード1~4まで分類されます。

症状として

・足をあげて歩く
・患部の痛み
・跛行

などがあります。治療方法は

・外科手術
・内服薬の処方
などです。
治療方法は犬の状態により異なります。
・グレード1であれば様子を見ながら内服を服用
・グレード2,3であれば外科手術を行う
ことが多いです。
しかしグレード4まで進行してしまうと手術をすることができなくなるため早めに治療を受けることが望ましいです。

膝蓋骨(亜)脱臼にかかる手術費用

1回あたりの診療費
中央値
1回あたりの診療費
平均値
196,776220,711

※参考:アニコム損保「家庭どうぶつ白書2019」

膝蓋骨脱臼の手術費用の中央値と平均値です。

全身麻酔をかけて手術となるため治療費は20万円を超えることも多くなります。

さらに術後入院するため30万円を超えることもあります。

膝蓋骨脱臼の手術は医療費がかなり高額になるため手術前に見積もりをもらっておくことがおすすめです。

骨折

骨折は何らかの原因により骨が折れてしまう病気です。

子犬の頃や骨が細い犬種に多く見られます。

症状として

・患部の腫れや痛み
・患部をかばいながら歩く

などがあります。

治療方法は

・外科手術
・ギプスなどで固定
などです。
治療方法は骨折の状態にもよります。
外科手術が必要なこともあればテーピングで固定するだけで済むこともあります。

骨折(前肢)にかかる手術費用

1回あたりの診療費
中央値
1回あたりの診療費
平均値
168,696190,655

※参考:アニコム損保「家庭どうぶつ白書2019」

骨折(前肢)にかかる手術費用の中央値と平均値です。

手術代は骨折も難易度にもよるため20万円以上かかることもあり、さらに動物病院によりかかる費用も異なります。

手術に加えて入院やリハビリなどの費用もかかるため30万円を超えてしまうこともあります。

骨折の手術は医療費がかなり高額になるため手術前に見積もりをもらっておくことがおすすめです。

外耳炎

外耳炎は外耳道という部位が炎症を起こす病気です。

「細菌」「真菌(カビ)」「寄生虫」などが原因で引き起こされます。

症状として

・耳のかゆみ
・耳垢の量が増える
・ニオイがきつくなる

などがあります。原因により耳垢の色や量、痒みの強さなども変わります。

外耳炎は進行すると耳が聞こえづらくなること耳血腫などの他の病気を引き起こすこともあります。

犬が耳を頻繁に痒がるときは早めに動物病院を受診しましょう。

治療方法は

・外耳道洗浄
・点耳薬の処方
・内服薬の処方
などがあげられます。
外耳道洗浄をすることは多いですが鼓膜が破れているときには注意が必要です。
犬の耳の状態によっては点耳薬と内服薬が処方されることもあります。
点耳薬を嫌がる犬も多く自宅で治療ができない場合は動物病院に通院する必要があります。

原因未定の外耳炎にかかる診療費

1 頭あたりの
年間診療回数
1 頭あたりの年間診療費
中央値
1 頭あたりの年間診療費
平均値
2.9回10,778円39,782

※参考:アニコム損保「家庭どうぶつ白書2019」

外耳炎にかかる治療費の中央値と平均値です。

外耳炎は高額な検査などは行いませんが状態によっては治療に時間がかかることもあります。

さらに外耳炎にかかりやすい犬は完治しても時間が経つと再発するということもあるため1年間診療費は高額になります。

耳掃除は自宅で行うと逆に外耳道を傷つけて外耳炎を引き起こしてしまうこともあるため、そのため耳掃除は優しく行い拭き取れる部分のみを洗浄しましょう。

外耳道洗浄は自宅で行うこともできますが耳の状態が悪いときは耳掃除を行う前に動物病院を受診しましょう。

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

クッシング症候群とは副腎皮質ホルモンが過剰に分泌される病気です。

副腎皮質ホルモンとはコルチゾールのことで代謝に関わるホルモンで体にいろんな影響を与えます。

症状として

・多飲多尿
・脱毛
・皮膚が黒ずむ(色素沈着)
・皮膚が薄くなる
・散歩を嫌がる
・呼吸が速い
・お腹が膨れてくる

などがあります。

病状が進行すると免疫力が低下し皮膚病や膀胱炎などの病気を引き起こすこともあります。

糖尿病を併発することもありま、放置すると死に至ることもあるため気になることがあれば早めに動物病院を受診しましょう。

治療方法は

・内服薬の処方
・外科手術
などがあげられます。
治療法は原因により異なり、脳下垂体に腫瘍があるためコルチゾールが過剰に分泌されてしまう場合は内服薬を処方しコルチゾールを抑えるケース腫瘍を取り除くケースがあります。
副腎に腫瘍がある場合は外科手術で副腎を取り除きます

外科手術は犬の年齢や麻酔のリスクなどによりできないことがあり、かかりつけの獣医師と治療方針についてしっかり相談することが望ましいです。

 

元気喪失(食欲不振含む、原因未定 )にかかる診療費

1 頭あたりの
年間診療回数
1 頭あたりの年間診療費
中央値
1 頭あたりの年間診療費
平均値
2.2回11,496円45,390

※参考:アニコム損保「家庭どうぶつ白書2019」

ここでは元気喪失にかかる治療費の中央値と平均値をあげました。

元気がないときは原因を調べるためにいろんな検査を受けるため治療費は高額になることがあり、特にクッシング症候群は血液検査や超音波検査などが必要になります。

初回は治療費が高額になることがあるため注意しましょう。

 

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症とは僧帽弁がしっかり閉まらないことにより循環不全を引き起こす病気です。

僧帽弁とは左心室と左心房の間についている弁で血液の逆流を防ぐ役割があります。

症状として

初期症状はあまりみられない

進行すると
・運動を嫌がる
・咳
・激しい運動や興奮時に倒れる

重症化すると
・肺水腫
・呼吸困難
・チアノーゼ(舌の色が紫色になる)

などがみられるようになります。

治療方法は

・内服薬の処方
などがあげられます。
犬の状態に合わせて内服薬が処方されるため進行すれば薬の種類も増えます
重症化すると酸素吸入などの処置が行われることもあります。

弁膜症にかかる診療費

1 頭あたりの
年間診療回数
1 頭あたりの年間診療費
中央値
1 頭あたりの年間診療費
平均値
8.3回69,876円225,810

※参考:アニコム損保「家庭どうぶつ白書2019」

弁膜症にかかる診療費の中央値と平均値です。

定期的な検査や毎日薬を飲まなければいけないことから治療費も高額になる傾向があります。

状態によっては薬が増え酸素吸入などの処置も増えるため進行すればするほど治療費がかかります。

長期的な治療が必要な病気なのでかかりつけの獣医師と相談し治療を受けることが望ましいです。

てんかん

てんかんとは原因不明の発作を引き起こす脳障害です。

てんかんは部分発作や全身性発作があり発作の時間もそのときにより異なります。

症状として

全身性発作
・硬直
・急に倒れる
・足をバタバタさせる
・よだれがたくさんでる
・呼びかけても反応がない部分発作
・体の一部の痙攣
・同じ行動をずっとする
・攻撃的になる

などがあります。

発作時はパニックになってしまうこともありますが「発作前の状態」「発作の状態」「発作の時間」「発作後の状態」を確認しておきましょう。

動画で撮っておくこともおすすめです。これらの情報をまとめておくことでてんかん発作という診断もつきやすくなります。

さらに発作の傾向を知ることもできるため「天気」「気温」などもメモしておくことがおすすめです。

治療方法は

・抗てんかん薬の処方
があげられます。抗てんかん薬の処方により発作の回数を減らしコントロールしていくことが目的です。
てんかん発作は完全になくすことが難しい病気です。しかし内服薬によりコントロールすることは可能です。
定期的な血液検査や毎日の投薬を忘れないようにしましょう。

てんかんにかかる診療費

1 頭あたりの
年間診療回数
1 頭あたりの年間診療費
中央値
1 頭あたりの年間診療費
平均値
6.9回50,436円154,723

※参考:アニコム損保「家庭どうぶつ白書2019」

てんかんにかかる診療費の中央値と平均値です。

てんかんは毎日の投薬が必要なため治療費も高額になる傾向があります。

さらに定期的に血液検査を行い状態を確認することが必要なため通院回数も多いです。

治療費が高額になる傾向がありますが治療を受けなければ状態が悪化し発作が止まらなくなる状態に陥ることもあります

 

犬に多い死因

犬に多い死因

1位2位3位4位
0歳消化器疾患全身性疾患呼吸器疾患神経疾患
5歳消化器疾患全身性疾患腫瘍神経疾患
10歳腫瘍循環器疾患消化器疾患全身性疾患
15歳泌尿器疾患循環器疾患全身性疾患消化器疾患
胆・膵・肝疾患

※参考:アニコム損保「家庭どうぶつ白書2021」

犬に多い疾患を年齢別にみていくと年齢ごとに気をつけなければいけないことも確認することができます

「0歳のときは下痢や嘔吐などのトラブルが多く見られますが死に至る可能性も高いため注意が必要」などです。

どの年齢ステージでも病気になることはあります。

気になることがある場合は早めに動物病院を受診し定期的に健康診断を受けることをおすすめします。

 

トイプードルにおすすめの保険は?

ここではトイプードルに合ったおすすめのペット保険、比較・選び方について解説します。

全てのペット保険で補償の対象外である去勢の費用等の項目は除き、あくまで保険会社・プランで差別化になるポイントに絞って解説します。

他サイトのようなランキング形式ではなく、あくまでトイプードル目線で解説していきます。

 

トイプードルのペット保険加入の選び方のポイント

①トイプードルのなりやすい病気が補償されるか確認
・膝蓋骨脱臼(パテラ)
・てんかん

・涙やけ

②加入後に発症した先天性、遺伝性疾患が補償されるか
③通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険の中でも手術は他社と比較しても手厚いか
④更新の際に「来年度からの傷病や部位補償の対象外」とする可能性がないか

 

①トイプードルのなりやすい病気が補償されるか確認

ペット保険は保険会社によって補償する病気や、補償の対象外となる項目が異なります。

中にはトイプードルがかかりやすく高額治療が必要なパテラを補償の対象外としているペット保も存在します。

 

特に下記の2つは治療費が高額に案る可能性が高い傷病・疾患ですので必ず保険約款や重要事項説明書を確認することをおすすめします。

また公式HPでも「保険金のお支払いできない事例」の中に記載されていることがほとんどですので必ず確認しましょう。

・膝蓋骨脱臼(パテラ)
・てんかん

▼保険の適性診断をしてみる!(無料)▼

②加入後に発症した先天性、遺伝性疾患が補償されるか

トイプードルがなりやすい、「てんかん」は先天性、遺伝性の要素も大きい疾患です。

全てのペット保険で加入前に発症している先天性、遺伝性疾患は基本的には補償の対象外となってしまいますが、加入後に発症した先天性、遺伝性疾患を補償するかどうかは保険会社によって異なります。

こちらも併せて公式HP内の「保険金をお支払いできない事例」や保険約款・重要事項説明書を確認しましょう。

せっかく保険に加入するのであれば、トイプードルのためにもてんかんにも備えができるようにしましょう。

 

③通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険の中でも手術補償の手厚さを重視するのがおすすめ

トイプードルがなりやすい病気である「外耳炎」「てんかん」は、長期もしくは複数回の治療が必要になる疾患です。また「膝蓋骨脱臼(パテラ)」や「骨折」等の外科手術を伴う傷病は外科手術を伴う高額な治療費が必要になります。

そのため、トイプードルには「通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険」に加入することがおすすめです。

 

また、膝蓋骨脱臼(パテラ)は平均手術費用が約22万円、骨折でも10万円以上かかることが多いことから、トイプードルにはフルカバー型の中でも手術補償が他社より手厚いペット保険に加入することをおすすめします。

特に

手術一回当たりの上限金額が大きいペット保険
を重視することをおすすめします。
先ほどパテラの平均手術費用は約22万円とお伝えしましたが、多くの保険会社が手術一回当たりの上限金額を10~14万円に設定しています。
一番人気である補償割合70%のプランに加入するのであれば、22万×70%=15..4万円分補償されないと損した気分になりませんか?
ちなみにフルカバー型のペット保険(補償割合70%)の中で一回当たりの手術補償金額が高いのは楽天ペット保険とアイペットの、「一回当たり最大15万円まで」です。

更新の際に「来年度からの傷病や部位補償の対象外」とする可能性がないか

ほとんどのペット保険が一年契約となっており、契約を毎年更新していくことで終身の補償となっています。

つまり、ペット保険に加入すると毎年契約更新の審査があります。

中には「前年度にかかった傷病や慢性疾患」等の、特に治る見込みが少ない、再発の可能性が高い慢性疾患を、更新の際に「来年度から補償の対象外とします。」と条件を付け加えてくる保険会社があります

もちろん中には「更新の際に条件を付け加えることはありません」といった記載をしているペット保険もあります。

 

トイプードルがなりやすい「僧帽弁閉鎖不全症」や「てんかん」はかかってしまったら一生の付き合いが必要な病気です。

加入を検討しているペット保険会社の「更新時の対応」についても必ず確認することをおすすめします。

しかも、「更新時の対応」についてはどのペット保険であっても公式HPや保険約款の目立たないところにあったりするので結構見落とします。
公式HPの「よくある質問:更新について」「保険金をお支払いできない事例」等のページで記載されていることが多いので、必ず一度は確認することをおすすめします。

また、ペット保険比較アドバイザーではそういった情報も一つの記事内でまとめていますのでぜひ一度ご確認ください。

トイプードルにおすすめのペット保険をご紹介!

最後に、今回ペット保険比較アドバイザーではトイプードルにおすすめのペット保険を2社ご紹介します。

おすすめの理由としては上記で説明したトイプードルのペット保険の選び方、ポイントや条件をすべて満たしているからです。

アニコムに関しては窓口精算や年一回無料で受けられる腸内フローラ測定等、付帯サービスが充実しています。

また、ペットを伴わない薬の受取ができるのはアニコムだけです。

・窓口精算や付帯サービスも重視 → アニコム損保
・補償内容や保険料を重視 → PS保険

一部PS保険は手術の補償金額が1回あたり最大10万円だったり不安な点はありますが、先天性疾患や更新時の対応が他社より優れています。

ただし、細かい補償内容や金額についてはもちろん違いがありますので必ず重要事項説明書や保険約款、パンフレットや公式HPを確認してください。

あくまで参考ですが、保険料重視であればPS保険、補償内容重視であればアニコム(ふぁみりぃ)に加入することをおすすめします。

 

メリットデメリット
・複数回通院にも強い
・「腸内フローラ測定」等の予防型サービスも付帯
・通院補償は一日当たり14,000円×年20日まで(補償割合70%プラン)
・窓口精算可能
・ペットを伴わない薬の受取だけの治療費も補償

保険料が高い

※健康割増引制度により保険の利用状況によって割増引の適応【可】

保険料が安い・1つの病気に対しての限度額・回数があり
(更新時にリセットされない)
・手術は一回当たり最大10万円まで
アニコム損保(ふぁみりぃ7歳11ヶ月まで:しにあ8歳~)
2年目以降のご契約継続について
弊社の商品の保険期間は1年間ですが、ご契約には「継続契約特約」を適用して引受をさせていただいておりますので、解約等のお申し出がない限り満期後は、原則ご契約は自動的に継続となり、終身ご継続いただけます。
※ご注意
・ご契約者または弊社より別段の意思表示があった場合には、ご契約は継続となりません。
・自動的にご契約が継続とならない場合や、商品改定により保険料、補償内容などが変更となる場合があります。
※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書保険約款もご確認くださいそれぞれが複数のプランを販売しているのでペット保険のプランは50以上あります。
PS保険
PS保険のロゴ

罹患した病気やケガにより保険の更新をお断りしたり、更新時の補償対象外にしたり、保険料を増額にすることはございません。(※保険料の改定などがあった場合、保険料は変わります。)
ケガ、病気の原因が生じた時が保険期間内であれば、皮膚病や外耳炎等の軽度の病気から、ガンや心臓病等の重大な病気まで補償の対象となります。

引用:PS保険
引用:よくあるご質問

※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書・保険約款もご確認ください

補償内容やそれぞれのデメリット等がより気になる場合は下記の記事を参考にしてください。

補足:先天性疾患が発症する前に!遅くとも7.8歳までには加入しよう

ペット保険は、加入する前に発症している先天性疾患や既に発症している病気や疾患は補償の対象外となります。

そのため、病気になってから保険に加入しようとしても、肝心のその病気の治療費は補償の対象外になってしまいます。

また、加入後に発見できた病気であっても先天性疾患を補償の対象外としているペット保険や、慢性疾患にかかると更新できない保険もあります。

また一般的にペット保険では8~12歳で新規加入年齢を設定していることがほとんどです。早いところでは7歳で新規加入を締め切るペット保険もあります。

「健康なうちに加入しないと意味がない」「また年齢制限に引っかからないから保険の選択肢が広がる」という意味で遅くとも7~8歳までにはペット保険の加入、少なくとも検討をすることをおすすめします。

補足ですが、アニコムやプリズムコールではシニア向けのペット保険商品もあります。

高齢・シニア向けのペット保険については下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

よくある質問

タイニープードルとトイプードルの違いは?ティーカッププードルとは?

タイニープードルもティーカッププードルも犬種としては正式に認定されていません。そのためティーカッププードルもタイニープードルもトイプードルという犬種名になります。タイニープードルとトイプードルの違いは体の大きさです。体高23cm前後、体重が2~3kgになるとタイニープードルと呼ばれるようです。

トイプードルの長生きの秘訣は?

トイプードルの平均寿命は小型犬と平均でもやはり短いと感じますよね。長生きの秘訣としてこれをすればいいというものはありません。長生きする犬の特徴としては「のんびりな性格」「健康的な体型」「ストレスが少ない」「いつでも楽しそうにしている」などがあげられます。遺伝的な要因もありますが犬と楽しく過ごすことも大切です。

ペット保険は必要?

ペットには公的な保険制度がありません。そのため治療費の自己負担額は100%です。

もしもの時に、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に加入することをおすすめします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

▼保険の適性診断をしてみる!(無料)▼

 

ペット保険比較表や記事を活用するのがおすすめ!

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

 

【トイプードルの寿命は?平均寿命やかかりやすい病気】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・トイプードルの平均寿命
・トイプードルの寿命をのばすためにできること
・トイプードルのかかりやすい病気
について解説してきました。
トイプードルの平均寿命は12~15歳で小型犬の平均程度です。
長生きしてもらうためにこれをすればいいというものはありませんができるだけ健康的な生活を遅れるようにすることが望ましいです。
寿命を縮める原因の一つとして「病気」があげられます。
病気を突き止め早く治療を受け愛犬と少しでも長く一緒に過ごしましょう。
ペット保険比較アドバイザーではペット保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。