× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の特徴は?デメリット等を評判も交えて解説!

チューリッヒ 犬のがん保険 ロゴ

チューリッヒ少額短期保険が販売するペット保険【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」のメリット・デメリットを紹介します。

チューリッヒ少額短期保険では、「犬のがん保険」というペット保険を2022年7月7日から販売しています。

※2023年2月10日より、商品の名称「犬のがん保険(骨折・脱臼プラス)」を、「犬のがん保険」に変更。

「犬のがん保険」は保険料がリーズナブルで、特定の病気に関して補償が手厚いペット保険です

しかし、比較的新しいペット保険なので、「どんな保険なの?」「メリットやデメリットは?」と気になる人もいるのではないでしょうか。

この記事では、

・【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の特徴
・【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の補償内容
・【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の保険料
・【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」のメリット・デメリット
・【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」のがおすすめな人・おすすめできない人

について解説します。

最後までお読みいただければ、【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」についてわかるようになっていますので、ぜひ参考にしてください。

目次をクリックすると見出しに飛べます

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」とは

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は、治療費が高額になりやすいがん、良性腫瘍、骨折、脱臼(※)を補償する保険で、そのほかの病気は補償対象外となっています。

※  お申込みの補償プランによっては、脱臼は補償の対象になりません。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の特徴や保険料、補償内容を解説!

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は、他のペット保険にはない特徴があります。

ここでは、【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の特徴や補償内容、保険料を紹介していきます。

 

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の特徴

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は、がん、良性腫瘍、骨折、脱臼(※)に特化しているペット保険です。

通常ぺット保険を販売している会社では、入院・通院・手術をまんべんなく補償するフルカバー型と、入院・手術を補償する入院手術特化型の2種類を販売しているケースが多く補償割合も50%か70%であることが多いです。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」では、「犬のがん保険」のみの取り扱いとなっています。

しかし、「がん」「骨折」「脱臼(※)」であれば通院・入院・手術すべてに対応しており、補償割合も100%と手厚く特化しているのが特徴です。

※  お申込みの補償プランによっては、脱臼は補償の対象になりません。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の補償内容

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は、がん、良性腫瘍、骨折、脱臼(※)の治療にかかるすべての費用を補償してくれます。

つまり愛犬ががん、良性腫瘍、骨折、脱臼(※)のどれかになり、通院や入院、手術をした場合は、治療にかかった金額を補償割合100%でチューリッヒ少額短期保険が負担してくれます。

年間の補償限度額は100万円で、1回あたりの限度額や保険料支払いの回数制限は設けられていません。

ただし、免責金額が3万円に設定されているので、がん、良性腫瘍、骨折、脱臼(※)の治療毎に3万円は自己負担する必要があります。

※  お申込みの補償プランによっては、脱臼は補償の対象になりません。

免責金額とは?
実際に病気や怪我で治療費が発生した場合に、契約者が必ず支払う最低限の金額になります。
免責金額は実質的に補償の対象外の金額を指します。免責金額が設定されていると、受け取れる保険金にも差が生じます。【例】
治療費:1万円
補償割合:70%
免責金額:3000円
受け取れる保険金:(10000円-3000円)×70%=4900円
自己負担額:5100円つまり、この場合ですと補償割合が70%であっても自己負担額は50%を越えます。
「一回の支払いは大したことはないが、何回も通院をしなければならない萬世疾患等の治療」では免責金額が飼い主の大きな負担になる場合があります。

免責金額の3万円は大きな負担と考える人もいるかもしれませんが、数万円~数十万円と高額になりがちながんや骨折の治療を3万円で受けさせてあげられると考えれば、そこまで高くないのかもしれません。

 

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険(脱臼ありプラン)」の保険料

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の保険料は、月額1,480円からとかなりリーズナブルで、3歳ごとに値上がりするのが特徴です。

また、小型犬と中型犬は保険料が同額となっているのも他のペット保険でも数少ない特徴です。

下記に小型犬・中型犬と大型犬の「犬のがん保険」の月額保険料をまとめました。

ペット年齢小型犬・中型犬大型犬
0~2歳1,480円2,560円
3~5歳1,870円3,750円
6~8歳3,590円8,030円
9~11歳5,580円12,800円
12歳以上6,550円15,300円

※上記保険料は脱臼ありプラン

大型犬は6歳以降になると保険料がグンと上がるペット保険会社が多いですが、【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」では値上がりのスピードが緩やかで、最大でも15,300円/月なので、ペット保険が必要となるシニア期も安心して保険を継続できるでしょう。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の保険料に関しては、下記の記事で詳しくまとめているので、参考にされてみてください。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の5つのメリット

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」には、5つのメリットがあります。

ここでは、【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」のメリットを紹介していきます。

 

①がん・良性腫瘍・骨折・脱臼(※)特化型のペット保険で、保険料が比較的お手頃

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は保険料がリーズナブルで、続けやすい保険料設定となっています。

がん・良性腫瘍・骨折・脱臼(※)特化型の商品は【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」のみの販売のため他社との比較は難しいですが、補償内容と保険料を見るとバランスが取れているペット保険といえます。

月々の保険料がリーズナブルので、他のペット保険と併用して加入するのもおすすめです。

特にがんは治療費が数十万円かかることも多いので、フルカバー型や入院手術特化型のペット保険だけではすぐに限度額に達してしまい、自己負担が大きくなる可能性もあります。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」に加入しておけば、リーズナブルな保険料で年間100万円までがん・良性腫瘍・骨折・脱臼(※)に関する治療費に対して補償割合100%なので、自己負担額が少なくなります。

※  お申込みの補償プランによっては、脱臼は補償の対象になりません。

②補償限度回数・1日あたりの補償限度額がない

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は、補償限度回数と1日あたりの補償限度額が設定されていません。

年間100万円以内であれば、極端な話、1日でがんや骨折の治療に100万円かかったとしても免責金額を超える分は補償割合100%でお支払いされるのです。

他社では年間の上限金額が高くても、補償限度回数・1日あたりの補償限度額が設けられていて、金額も低めに設定されている場合が多いため、結局自己負担額がそれなりに多くなるということも…。

骨折や脱臼(※)などは1回の治療費が高額になりがちなので、1日あたりの補償限度額が設けられていないペット保険に入るのがおすすめです。

また、がんの治療は長引く場合がほとんどで、1回あたりの治療費も高いため【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」のような補償限度回数と1日当たりの補償限度額が設けられていないペット保険に入っておくと安心でしょう。

※  お申込みの補償プランによっては、脱臼は補償の対象になりません。

③入院・手術・通院すべて補償で、補償割合も100%!他のペット保険の上乗せとして選ばれている

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は、がん・良性腫瘍・骨折・脱臼(※)の治療であれば入院も手術も通院もすべて補償の対象となります。

また、補償割合は100%なので、免責金額3万円を超える治療にかかった費用はすべて【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」が補償してくれます。※年間100万円まで

他社でも補償割合が100%のペット保険はありますが、保険料が高いというデメリットが…。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は補償対象の病気・ケガが限られていますが保険料がーズナブルなので、続けやすくほかのペット保険と併用して契約している人もいるようです。

※  お申込みの補償プランによっては、脱臼は補償の対象になりません。

④付帯サービスで、お散歩・健康管理ができるアプリがある

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」を契約すると、愛犬の健康管理ができるアプリ「onedog」の契約者専用の「ドッグパス機能」が使えます。

ドッグパス機能」は、愛犬の散歩記録やワクチン接種証明書などの情報を管理できるアプリです。

また、狂犬病予防接種やダニ予防などの時期などもリマインドしてくれるので、毎年忘れずに予防できます。

ドッグパス機能」があれば、愛犬の情報が一括で管理できるので、とても便利です。

もちろん「ドッグパス機能」の利用は無料です。

 

⑤お申込みがオンライン完結で簡単!

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の申し込みは、オンラインで完結するのでとっても簡単です。

こちらから愛犬の犬種や生年月日などの情報を入力し、飼い主の情報を入力するだけで申し込みが完了します。

申し込み後は契約内容がメールで送られてくるので、念のため保存しておきましょう。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の4つのデメリット

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」には、メリットがあればデメリットももちろんあります。

ここでは、【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」のデメリットを4つ紹介していきます。

①がん・良性腫瘍・骨折・脱臼(※)以外の病気・ケガは補償されない

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は、名前にもある通りがん・良性腫瘍・骨折・脱臼(※)のみを補償するペット保険なので、それ以外の病気やケガは一切補償されません。

他社のペット保険は、フルカバー型にしても入院・手術特化型にしても補償される病気やケガがここまで限定されているものはありませんが、これは【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」のコンセプトがもともと【高額になりがちながん・良性腫瘍・骨折・脱臼(※)の治療費負担をリーズナブルな保険料でしっかり補償する】ことであるためです。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の補償内容と保険料のバランスはとても優れていますが、「さまざまな病気やケガを補償してくれるペット保険を探している」という人には、あまりおすすめできないペット保険といえるでしょう。

反対に、がんにかかりやすい犬種を飼っている人や骨折・脱臼(※)をしやすい犬種を書ている人、今は言っているフルカバー型保険では心もとないのでもう1つペット保険に入りたいと思っている人にはとてもおすすめのペット保険です。

※  お申込みの補償プランによっては、脱臼は補償の対象になりません。

②窓口精算が使えない

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は提携している病院がないため、精算ができません。

しかし、クレジットカード払いに対応している動物病院なら、たくさんの現金を用意しなくてもOKです。

一度全額支払う必要はありますが、保険金請求し保険会社の確認が取れ次第、保険金が支払われます。

※保険金のお支払いには数か月かかる場合もあります。

③3万円の免責金額がある

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は、3万円の免責金額が設けられています。

免責金額とは、がん、良性腫瘍、骨折、脱臼(※)毎の治療で必ず契約者様が支払う最低限の金額のことです。

がん、良性腫瘍、骨折、脱臼(※)毎の治療費が3万円に達しない場合は、治療費のすべてを契約者が負担することになるため、これをデメリットだと感じる人もいるかもしれません。

しかし、がんや骨折などの治療は基本的に1回の治療で数万円がかかるため、3万円以内で収まるケースは珍しいです。

また、3万円で愛犬に最良の治療を受けさせてあげられると考えれば、そこまで高くない金額ともいえるのではないでしょうか。

がんであれば長期的な治療が必要になりますが、1年間のがんの診察で3万円を自己負担したとしても、長期的に見ればかなりお得に治療を受けられるケースが多いです。

※  お申込みの補償プランによっては、脱臼は補償の対象になりません。

④猫は加入できない

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は、犬のみが加入できるペット保険なので、猫は加入できません。

チューリッヒ少額短期保険では、猫が加入できる保険商品は取り扱いがないので、猫を飼っている人は他社のペット保険に加入するのをおすすめします。

 

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」がおすすめできる人・できない人

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は補償される病気とケガがかなり限定的なので、おすすめできる人とおすすめできない人がいます。

 

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」がおすすめできる人

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」をおすすめできる人は、下記の通りです。

・がんにかかりやすい犬種を飼っている人
・骨折・脱臼(※)しやすい犬種を飼っている人
・今入っているペット保険にプラスαで入れる保険を探している人
・がんや骨折などの高額な治療費に備えたい人
・リーズナブルな保険料でしっかりとした補償を受けさせたい人
・申し込み手続きをオンラインで完結させたい人

がんや骨折の治療費は高額になりがちなので、万が一の時のために【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」に入っておくといいかもしれません。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は月々の保険料がリーズナブルで、がんや骨折などの補償割合は100%です。

そのため、他社のフルカバー型のペット保険と併用して加入するのもおすすめです。

例えば愛犬ががんになった場合、フルカバー型のペット保険だけではすぐに限度額に達してしまう可能性がありますが、【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は限度額が年間100万円なので、お財布を気にすることなく愛犬の治療に専念できるでしょう。

※  お申込みの補償プランによっては、脱臼は補償の対象になりません。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」がおすすめできない人

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」をおすすめできない人は、下記の通りです。

・幅広い病気やケガを補償してほしいと考えている人
・窓口精算に対応しているペット保険を探している人

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は、がん・良性腫瘍・骨折・脱臼(※)特化型のペット保険なので、そのほかの病気やケガはすべて補償の対象外です。

さまざまな病気やケガを補償してほしいと考えている人は、フルカバー型のペット保険に入るのがいいでしょう。

また、【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は窓口精算に対応していないので、治療費を建て替えるのが難しい場合は窓口精算に対応しているペット保険に加入するのをおすすめします。

※  お申込みの補償プランによっては、脱臼は補償の対象になりません。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の気になる疑問にお答え!

ペット保険は申し込みが面倒だったり、保険開始日がいつなのかわかりにくかったりしますよね。

ここでは、【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の申し込み手続きについてや保険開始日がいつなのかについて解説していきます。

 

①お申し込み手続きと保険料のお支払い方法

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の申し込み手続きは、ネットですべて完結します。

申し込み手順はとても簡単で、こちらから愛犬と契約者の必要情報を入力するだけ。

保険料の支払い方法はクレジットカードのみです。

 

②保険開始日はいつなのか

ペット保険には、申し込みをして審査が通ってから始まる「保険開始日」と、病気の治療費が補償される「責任開始日」があります。

また、「保険開始日」と「責任開始日」期間の間のことを待機期間といい、待機期間中に生じた病気は補償対象外となるので要注意です。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の保険開始日は、申し込みをした日にちによって異なります。

1~20日に申し込んだ場合は翌日1日から、21~末日に申し込んだ場合は翌々月の1日から保険開始となります。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」では、保険開始日からその日を含めて31日目を責任開始日としています。

 

よくある質問

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は割引制度や割増制度、特約などありますか?

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は割引制度も割増制度もありません。また、特約もありません。

現在がん治療中なのですが、【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」に加入できますか?

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」に限らず、ペット保険に加入する際は事前に病歴や治療歴を告知する義務があります。告知内容によっては、契約ができない場合があります。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」をご検討している方へ

ここでは【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の特徴やメリット、注意点を詳しく解説していきました。

ペット保険に加入する際には、その保険の特徴やメリットだけでなく注意点に関してもしっかり理解し、納得したうえで加入することが大事です。

メリットや特徴についてもっと知りたい、という場合には一度資料請求をしてみることを強くおすすめします。

注意点に関しては、重要事項説明書、約款をしっかり確認することが大事です。

 

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の特徴まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは、

・【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の特徴
・【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の補償内容
・【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」の保険料
・【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」のメリット・デメリット
・【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」のがおすすめな人・おすすめできない人

について解説してきました。

【チューリッヒ少額短期保険】ペット保険「犬のがん保険」は、がん・良性腫瘍・骨折・脱臼(※)の治療費を年間100万円まで全額負担してくれるペット保険です。

がんや骨折などの治療は高額になりやすいため、万が一に備えたいと考える人は入っておくと安心ですよ。

保険料は月額1,480円(脱臼ありプラン)からとリーズナブルなので、他のペット保険と併用して加入するのもおすすめです。

ペット保険比較アドバイザーではペット保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。

※  お申込みの補償プランによっては、脱臼は補償の対象になりません。

 

募集番号:SOP-2449(0)