× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • ペット保険 比較
  • ペット保険で歯周病や歯科治療は保険適用?歯石取りや抜歯等も比較解説!

ペット保険で歯周病や歯科治療は保険適用?歯石取りや抜歯等も比較解説!

2024年3月12日

ペット保険 比較

ペット保険で歯周病や歯科治療は保険適用?歯石取りや抜歯等も比較解説!サムネイル
ペット保険で歯周病は基本的には補償されます。さらに歯石除去や抜歯であっても歯科治療対象であれば多くは補償されます。ただし保険会社によっては対象外になることもあるため注意が必要です

犬や猫は歯周病にかかりやすく、犬に関しては3歳の80%は歯周病にかかっているといわれています。

もし愛するペットが歯周病と診断されたら、ペット保険で補償されるのか気になります。

この記事では

・犬や猫の歯周病の原因
・犬や猫の歯周病の症状
・犬や猫の歯周病の治療費や手術費用
について解説します。
最後までお読みいただければ、「歯周病が補償されるペット保険」「犬や猫の歯磨きの方法」もわかるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。


 

歯周病とは

歯の周囲組織が破壊される病気で、歯周病菌による細菌感染症

と定義されています。

犬や猫の口内はアルカリ性のため歯周病気が好む口内環境です。

さらに歯周病菌が体内で感染を起こすと

・心内膜炎
・腎盂腎炎

など内臓にも影響を及ぼすことがわかっています。

そのため犬や猫は歯周病に注意が必要です。

 

ペット保険で歯周病は補償される?

基本的にペット保険で歯周病は

保険の対象
になります。ただし保険会社によっては補償されない場合があるため注意が必要です。

 

<ペット保険会社別歯周病補償一覧表>

歯科疾患を補償の対象外としていないペット保険歯科疾患を補償の対象外としているペット保険
アイペット損害保険会社アクサ損害保険株式会社
アニコム損害保険株式会社au損害保険株式会社
ペット&ファミリー損害保険株式会社SBIいきいき少額短期保険株式会社
イーペット少額短期保険株式会社SBIプリズム少額短期保険株式会社
イオン少額短期保険株式会社ペッツベスト少額短期保険株式会社
株式会社FPC エフ・ピー・シー日本ペット少額短期保険株式会社
つばき少額短期保険株式会社リトルファミリー少額短期保険株式会社
楽天損害保険株式会社
ペットメディカルサポート株式会社
(PS保険)

詳細は各保険会社の重要事項説明書及び約款でご確認ください。また実際の保険金支払いにおいては補償範囲等、状況によって各社対応が異なる場合もあります。

例えば日本ペット少短の場合、歯周病を含め、歯に関する処置は補償対象に含まれません。しかし歯肉炎等の歯に触れない治療であれば補償されます。

例:

プリズムコール約款
第15条(保険金をお支払いしない場合 その2)

  (5)歯削(歯切)および歯石除去並びに歯肉、歯牙、歯周病、不正咬合等の歯に係る一切の歯科医療措置

リトルファミリー少額短期保険
Q.歯科治療は補償対象となりますか?
A.歯科治療には補償対象となるものと補償対象外のものがあります。

対象となるもの
傷害の治療として歯科処置を行う場合(例:交通事故)

対象外となるもの
抜歯・歯切り処置(不正咬合を含みます)
歯石取り
歯の治療のため全身麻酔
歯肉炎
歯周病
歯槽膿漏

SBIいきいき少短
主な免責事由・その他保険金をお支払いできない場合として当社が定めている費用
歯科治療・口腔外科治療
※ケガの治療目的で行われる場合はお支払いの対象となります。

いぬとねこの保険約款
対象とならない事由

3.乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取り

ただしいぬとねこの保険では「歯に触れる治療は補償の対象外、歯茎だけに触れる治療は補償される」といった、ほかの保険会社ではあまり見られないような規約が設けられています。

 

また多くの保険で補償される歯周病ですが、各保険会社の約款には補償される歯科治療の内容が記載されています。

アイペットと楽天ペット保険を例に挙げると、どちらも歯石除去や乳歯遺残、不正咬合は補償対象から外れる旨が書かれており、これらは基本的に全てのペット保険で補償の対象外です。

アイペット約款
第3条(保険金を支払わない場合-その2)
2) 当会社は、別表1に掲げる事由のいずれかによって被保険者が負担した診療費に対しては、保険金を支払いません。
別表1(第3条(2)関係)
4) 去勢、避妊、歯石取り、歯切り・歯削り(不正咬合を含みます。)、爪切り(狼爪の除去を含みます。)、耳掃除、肛門腺しぼりおよびこれらに伴う処置ならびに乳歯遺残、停留睾丸、臍ヘルニア、そけいヘルニアに対する処置。ただし、他の傷病の治療の手段としてこれらの処置またはこれら
に対しての処置を行った場合を除きます

楽天ペット保険約款
【治療費用に含まれない主な費用】
●歯石除去費用および乳歯遺残、不正咬合

上記の約款でも確認できるように歯科治療には補償されない治療内容があるので、加入前にはしっかりと確認しておくことが重要です。

注意:歯石取りはペット保険の補償対象にならないことがある

ペット保険の補償対象にならない歯科治療は保険会社によって若干の違いがあるものの

・歯石除去
・歯切り
・歯削り
・乳歯遺残

などは基本的に全てのペット保険で補償の対象外です。

これらの治療内容はすべて

予防目的の治療であること
です。

その中の歯石除去について、ペット&ファミリー のHP内「よくあるご質問」では下記のように答えていました。

Q.歯周病治療のため、歯石除去を行いました。この歯石除去は保険金の支払い対象になりますか。
A.歯肉炎や歯周病等の治療のために実施した歯石除去は保険金のお支払い対象です。
※歯周病等の病気の発症を予防する目的で実施した歯石除去は保険金のお支払い対象にはなりません。(不妊手術などの際に、予防目的として同時に行う歯石除去なども保険金のお支払い対象にはなりません。)。
引用:ペットアンドファミリーHP「よくある質問」

治療目的での歯石除去が補償対象となり、予防目的では対象から外れることがはっきりと明記されています。

また乳歯遺残についても同様で

A.乳歯遺残の抜歯は保険金のお支払い対象になりません。ただし、乳歯遺残が直接的な原因となった歯肉炎や口腔内外傷等の傷病があり、その治療として実施した場合は保険金のお支払い対象になります。
引用:ペットアンドファミリーHP「よくある質問」

とされていました。

一方プリズム保険では歯科治療全般が対象にならないことが明らかにされています。

保険金をお支払いできない場合
13.歯削(歯切)および歯石除去ならびに歯肉、歯牙、歯周病、不正咬合などの歯に係る一切の歯科医療措置
引用:プリズム保険HP「保障内容

このように歯科治療だけでも保険会社によって違いがあるため注意が必要です。

補足:歯周病にかかっている犬や猫はペット保険に加入できる?

保険会社によりますが

すでに歯周病にかかっている犬や猫でもペット保険に加入可能
です。ただし、
歯周病に関する治療費は補償の対象外とする条件付きでの加入
となる可能性が高いです。
ペット保険では一度その病気にかかってしまうと保険契約の引受ができなくなる「特定疾病」 が定められています。
「特定疾病」は各保険会社によって違いがあり、その治療歴が一つでもあると保険の契約はできないものです。
病気が完治しても加入できないことを知っておく必要があります。

そのため新規でペット保険に加入する前には病院の既往歴を告知する義務があります。

FPCペット保険約款では

特定傷病等不担保特約条項
3. 次に列挙する病気にかかっている場合には引受けは行いません。
犬パルボウイルス感染症、犬ジステンパー感染症、犬パラインフルエンザ感染症、犬伝染性肝炎、アデノウイルス
2型感染症、レプトスピラ感染症黄疸型及び力ニコーラ型、フィラリア感染症、猫汎白血球減少症、猫カリシウイル
ス感染症、猫ウイルス性鼻気管炎、猫白血病ウイルス感染症、狂犬病

とされています。この中に歯周病が含まれていないため、すでに歯周病にかかっていても加入は可能であると考えられます。

ほかのペット保険の特定疾病

【アニコム損保】引用:アニコム約款
犬パルボウイルス感染症、犬ジステンパーウイルス感染症、犬パラインフルエンザ感染症、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス2型感染症、狂犬病、犬コロナウイルス感染症、犬レプトスピラ感染症、フィラリア感染症、猫汎白血球減少症、猫カリシウイルス感染症、猫ウイルス性鼻気管炎および猫白血病ウイルス感染症
【アイペット】引用:アイペットHP「よくある質問
(1)悪性腫瘍 (2)慢性腎臓病 (3)糖尿病 (4)肝硬変(肝線維症)
(5)副腎皮質機能低下症(アジソン病)
(6)副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群) (7)甲状腺疾患
(8)免疫介在性血小板減少症 (9)免疫介在性溶血性貧血 
(10)巨大結腸症 (11)巨大食道症(食道拡張症) (12)膵外分泌不全
(13)猫伝染性腹膜炎(FIP) (14)猫白血病ウイルス感染症(FeLV)
(15)バベシア症 (16)ヘモプラズマ症(ヘモバルトネラ症)

となっています。

このことから多くの保険会社では歯周病の既往歴があっても保険の契約ができることがわかります。

また、保険会社にもよりますが、完治や経過観察ではない状態を一定期間(3~12ヶ月程度)維持することができれば、告知義務から外れるため

「歯周病を歯科治療を補償の対象外とする条件」無しでの加入ができる可能性が高い
ことも併せて覚えておくとよいでしょう。

 

告知違反はプロの専門家が調査する

病院の既往歴の告知は義務です。

違反すると…
契約の解除や保険金を受け取れない場合がある

どうしてもペット保険に入りたいからと事実を告知しなかったり、事実と異なることを告知してもバレてしまうのでやめておきましょう。

ただし保険会社によっては特定疾病があっても加入できる場合があります。

Q.現在病気で通院中ですが、今からでも申込みはできますか?
A.ご契約時(契約始期日時点)、またはそれ以前から治療中、もしくは経過観察中の病気・ケガがある場合につきましては、その内容や経過等により、お引受できかねる場合や、「その病気・ケガは保険の対象外」とする条件(特定傷病除外特約)をつけてお引受ができる場合もあります。
引用:アニコム損保HP「よくあるご質問
特定疾病の既往歴があるからとあきらめずに確認することも重要です。

犬や猫もかかる!歯周病はどんな病気か

歯周病は簡単に言うと

歯周病菌による感染症
です。菌が歯肉に感染することで歯の周囲組織が破壊され症状が現れます。
くわえて犬や猫の口内はアルカリ性なため歯垢が歯石化しやすい環境です。
そのまま放置すると歯周病菌は歯石に守られてしまい、症状は進行してしまいます。
さらに進行すると歯周病気は体内で感染し、全身に影響を及ぼします。

 

犬や猫の歯周病の原因は?

犬や猫の歯周病の原因は

口内の細菌バランスが崩れること
で起こります。

口内は歯周病菌だけでなく様々な菌のバランスで守られています。

デンタルケアを怠ると歯垢が付着し、歯垢に含まれる歯周病の原因となる細菌が増えてしまいます。

歯垢が付着し続けることで細菌のバランスが崩れて歯周病菌をおさえることができなくなり、歯の周囲組織が破壊され症状となって現れるのです。

ちなみに歯垢は3日で歯石に変わります。犬や猫の口内がアルカリ性であることから歯石化しやすいためです。
歯石は歯周病菌を覆ってしまい、さらに歯周病を進行させる手助けになってしまいます。

 

犬や猫の歯周病の症状は?

歯周病の症状は

・初期の炎症症状である「歯肉炎
・症状が進行し歯を支える骨まで破壊される症状である「歯周炎(歯槽膿漏)

と様々です。

【飼い主さんが気づく歯周病の症状】
・口臭がきつい
・歯肉の炎症
・口内炎
・口元を触ると嫌がる
・スムーズに食事ができない
・食欲が低下する
・よだれやくしゃみが出る

 

歯周病の症状①:口臭
飼い主さんが最も気づきやすい症状です。初期にも現れ

・ドブのようなにおい
・ザリガニのようなにおい

などと表現されます。

顔を近づけるのもためらわれるほどのきつい口臭で、進行すると同じ部屋にいるのもつらいほどの悪臭となります。

 

歯周病の症状②:下顎の骨折
小型犬に多い症状です。歯周病菌が顎の骨を溶かしてしまい、ちょっとの衝撃で骨折してしまいます。

小型犬に多い原因は、中~大型犬と比べて顎の骨が小さく薄いためです。

下顎の方が上顎よりも細い構造であることから、下顎の骨折が多くみられます。

 

歯周病の症状③:根尖周囲膿瘍(こんせんしゅういのうよう)
「根尖(こんせん)」とは歯の根っこの部分を指します。

根尖部やその周辺が化膿し、炎症がおきることによって膿の袋(膿瘍)が形成されます。

進行すると

・細菌の増殖によって口腔粘膜に穴が開いてしまう「内歯瘻(ないしろう)」
・目の下や顎の下などに穴が開く「外歯瘻(がいしろう)」
・口腔と鼻腔とを隔てる骨が溶けて両者がつながってしまう「口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)」

といった状態につながります。

口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)」ではくしゃみや鼻水など鼻炎のような症状が見られます。

下顎の骨折も根尖が化膿して骨が溶けることで起こります。

 

歯周病の症状④:心内膜炎・敗血症
歯周病の炎症で歯茎には傷ができてしまいます。

その傷から歯周病菌が血管に入り込み、全身へと侵入していき敗血症を引き起こします。

敗血症とは
体内にある細菌などが血液中に入り、全身に重篤な症状がおこった状態。普通は細菌などが血液中に流入しても免疫系の働きにより排除されるが、重度の感染症や犬の免疫力低下で細菌を排除する事が出来ずに菌が体内に滞在してしまう。

その結果心内膜症や腎不全を発症します。

歯周病と心内膜炎の関係は親密で、細菌感染を引き起こす歯周病の予防が重要だといわれています。

心内膜炎とは
僧帽弁や大動脈弁などの心臓の弁膜や、心臓の内側をおおう膜である心内膜に感染が起こる疾患。

 

犬や猫の歯周病の治療費・手術費用はいくら?

犬や猫の歯周病の治療費や手術費用は動物病院によって様々です。

アニコム「家庭どうぶつ白書2019」の調査によると

歯周病/歯肉炎(乳歯遺残に起因するもの含む)
・平均診察費 86,398円
・平均手術費 61,547円

・平均入院費 68,505円

となっています。

同調査内では歯周病/歯肉炎(乳歯遺残に起因するもの含む)は

・診察請求理由12位
・手術費・入院費請求理由1位

と、治療の件数が極めて多いことがわかります。

 

手術費用や治療内容の内訳は?

ある動物病院での治療費も参考にしてみましょう。

【歯石除去・抜歯あり】

治療内容費用
術前検査5,000円
全身麻酔10,000円
歯石除去(※スケーリング)7,000円
抜歯5,000円~20,000円

歯周病を治療するためには根本の原因である歯周病菌を取り除かなければいけません。そして歯周病菌の巣窟は歯垢や歯石です。

歯垢が原因の場合の治療方法
歯磨きなどで歯垢を除去し投薬で治療が可能

歯石が原因の場合の治療方法
手術で歯石を除去する方法が最も有効

歯石化まで進んでおらず歯垢の段階での治療であれば、歯磨き指導や投薬などの内科的治療で済むことから治療費も比較的安価です。

一方歯石を取り除くためには全身麻酔が必要なため、歯周病の歯石除去となるとその費用や術前検査が加算されます。

このことから歯石除去の費用は高額になることがわかります。

 

スケーリングで歯石を除去

歯石除去では超音波スケーラーを使って行います。

【歯石除去の手順】
・超音波スケーラーで歯石を除去
・歯と歯肉の間をきれいにして歯周病菌を取り除く
・歯の表面を滑らかにし、歯石が付きにくいようにポリッシングを行う

さらに歯周病が進行して歯石除去対象の歯が

・歯周ポケットが深い
・グラグラしている
・歯根感染が起こっている

などのケースがあります。そのような場合には予後を考えて抜歯します。

抜歯はただ歯を抜くだけでなく歯肉の奥まできれいにして歯肉を縫合します。
時間と手間がかかるため抜歯した本数分の費用がかかります。

 

犬や猫が歯周病と疑われる症状は?

犬や猫が歯周病と疑われる症状は

・口が臭い
・口をクチャクチャさせる
・歯肉が赤く腫れている・簡単に出血する
・歯がグラついている
・歯石・歯垢がついている
・固いものを食べなくなった
・口を掻く・痛がる
・食欲がおちる

などがあげられます。

特に猫はデリケートなため、歯周病で口に違和感があるとご飯を食べなくなる傾向があります。

また口元を気にするしぐさも多くみられるため、いつもと様子が違う場合は動物病院で診てもらうことをおすすめします。

ちなみに犬では歯周病でご飯を食べなくなったりすることは猫ほど見られません。
そのため犬の歯周病を確認するためには、歯垢や歯石の付着を目視することが早期発見につながるでしょう。

 

自宅でできる犬や猫の歯周病予防・対策|歯磨きでケアしよう

犬や猫の歯周病予防として最も有効なのは歯磨きです。

歯磨きの頻度は1日1回が理想、できれば3日に1回
行いましょう。歯垢が歯石化するのに3日かかるため、それまでに歯垢を除去することが目標です。
歯ブラシで歯と歯肉の間を磨くと歯周病予防になります。
歯ブラシが難しいようであれば歯磨きシートで歯をこするだけでも効果があります。
口を触らせてくれない子であれば歯磨きジェルをなめさせたり、飲み水に入れるリキッドタイプのデンタルケア用品もあります。
特に猫は嫌がる子が多く飼い主さんもケガをしやすいため、ペットに合わせてグッズを使い分けましょう。
歯磨きの方法

犬や猫の口元は敏感でデリケートな部分です。そのため最初からすんなり触らせてくれる子は少ないでしょう。

最初は口元を触られることに慣れさせてから道具を使った歯磨きを行います。

急に歯ブラシを使って無理やり歯磨きをしようとすると、恐怖心が増幅して二度と歯磨きをさせてくれなくなる可能性がある

ので要注意です。

 

ステップ①:口元を触られることに慣れさせる
犬や猫は個体差があるものの、生後4ヶ月から1歳までに永久歯に生え変わります。

生え変わった後すんなり歯磨きができるように、小さいころから飼い主さんがなでる延長線で口元も触れましょう

あくまでさりげなく自然に触るのがポイントです。

遊びながらどさくさに紛れて口元を触る方法もおすすめです。

 

ステップ②:歯を触る
口元に慣れてきたら唇をめくって歯を触ってみましょう。

指にペット用の歯磨き粉や歯磨きジェルを付けて歯を触ると、フレーバーのおかげで嫌がらずに触らせてくれる確率が上がります。

ペットが好きなフレーバーを選んでおくといいでしょう。

 

ステップ③:歯ブラシを使って歯を磨く
歯を触らせてくれるようになったら歯ブラシを使って歯を磨くことができます。

ペット用の歯ブラシや歯磨き粉で優しく
磨きます。

この時にも歯磨き粉はお気に入りのフレーバーを選んでおくと、歯磨きが楽しい時間に変わることでしょう。

奥歯は磨きづらいうえに一番歯垢が付着しやすい場所です。頬をめくって磨き残しがないようにしましょう。

ペットの負担を考えると歯磨きは短時間で行うことをおすすめします。
歯石化するのに3日かかるため、「今日は右側、明日は左側」など分けて磨いてもいいでしょう。
3日間の間ですべての歯を磨くことができれば歯周病予防に効果があるといえます。

 

ステップ④:褒めまくる
歯磨きが終わったら褒めてあげましょう。

歯磨きをするといいことがある
と覚えることで「歯磨き=いいこと」と関連付けさせます。
歯磨きが終わったら遊んであげてもいいでしょう。

ペットが喜ぶことを歯磨き後のご褒美にする方法で、毎日の歯磨きが楽にできるようになります。

 

歯周病と間違えやすい病気

歯周病と間違えやすい病気として次のようなものがあげられます。

・アレルギー
・エプリス

 

アレルギー
犬にもアレルギーがあり

・花粉
・ハウスダスト
・ノミの唾液
・プラスチック
・化学繊維
・食事中のタンパク質

などが原因としてあげられます。

多くは皮膚のかゆみや下痢などの症状が現れますが、まれに歯茎が赤くなることがあります。

 

エプリス
エプリスとは「口腔内腫瘍」や「歯肉腫」とも呼ばれます。発症の原因は不明で、歯肉に生じた増殖性腫瘤を総称したものを言います。

症状は

・餌を食べづらそうにしている、よく噛めていない
・涎の量が増える、涎に血液が混じっている
・口臭が強くなる

など歯周病とよく似ています。

良性であることも多い一方悪性である場合は骨にまで進行してしまい、顎骨ごと切除するような外科的治療も必要になる場合があります。

よくある質問

我が家の猫が歯石除去を行いました。ペット保険の補償対象ですか?

歯石除去が何を目的として行ったか」と「保険会社」によって補償対象になるか否かが変わってきます。
保険会社の契約によっては、歯石除去が歯周病などの歯科治療対象であれば補償されることがあります。
一方で歯石除去が予防目的の場合、ペット保険では補償されません。
対象の保険会社に問い合わせることをおすすめします。

犬は絶対に虫歯にならないでしょうか?

犬は
・口内がpH8~9の弱アルカリ性である
・唾液(だえき)成分に含まれるアミラーゼが非常に少ない(アミラーゼはデンプンを糖に分解する時に必要な酵素)
・歯が尖った形状をしており、歯の表面に虫歯菌が付着しにくい
ことから虫歯になりにくいといわれています。
ただし絶対ではなくまれに虫歯(う蝕)になることもあり、カナダでの獣医歯科記録の分析ではその割合は5.3%との報告があります。

ペット保険は必要?

ペットには公的な保険制度がありません。そのため治療費の自己負担額は100%です。

もしもの時に、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に加入することをおすすめします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

 

ペット保険比較表や記事を活用するのがおすすめ!

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

 

【ペット保険で歯周病は補償される?抜歯も保険適用や治療費も解説!】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・犬や猫の歯周病の原因
・犬や猫の歯周病の症状
・犬や猫の歯周病の治療費や手術費用
について解説してきました。
犬や猫の歯周病は私たちが思っている以上に厄介で、ペットの命を脅かすものでもあります。
歯磨きをしていても磨き残しがあれば歯周病にかかることもあるため、もしもの時のためにもペット保険に加入しておくことは重要です。
ペット保険比較アドバイザーではペット保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。