× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する

リトルファミリー少額短期保険の保険料は安い?高齢時の保険料はいくら?

2023年11月9日

リトルファミリー

リトルファミリー少額短期保険の保険料は安い?高齢時の保険料はいくら?サムネイル
補償が手厚く保険料が安いことで評判のリトルファミリー少額短期保険。
ペット保険はペットが高齢になるにつれて保険料がどんどん上がっていきますが、リトルファミリー少額短期保険はシニアになっても保険料が安いのが特長です。

この記事では

・リトルファミリーの保険料の特長
・リトルファミリーの保険料
・リトルファミリーの保険料に関する口コミ
について解説します。
最後までお読みいただければ、「リトルファミリー少額短期保険の保険料」についてわかるようになっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


「リトルファミリー少額短期保険」とは

リトルファミリー少額短期保険(以下:リトルファミリー)は、月額1,270円から手厚い補償を受けられるペット保険です。

プランは通院・入院・手術を補償するフルカバー型の「わんデイズ・にゃんデイズ」のみ。補償割合は「50%のプラン」と「70%のプラン」の2種類となっています。

 

【リトルファミリー】保険料の特長

リトルファミリーは、他社と比べて保険料の値上がりスピードが緩やかなのが特長です。

ここでは、リトルファミリーの保険料の特長を3つ紹介していきます。

 

特長その1:保険料は3歳ごとに上がる

リトルファミリーの保険料は、3歳おきに上昇していきます。

他社は1歳おきに保険料が上がっていくところが多く、シニアになると急激に料金が高くなるところもあります。

しかしリトルファミリーの場合は、保険料の上昇スピードが緩やかで、シニアの保険料も比較的リーズナブルです。

リトルファミリーは、お手頃価格で手厚い補償を受けたいと思っている人におすすめのペット保険と言えます。

 

特長その2:リーズナブルな保険料で通院までカバーされる

リトルファミリーは安い保険料で、通院・入院・手術までをフルカバーしてくれます。

保険料が安いにも関わらず、支払回数が無制限で支払限度額まで何度でも保険料を受け取れるのも嬉しいポイントです。

回数制限や日額制限がないため、例えば入院と手術をして数十万円の支払いが必要になっても、十分な保険金を受け取れます。

年間限度額は120万円で、他社と比べても十分な金額です。

限度額が120万円もあれば、骨折や病気などで複数回の手術が必要になった場合でも、安心してペットに治療を受けさせてあげられるでしょう。

 

特長その3:保険料の支払いは「月払い」だけ

リトルファミリーの支払い方法は、クレジットカードによる「月払い」のみとなっています。

他社では月払いと年払いの2種類を用意しているケースがほとんどで、年払いだといくらか割引されることも。

ただ、リトルファミリーの保険料は他社と比べてかなりリーズナブルなので、年払いの割引がなくても十分コスパに優れていると言えるでしょう。

【リトルファミリーの保険料】小型犬

リトルファミリーの各プランの保険料です。

まずは小型犬の保険料一覧からみていきましょう。

小型犬は飼育頭数が多いこともありますが、病院に来る子のほとんどが小型犬です。

体が小さい小型犬は、ひざのお皿がずれる「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」や軟骨が石灰化する「軟骨形成不全(なんこつけいせいふぜん)」になりやすいとされています。

また年を取ると「心不全」や心臓の血液が逆流する「心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)」にもかかりやすくなるため注意が必要です。

小型犬は中型犬や大型犬よりも寿命が長い傾向にあるため、保険料の値上がりスピードが緩やかなペット保険を選ぶといいでしょう。

ペット年齢

プラン70プラン50
月払月払
0~2歳1,820円1,450円
3~5歳2,010円1,590円
6~8歳2,210円1,730円
9~11歳2,600円2,010円
12~14歳3,230円2,460円
15~17歳4,100円3,080円
18歳以上4,200円3,150円
小型犬一覧
アーフェンピンシャー
イタリアン・グレーハウンド
オーストラリアン・シルキー・テリア
オーストラリアン・テリア
ダックスフンド(カニーンヘン)
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
キング・チャールズ・スパニエル
ケアーン・テリア
シー・ズー
シーリハム・テリア
ジャック・ラッセル・テリア
スカイ・テリア
スキッパーキ
ダンディ・ディンモント・テリア
チベタン・スパニエル
チャイニーズ・クレステッド・ドッグ
チワワ|狆(ちん)
トイプードル
トイ・マンチェスター・テリア
日本テリア
ノーフォーク・テリア
ノーリッチ・テリア
パグ
パピヨン
ビション・フリーゼ
プチ・ブラバンソン
ブリュッセル・グリフォン
ペキニーズ
ボーダー・テリア
ポメラニアン
ボロニーズ
マルチーズ
マンチェスター・テリア
ミニチュア・シュナウザー
ミニチュア・ダックスフンド
ミニチュア・ピンシャー
ミニチュア・プードル
ヨークシャー・テリア
ラサ・アプソ
レークランド・テリア
ワイアー・フォックス・テリア
ティーカップ・プードル
6kg未満(生後満8ヶ月未満)
8kg未満(生後満8ヶ月以上)

 

【リトルファミリーの保険料】中型犬

次は中型犬の保険料一覧です。

中型犬は体力があり、とてもパワフルな子が多いです。

ただ、パワフルゆえに骨折したり関節を痛めたりしてしまう子も…。

整形の疾患は定期的な通院で治療するのが基本なので、通院補償があるペット保険を選ぶ必要があります。

ペット年齢

プラン70プラン50
月払月払
0~2歳2,440円1,900円
3~5歳2,870円2,210円
6~8歳3,300円2,520円
9~11歳3,940円2,980円
12~14歳4,980円3,720円
15~17歳5,800円4,310円
18歳以上5,970円4,440円
中型犬一覧
アメリカン・コッカー・スパニエル
アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
アメリカン・フォックスハウンド
イングリッシュ・コッカー・スパニエル
イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
ウィペット(ホイペット)
ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
ウェルシュ・コーギー・カーディガン
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル
ウェルシュ・テリア
エアデール・テリア
オーストラリアン・キャトル・ドッグ
オーストラリアン・ケルピー
オーストラリアン・シェパード
甲斐犬
キースホンド
紀州
ケリー・ブルー・テリア
コーイケルホンディエ
コリア・ジンドー・ドッグ
サモエド
サルーキ
シェットランド・シープドッグ
四国犬
柴犬
シャー・ペイ
ジャーマン・ショートヘアード・ポインター
ジャーマン・ワイヤーヘヤード・ポインター
スコティッシュ・テリア
スタッフォードシャー・ブル・テリア
スタンダード・シュナウザー
ダックスフンド(スタンダード)
プードル(スタンダード)
チベタン・テリア
チャウ・チャウ
日本スピッツ
バセット・ハウンド
バセンジー
ビアデッド・コリー
ビーグル
プーミー
プーリー
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン
ブリタニー・スパニエル
ブル・テリア
フレンチ・ブルドッグ
ベドリントン・テリア
ボーダー・コリー
ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ
ボストン・テリア
北海道犬
ポリッシュ・ローランド・シープドッグ
プードル(ミディアム)
ミニ・オーストラリアン・ブルドッグ
ミニチュア・ブル・テリア
6kg以上かつ20kg未満(生後満8ヶ月未満)
8kg以上かつ25kg未満(生後満8ヶ月以上)

 

【リトルファミリーの保険料】大型犬

続いて大型犬の保険料一覧です。

大型犬は成長スピードが早く、骨格の大きさに対して心臓が小さいため、日常的に心臓へ負担がかかっています。

そのため、「拡張型心筋症」にかかりやすいとされています。

また、急速に大きく成長する大型犬は「股関節形成不全」にもかかりやすいとされているため要注意です。

大型犬は、小型犬や中型犬よりも寿命が短いとされていますが、最近は飼育環境やフードの品質向上により、寿命がどんどん伸びてきています。

大型犬のペット保険は、シニアになっても保険料が安く、通院・入院・手術までを補償してくれる保険に入るのがおすすめです。

ペット年齢

プラン70プラン50
月払月払
0~2歳3,000円2,290円
3~5歳3,670円2,770円
6~8歳4,330円3,240円
9~11歳5,200円3,860円
12~14歳6,430円4,740円
15~17歳7,370円5,410円
18歳以上7,620円5,590円
大型犬一覧
アイリッシュ・ウルフハウンド
アイリッシュ・セター
秋田犬
アフガン・ハウンド
アメリカン・ピット・ブルテリア
アラスカン・マラミュート
イングリッシュ・セター
イングリッシュ・ポインター
オールド・イングリッシュ・シープドッグ
カーリーコーテッド・レトリーバー
グレート・デーン
グレート・ピレニーズ
グレーハウンド
コーカサス・シープドッグ
ゴードン・セター
ゴールデン・レトリーバー
ラフ・コリー
シベリアン・ハスキー
ジャーマン・シェパード・ドッグ
ジャイアント・シュナウザー
セント・バーナード
ダルメシアン
チェサピーク・ベイ・レトリーバー
チベタン・マスティフ
ドーベルマン
ドゴ・アルヘンティーノ
土佐犬
ナポリタン・マスティフ
ニューファンドランド
バーニーズ・マウンテン・ドッグ
ハリア
ブービエ・デ・フランダース
フラットコーテッド・レトリーバー
ブルドッグ
ブル・マスティフ
ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール
ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン
ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリアノ
ボクサー
ボルゾイ
ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ
マスティフ
ラージ・ミュンスターレンダー
ラブラドール・レトリーバー
レオンベルガー
ローデシアン・リッジバック
ロットワイラー
ワイマラナー
20kg以上(生後満8ヶ月未満)
25kg以上(生後満8ヶ月以上)

 

【リトルファミリーの保険料】猫

最後は猫の保険料の一覧です。

猫は、種類による保険料の差はなく一律となっています。

猫は犬よりも平均寿命が長く、15歳くらいまで生きる子もたくさんいます。

そのため、猫のペット保険を選ぶときは、10歳以上の保険料が安いものを選ぶのがいいでしょう。

猫は腎臓疾患を抱える子が多いので、具合が悪そうだなと感じたら、すぐに獣医師に見てもらってくださいね。

ペット年齢

プラン70プラン50
月払月払
0~2歳1,580円1,270円
3~5歳1,800円1,430円
6~8歳2,010円1,590 円
9~11歳2,360円1,830 円
12~14歳2,920円2,230円
15~17歳3,680円2,780円
18歳以上3,810円2,870 円

【リトルファミリーの保険料】SNSでの評判と口コミ

ここでは、リトルファミリーを実際に利用したことがあるユーザーからの評判を紹介していきます。

 

良い口コミ評判 ①保険料が安く免責もない

リトルファミリーの口コミでは、「保険料が安い」という声が目立ちました。

リトルファミリーは免責金額がないため、ちょっとのことでも気軽に動物病院を受診できるのが嬉しいポイントです。

免責金額
実際に病気や怪我で治療費が発生した場合に、契約者が必ず支払う最低限の金額になります。
免責金額は実質的に補償の対象外の金額を指します。免責金額が設定されていると、受け取れる保険金にも差が生じます。
【例】
治療費:1万円
補償割合:70%
免責金額:3000円
受け取れる保険金:(10000円-3000円)×70%=4900円
自己負担額:5100円つまり、この場合ですと補償割合が70%であっても自己負担額は50%を越えます。
「一回の支払いは大したことはないが、何回も通院をしなければならない萬世疾患等の治療」では免責金額が飼い主の大きな負担になる場合があります。

良い口コミ評判 ②保険金の振り込みが早い

リトルファミリーのパンフレットでは、必要書類の得着から30日以内に保険金をお支払いするとありますが、実際にはもっと早いようです。

ご請求いただいた内容の確認が完了次第、迅速にお支払いいたします。なお、請求内容に関して照会等が
必要な場合はお支払いまでにお時間を頂戴する場合がございますが、原則、当社にて保険金請求情報の
到着を確認させていただいた日から30日以内にお支払い※1します。
引用:リトルファミリー

リトルファミリーは窓口精算ができないので、治療費は一旦全額負担し、後日申請をすると保険料が口座に振り込まれます。

ペットの治療費は数万円かかることも多いため、できるだけ早く保険金が振り込まれたほうが安心ですよね。

悪い口コミ評判 ①歯の治療は対象外

リトルファミリーは、歯科治療および口腔外科治療(歯石取り、歯切り/歯削り(不正伵合を含みます) )が補償対象外となっています。

犬や猫の多くはシニアになると歯周病を発症するケースが多いため、歯科治療が補償対象外となっているのはデメリットと言えるでしょう。

しかし、歯周病は飼い主のケアでもある程度予防できる病気になります。歯周病を補償の対象外にしていることで保険料が安くなっているというメリットもあります。

きちんとうちの子の歯周病ケアをしている飼い主様にとっては「歯周病が補償の対象だが、保険料は高いペット保険」よりも「歯周病が補償対象外で保険料が安く、その他の補償は充実しているペット保険」に加入するメリットがあります

 

よくある質問

リトルファミリー少額短期保険の保険の請求方法を教えてください。

公式サイトにログインし、マイページの「保険金請求」をクリックします。スマートフォンで事前に撮影した必要書類(診療明細書または治療費の支払いを証明する明細付きの領収書、診療を受けた子の写真)をアップロードしましょう。ご請求内容の審査が完了次第、ご指定の口座へ保険金が振り込まれます。

リトルファミリー少額短期保険の待機期間はどれくらいですか?

リトルファミリーに待機期間(免責期間)はありません。

ペット保険は必要?

ペットには公的な保険制度がありません。そのため治療費の自己負担額は100%です。

もしもの時に、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に加入することをおすすめします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

ペット保険比較表や記事を活用するのがおすすめ!

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

【リトルファミリーの保険料】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・リトルファミリーの保険料の特長
・リトルファミリーの保険料
・リトルファミリーの保険料に関する口コミ
について解説してきました。
リトルファミリーは、安い保険料で手厚い補償が受けられるペット保険です。
保険料の値上がりスピードもゆっくりなので、シニアになっても安心してペット保険を継続できます。
ペットの寿命が伸びてきている中、シニアでも保険料が安いリトルファミリーはコスパに優れたペット保険会社と言えるでしょう。
ペット保険比較アドバイザーではペット保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。
募集番号:(2023年9月承認)2023T011