× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」について徹底解説!口コミも!

ペット保険に加入する前に、様々な情報を知っておくことは飼い主としてとても重要なことです。

保険の内容や特長はもちろんのこと、メリットやデメリットを確認しておいたほうが良いでしょう。

ここではペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」の内容や特長、メリット・デメリットについて解説いたします。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」の補償内容

ペット&ファミリー損保は、太陽生命や大同生命と同じく、T&D保険グループの一員です。

ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」は犬や猫の通院や入院、手術を補償してくれるフルカバータイプの保険です。

保険プランはプラン50とプラン70の2つがあり、概要は以下のようになっています。

プラン70プラン50
補償割合70%50%
通院限度額(1日当たり)制限なし制限なし
限度日数(年間)
入院限度額(1日当たり)制限なし制限なし
限度日数(年間)
手術限度額(1日当たり)制限なし制限なし
限度日数(年間)
年間最大補償額(全て合わせて)70万円50万円
免責金額(1日当たり3,000円3,000円

ペット保険の多くは限度額や限度日数が決まっているものが多いのですが、ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」では年間最大補償額以内であれば、金額と回数ともに無制限で利用できます。

また、休日や夜間に診療をすると発生する時間外診療費が補償対象となっているのも大きな特長の1つです。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」の保険料は?

ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」の保険料は犬の体重と年齢によって変動しています。

お支払いはクレジットカードと口座振替から、支払い回数は月払と年払の2つから選ぶことができます。(口座振替は郵送申し込みの場合のみ)

ここでは犬の体重別と猫の保険料をご紹介します。

小型犬(体重7.2㎏以下)

プラン70プラン50
月払年払月払年払
0歳1,790円19,040円1,550円16,100円
1歳1,530円15,870円1,360円13,830円
2歳1,640円17,230円1,440円14,800円
3歳1,820円19,280円1,560円16,270円
4歳2,140円23,200円1,800円19,070円
5歳2,280円24,850円1,900円20,250円
6歳2,440円26,740円2,010円21,600円
7歳2,670円29,550円2,180円23,610円
8歳2,950円32,930円2,380円26,020円
9歳3,230円36,210円2,570円28,360円
10歳以上3,530円39,910円2,790円31,010円

中型犬(体重7.2kg超~19.8kg以下)

プラン70プラン50
月払年払月払年払
0歳2,240円24,380円1,870円19,910円
1歳1,820円19,380円1,570円16,340円
2歳2,000円21,520円1,700円17,870円
3歳2,270円24,760円1,890円20,180円
4歳2,790円30,930円2,260円24,590円
5歳3,000円33,520円2,410円26,440円
6歳3,250円36,500円2,590円28,570円
7歳3,620円40,930円2,850円31,730円
8歳3,760円42,620円2,950円32,940円
9歳3,870円43,930円3,030円33,880円
10歳以上4,000円45,560円3,130円35,040円

大型犬(体重19.8kg超~39.6kg以下)

プラン70プラン50
月払年払月払年払
0歳2,870 円31,950円2,320円25,320円
1歳2,240円24,370円1,870円19,910円
2歳2,510円27,620円2,060円22,230円
3歳2,920円32,530円2,350円25,730円
4歳3,700円41,900円2,910円32,430円
5歳4,030円45,830円3,140円35,230円
6歳4,160円47,370円3,240円36,330円
7歳4,270円48,700円3,320円37,280円
8歳4,440円50,820円3,440円38,800円
9歳4,580円52,450円3,540円39,960円
10歳以上4,750円54,480円3,660円41,420円

特大犬(体重39.6㎏超)

プラン70プラン50
月払年払月払年払
0歳3,970円45,150円3,100円34,750円
1歳2,960円33,070円2,380円26,120円
2歳3,400円38,250円2,690円29,820円
3歳4,050円46,080円3,160円35,410円
4歳5,290円61,010円4,050円46,080円
5歳5,820円67,280円4,420円50,560円
6歳6,060円70,220円4,600円52,650円
7歳6,280円72,840円4,750円54,520円
8歳6,610円76,780円4,990円57,340円
9歳6,870円79,960円5,180円59,610円
10歳以上7,190円83,830円5,410円62,380円

猫(体重制限なし)

プラン70プラン50
月払年払月払年払
0歳1,690円17,810円1,480円15,220円
1歳1,390円14,230円1,260円12,660円
2歳1,590円16,620円1,410円14,370円
3歳1,730円18,280円1,500円15,560円
4歳1,830円19,500円1,580円16,430円
5歳1,960円20,990円1,670円17,490円
6歳2,060円22,180円1,740円18,340円
7歳2,170円23,600円1,820円19,350円
8歳2,320円25,340円1,920円20,600円
9歳2,430円26,670円2,000円21,550円
10歳以上2,560円28,170円2,090円22,620円

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」のリアルな口コミと評判

ペット保険の内容や特長を理解しても、やはり口コミや評判が気になるものです。

実際に利用してみた感想は経験者にしかわかりません。

ここでは実際にあるペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」の口コミをご紹介しますので、ペット保険を選ぶ1つの選択肢として参考にしてみてください。

うちの猫が病気で手術が必要になったことがありました。その時にかかった治療費は入院費も込みで数十万円…。正直保険に入ってなかったらかなり厳しいと思います。保険金請求をしたら2週間ほどで入金されたので、とても助かりました。この先通院なども必要になってきますが、ペット保険のおかげで満足のいく治療を受けさせてあげられます。
うちの犬が夜中に急に嘔吐したのであわてて病院へ行きました。他のペット保険では時間外診療費の補償がないのに、ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」では補償対象なんです!あまり大きな額ではないけれど、補償があるのとないのとでは気持ち的にも大きく違ってきます。他のペット保険と比べてもよいところがたくさんあると思います。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」のメリットを口コミとあわせて紹介!

現在ではペット保険は数多く存在しています。

ペット保険を選ぶ際には、他のペット保険と比べてどんなメリットがあるのかは事前に確認しておきたいものです。

ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」では、以下のメリットがあげられます。

・補償範囲が広い
・10歳以上は保険料が一定
・サービスが充実
・1日の支払限度額がない
では、1つずつ詳しく内容を確認してみましょう。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」のメリット①:補償範囲が広い

上記で先に解説した時間外診療費以外にも、保険金請求に必要になる診断書などの作成費用もペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」では補償対象です。

時間外診療費や診断書の作成費用はそれほど高いものではありませんが、回数を重ねていくと飼い主さんの負担になってしまいます。

また、犬や猫がかかりやすい以下の病気も補償対象になっています。

・膝蓋骨脱臼(パテラ)
・椎間板ヘルニア
・僧帽弁閉鎖不全症
・腎不全
・尿路結石症
・心筋症
・糖尿病
・歯科治療 等※保険金のお支払い対象とならない治療費がありますので、詳しくは重要事項説明書等をご覧ください。
ペット保険の中には膝蓋骨脱臼(パテラ)や椎間板ヘルニア、歯科治療などペットがかかりやすい病気が対象外になっているものも数多くあります。
これはペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」の大きなメリットです。
ペット保険に加入する前に、補償内容についてきちんと確認しておくようにしましょう。
うちの子はチワワなのですが、膝蓋骨脱臼(パテラ)になってしまいました。大きくなって急に歩き方がおかしくなったのですが、症状が軽かったため保存治療となり、数か月に一度通院しています。後から知ったのですが、膝蓋骨脱臼(パテラ)を補償しているペット保険はあまりない、とのことだったので、ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」に加入していてよかったです。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」のメリット②:10歳以上は保険料が一定

先に上記でご紹介した保険料の表は10歳以上から下の欄がありません。

これは10歳以上になると保険料が上がらないことを意味しています。

ペット保険の多くは年齢を重ねるごとに保険料が上がっていき、それは10歳以上になっても変わりません。

多くの治療費が必要になる高齢犬になればなるほど、保険料も高くなっていくので、飼い主さんには大きな負担です。

ペットに元気に長生きしてもらうためにも、10歳以上になっても保険料が上がらないのは大きなメリットになります。※商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。

ペット保険の契約後に発症した病気やケガに対して、それを理由に保険継続不可や補償対象外にすることもありません。

また、前年度に多額の保険金を使っても保険料が上がることはありません。

ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」は終身まで利用することができるので、安心して一生涯加入し続けられます。

ペット保険は高齢になればなるほど保険料が上がるところが多いです。高齢になるとさまざまな病気やケガのリスクが増えるのでペット保険に加入しておきたいところですが、高い保険料は飼い主としてやはりネックとなります。その点、ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」は保険料が上がらないので安心して利用ができます。やっぱり家族の一員であるペットには元気に長生きしてほしいですしね

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」のメリット③:サービスが充実

ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」は病気やケガの補償以外にも、契約者向けのサービスが数多くあります。

・T&Dクラブオフ
・ワンニャン相談室
T&Dクラブオフでは、全国の宿泊施設やレジャー施設、飲食店、映画館、レンタカー、ショッピングなどで、会員価格の割引が受けられるサービスです。
もちろん、ペット用品やペットと宿泊できる施設でも利用できます。
ワンニャン相談室はペットに関する悩みを資格を持つ専門アドバイザーに無料で相談できるサービスです。
相談内容はペットの体調不良やしつけ、動物病院の紹介などさまざまです。
ペットと暮らしていると些細なことでも気になることが出てくるので、このようなサービスは飼い主さんにとってうれしいサービスではないでしょうか。
また、契約内容の変更や保険金請求手続きの申込みをWeb上で行うこともできます。
ペット保険での病気やケガの補償以外にも上記のようなサービスを受けられるところはあまりありません。
ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」でこのようなサービスを受けられるのは、T&D保険グループという大きな保険会社グループの1つであるためです。
うちの犬があまり元気がなくて、病院に行くかどうかを悩んでいた時に電話で相談しました。お話した方が犬の心配をしてくれただけでなく、症状を詳しく聞いてくれて、病院に行く目安の確認方法や休日でも対応してくれる動物病院の紹介もしてくれました。結果としては軽い脱水症状で、教えていただいた動物病院で処置をしてもらったことですぐ元気になりました。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」のメリット④:1日の支払限度額がない

先にご紹介した通り、ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」は通院や入院、手術において年間最大補償額内であれば金額や回数は無制限です。

しかし、多くのペット保険は上限金額や利用限度日数が定められています。

アニコム損保(ふぁみりぃ70%プラン)ペットメディカルサポート(70%補償
プラン)
アイペット損保(うちの子70%プラン)
通院日額上限14,000円10,000円12,000円
限度日数20日20日22日
入院日額上限14,000円20,000円30,000円
限度日数20日30日22日
手術支払限度額140,000円(1回あたり)100,000円150,000円
(1回あたり)
限度回数2回2回(2回目は、1回目の
原因と異なる
手術に限る)
2回
このように上限金額や上限回数が定められていると、保険会社の定めている年間最大補償額に達していない場合でも上限を超えてしまうと、保険の補償を受けることはできません。
特に慢性的な病気になってしまうなど何度も通院が必要になると、あっという間に通院の限度回数を上回ってしまうことがあります。
また、入院日数を超えることや、手術が何度も必要になることも考えられます。
ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」では上限金額や回数を気にすることなく利用できるため、安心して利用できます。
ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」を選んでよかったことは、やはり「保険料が安いのに補償が手厚い」ことです。他のペット保険は年間の補償限度額に達していなくても、限度回数を使ってしまえばそのあとの補償は受けられません。うちの犬は糖尿病なので何度も通院しなくてはいけないのですが、通院のたびに保険金を受け取ることができるのでとても助かっています。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」のデメリットを口コミとあわせて紹介!

これまではペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」の良いところばかりをピックアップしてきました。

しかし、ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」にもデメリットに感じられるところがあります。

・待機期間や免責金額がある
・新規加入可能年齢が限られている
・窓口精算ができない
ここでは上記のデメリットに関して口コミも合わせてご紹介します。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」のデメリット①:待機期間がある

ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」には待機期間が設定されています。

待機期間とは保険に新規加入してから一定期間保険の対象にならない期間で、以下の3つが定められています。

・15日以内に発生したケガ
・30日以内に発症した病気(がんを除く)
・90日以内に発症したがん

待機期間に発症した病気やケガが継続治療となった場合、それが待機期間を過ぎていたとしても補償対象外となってしまいます。

ペット保険の多くはこのような待機期間が設けられているものが多いですが、日数の設定は会社により異なります。

また、ペット保険会社によっては待機期間なく保険の利用ができるものもありますので、一刻も早く補償を受けたい方からするとデメリットに感じられるかもしれません。

ペット保険に加入したらすぐ利用できるものだと思っていたら、1か月の待機期間がありました。おかげで保険に加入したてで軽いけがにより通院した分の治療費は保険の対象にならず…。今回は大きな病気やケガじゃないだけよかったけど、なんだか不親切に感じました。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」のデメリット②:免責金額がある

免責金額とは保険金を請求するたびに発生する自己負担金額のことです。

ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」では、通院や入院に関して1日当たり3,000円の免責金額を負担しなくてはいけません。

また、治療費が3,000円に満たない場合は保険金を受け取ることができません。

このような免責金額が設定されていないペット保険も存在しています。

しかし、ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」など免責金額が設定されている保険は、その分保険料が安く設定されているので、仕方がないのかもしれません。

大きなケガや病気ではなく、ちょっとしたものだと病院の治療費が数千円で済むことが結構あります。3,000円の免責金額があると、支払われる保険金も少ないから申請する意味があんまりないような気がして…。免責金額の設定されてない保険にしようか少し考えてしまいます。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」のデメリット③:新規加入可能年齢が限られている

ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」に新規で加入する場合、生後45日以上で7歳11か月(8歳未満)までの年齢制限に当てはまっている必要があります。

一度加入してしまえば終身で継続することが可能です。

犬や猫がシニア期と言われるのが8歳以降で、シニア期以降のほうが病気やケガのリスクが高くなります。

ペット保険の中には高齢で加入できる保険もありますが、補償内容が薄かったり保険金が高く設定されていることもあります。

ペット保険に加入するのであれば、若くて健康なうちに加入しておく必要があるのです。

若いうちはあまり病気やケガをしなかったのでペット保険の保険料がもったいなくて加入を躊躇していました。シニア期に入った8歳以降でいいか、と思っていたらほとんどのペット保険に加入できなくて…。もっと早くペット保険に加入しておけばよかったと後悔しました…。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」のデメリット④:窓口精算ができない

ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」は人間の保険証のようなものがないため、窓口精算ができません。

一度動物病院で治療費の全額を支払い、以下の書類をペット&ファミリー損保に郵送する必要があります。

・領収書類(診療明細付)
・保険金請求書兼同意書
保険金請求書兼同意書はペット&ファミリー損保のマイページから印刷するか、ペット&ファミリー損保から郵送されてきた書類に、保険金の振込口座や補償対象の疾患などを飼い主さん側で記入したものです。
郵送した書類に不備がなければ、ペット&ファミリー損保に書類が到着後20日以内に保険金が指定口座に振りこまれます。
ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」では日本全国どこの動物病院の診療であっても保険を利用することができますが、一度は高額な治療費を支払う必要があったり、書類を記入して郵送するなどの手間がかかります。
ペット保険の中には保険証を作成できるものがあり、対応している動物病院であれば窓口精算できるものもあります。
しかし、保険料が高かったり上限利用金額や回数が定められているところもあるので、飼い主さんがよく考えてペット保険を検討することが重要です。
ペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」は保険料も安く補償内容も充実しているので、個人的には満足度の高いペット保険です。しかし、いちいち保険金の請求に書類を郵送しなくてはいけないのは手間です。窓口精算できるか、せめてWeb上で手続きを完結できるようにしてほしいです。特に通院が何度もあると、そのたびに請求するのが面倒なので…。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」の気になる質問にお答え!

ここまでペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」の内容や特長について詳しく紹介してきました。

ここではペット&ファミリー損保の「げんきナンバーわんスリム」に対してよくある以下の質問について解説していきます。

・ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」の加入条件は?
・ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」で補償対象外となる場合は?
・ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」の解約方法は?
では詳しく内容を確認してみましょう。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」の加入条件は?

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」に加入するためには以下の条件に当てはまる必要があります。

・日本国内のご家庭で飼育している犬や猫
・原則として健康体
・生後45日〜満7歳まで
また、以下の条件に当てはまる場合はペット保険に加入することができません。
・ペットショップやブリーダー等が繁殖や売買目的で飼育している犬や猫
・闘犬または競争犬等の興行目的で飼育されている犬や猫
・警察犬・麻薬犬・救助犬または狩猟犬等の職業犬(盲導犬・聴導犬・介助犬等の身体障害者補助犬は加入可能)
・過去に、指定の病気と診断されたり、治療を受けたことのある犬や猫
・原則として、現在病気にかかっておらず健康体であること
指定の病気とは以下のものになります。
・悪性腫瘍(ガン)
・腎不全
・糖尿病
・肝不全
・肝硬変
・副腎皮質機能低下症・亢進症
・甲状腺機能低下症・亢進症
・免疫介在性溶血性貧血
・巨大食道症(食道拡張症)
・膵外分泌不全
・猫伝染性腹膜炎
・猫白血病ウイルス感染症
・猫免疫不全ウイルス感染症
・特発性てんかん
・水頭症
ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」に加入する前にペットが加入条件に当てはまっているかどうかを確認しておくようにしましょう。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」で補償対象外となる場合は?

ペット保険では動物病院で診療を受ければそのすべてが補償対象になるわけではありません。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」では以下の内容のものは免責事由となり補償対象外となるので、事前に確認しておきましょう。

・契約者・被保険者等の行為によるもの
・自然災害等によるもの
・既往症や先天性疾患等によるもの
・予防接種をすることで予防可能な感染症
・猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症(猫エイズ)
・予防接種や健康診断等の予防医療
・サプリメントや処方食などの医薬品以外に処方されたもの
・避妊手術や去勢手術、歯石除去等治療に該当しないとされるもの
・出産
・早産
・流産
また、以下のものはケガや病気に当たらないとされていますが、健康回復のために必要な治療である場合や緊急性を伴うものである場合は保険金のお支払い対象となります。
・臍ヘルニア
・そけいヘルニア
・停留睾丸
・乳歯遺残(不正咬合を含みます)
・偽妊娠
・帝王切開による出産
このように補償対象外となるものは数多くあります。
各ペット保険にはこのように補償対象外となるものが設定されていますので、事前にHPや重要事項説明書で十分に確認しておくようにしましょう。

ペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」の解約方法は?

ペットが亡くなった場合はWeb上のマイページにログインすることで解約のお手続きが可能です。

継続する時期に解約する場合は、継続案内に同封されているハガキで解約手続きを行えます。

継続途中での解約は以下の電話番号に連絡をしてお手続きをしてください。

・0120-584-412(土日・祝日および12/30~1/4を除く9:00~17:00 )
また、契約申込み後、申込日を含めて8日内であればクーリングオフをすることが可能です。

まとめ

今回はペット&ファミリー損保「げんきナンバーわんスリム」の内容や特長、メリット・デメリットなどについて詳しく解説しました。

ペット保険は各社内容がさまざまです。

飼い主さんはペット保険に加入する前にしっかり内容を確認し、加入してから後悔のないようにすることがとても重要です。

募集文書番号:23D151-240325