× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • 犬の保険
  • 神経質な犬はどんな性格?飼い主の接し方や落ち着かせるポイントとは

神経質な犬はどんな性格?飼い主の接し方や落ち着かせるポイントとは

2024年5月15日

犬の保険

神経質な犬はどんな性格?飼い主の接し方や落ち着かせるポイントとはサムネイル
犬は人間と同様にそれぞれ性格が違うため、神経質な性格の犬も存在します。
神経質な性格の犬には、どのように接してあげればよいのでしょうか。

この記事では

・神経質な犬の特徴
・神経質な犬への上手な接し方
・神経質な犬を落ち着かせる方法
について解説します。
最後までお読みいただければ、神経質な犬についてわかるようになっていますので、ぜひ参考にしてください。

神経質な犬の特徴

犬種についてインターネットや本などで調べると「この犬種は朗らかで人懐っこい」「飼い主に従順」などといった犬の性格の特徴を見ることができます。

しかし、いざ飼ってみると、怖がりだったり神経質だったりするケースがあります。

神経質な性格の犬には以下のような特徴があります。

犬が安心して快適に過ごせるよう、神経質な犬の性格の特徴を知っておきましょう。

警戒心が強い

神経質な犬は警戒心が高いです。

そのため、いろんな音や物、人、動物に対して吠えることがあります。

初めて見るものや触れるものにビクビクしながら近づいたり、初めて会う人や犬などに対して怖がるのは神経質な性格の犬の特徴です。

場合によっては警戒心が高まりすぎてパニックになったり、いつも寝る時間に寝なかったりすることがあります。

変化が苦手

普段と違うことを体験すると、緊張したり普段よりも警戒心が高くなったりします。

例えば、以下のような変化に対して敏感に反応します。

・今までずっと家にいた飼い主さんが長時間出かけてしまった
・散歩コースが変わった
・聞きなれない音がした(工事や花火、雷など)
・ドッグフードの銘柄が変わった など

いつもと違うことがストレスになり、場合によっては体調を崩すケースもあります。

神経質な犬は、不意打ちや突発的な出来事も怖がってしまうので、飼い主さんであっても注意が必要です。

神経質な犬との上手な接し方

神経質な犬は、ささいなことにストレスを感じます。

神経質な性格は、治すことができません。

犬が日々の生活を快適に過ごせるように飼い主さんが十分気を付けてあげる必要があります。

落ち着く環境で生活できるようにする

神経質な犬は、周囲の状況に対してとても敏感です。

犬が日々落ち着いて生活できるように、以下のポイントに気を付けましょう。

・静かな場所に寝床をつくってあげる
・夜寝るときはゲージに布をかけてあげる
・人の動線上に寝床を置かない
・雷や花火、工事などあらかじめ音が聞こえることが分かっているときは落ち着ける場所を用意してあげる など
リラックスできる環境は犬によって違うので、犬の様子を見つつ環境を整えてあげるとよいでしょう。

無理やりスキンシップを取らない

神経質な犬であっても、飼い主さんとのスキンシップが嫌いな子はいません。

しかし、犬が落ち着きたいときや警戒しているときに無理やりスキンシップを取ると、嫌がることがあります。

場合によっては飼い主さんに嚙みつくこともあるので注意が必要です

犬の様子をみて、優しく声をかけながら触ってあげてください。嫌がるようなら無理強いせずに、そっとしておきましょう。

大声で怒らない

犬がいたずらをすれば、怒ってしまうこともありますよね。

犬を叱る時は、大声や早口で叱らず、静かに目線を合わせて話してあげてください。

そうすれば、犬も叱られていることが理解できます。

大声で叱ると愛犬に恐怖心とストレス与え、飼い主さん自体を警戒してしまうようになるかもしれないので注意してください。

神経質な犬を落ち着かせる方法

神経質な性格はそうそう変化するものではないので、犬がストレスを感じても落ち着けるように飼い主さんが配慮してあげる必要があります。

神経質な犬はちょっとしたことで落ち着くことがあるので、ぜひ試してみてください。

適度な運動をさせる

適度に運動して体を疲労させることは、脳内から「セロトニン」を分泌させるのに役立ちます。

セロトニンは、ストレス軽減や疲労回復に効果的な神経伝達物質です。

また、適度な運動はリラックスすることにもつながります。

日々の散歩や、家の中で飼い主さんとコミュニケーションとして一緒に遊ぶなど、適度に運動できる環境を作ってあげましょう。

無理のない範囲でいろんな体験をさせてあげる

神経質で怖がりだから、とさまざまなものから遠ざかってしまうと、その分色々なことを怖がり、ストレスを溜めていってしまいます。

しかし、だからと言っていきなりさまざまなことを経験させてしまうと、それはそれでストレスを感じてしまいます。

犬の様子を見ながら、少しずつ無理のないように、人や物、動物、音などに慣れていくようにしてあげることが重要です。

時間をかけてゆっくり訓練を行うようにしましょう。

ストレス緩和効果のある服やサプリ、音楽を試してみる

犬の興奮を抑えるための服というものが販売されています。

これは、服を着ることで適度な圧力をかけて興奮や不安を抑えてくれる、というものです。

服が嫌いな場合は、自分の好きな毛布やタオルケットなどで包んであげることで一定の効果があるケースもあります。

また、犬のストレス軽減サプリも販売されており、種類も豊富です。

犬のストレス軽減サプリの中でおすすめなのは、以下の成分が配合された商品です。

・CBD
・トリプトファン
・ジルケーン など

サプリを選ぶときは、余計な添加物が配合されていない商品を選ぶようにしましょう。

その他にも、犬を落ち着かせるリラックスミュージックが数多く配信されています。

犬が気に入る曲があるか、試してみるのもよいでしょう。

神経質な性格が寿命を縮める?愛犬に長生きしてもらうコツ

神経質な犬はストレスを感じやすくなるため、体調を崩してしまう場合があります。

元気に長生きしてもらうためにも、以下のポイントに気を付けましょう。

体調を崩した時は動物病院で診てもらおう

犬は言葉を話せないので、体の不調は飼い主さんが判断するしかありません。

普段と違ったところはないかをよく観察し少しでもおかしなところがあったら、できるだけ早く動物病院を受診しましょう。

場合によっては重い病気の前兆かもしれません。

病気は早期発見すれば完治できるものも数多くあります。

医療費の心配なし!ペット保険の魅力

動物の医療費は、人間とは違って100%自己負担です。

ちょっとした通院ならよいのですが、何度も通院しなければいけない場合や入院・手術にはかなりの費用が必要となります。

「お金がかかるから…」ときちんとした治療を受けさせてあげられないのは、飼い主さんも犬もつらいですよね。

現在ではさまざまなペット保険が販売されていますので、飼い主さんとペットに合った内容の保険を選んで加入することをおすすめします。

よくある質問

犬を落ち着かせるマッサージはありますか?

犬の眉の内側と外側にあるツボや、後頭部の真ん中あたりのツボはリラックス効果があるとされています。しかし、犬によって合う合わないがあるので、いろいろ試してみるとよいでしょう。

おもちゃでストレス軽減させることはできますか?

知育トイに集中させることで周囲の状況に警戒がおろそかになります。また、おやつを探しあてたときには「ドーパミン」という幸せを感じる脳内物質を分泌させることができるのでおすすめです。

ペット保険は必要?

ペットには公的医療保険制度がありません。そのため診療費の自己負担額は100%です。

もしものときに、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に加入することをおすすめします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

ペット保険比較表や記事を活用するのがおすすめ!

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

【神経質な犬はどんな性格?飼い主の接し方や落ち着かせるポイントとは】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・神経質な犬の特徴
・神経質な犬への上手な接し方
・神経質な犬を落ち着かせる方法
について解説してきました。
神経質な犬はちょっとしたことにストレスを感じてしまいます。
犬が日々を穏やかに過ごせるようにするために、飼い主さんが色々な工夫をしてあげてください。
ペット保険比較アドバイザーではペット保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。