× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • PS保険
  • PS保険の保険料は安いのか?保険料表一覧表も記載!

PS保険の保険料は安いのか?保険料表一覧表も記載!

2023年11月9日

PS保険

【PS保険】保険料は安い!保険料表一覧表も記載!サムネイル
PS保険の保険料の特徴は3歳ごとに値上がりすることです。そのため他社と比較しても値上がりが緩やかで安いことです。犬種ごとに全てのプランの保険料表を記載しています。
ペット保険の加入を検討する際には保険料の値上がりについて知ったうえで加入することも大事な選び方になります。
今回は「保険料の値上がりが緩やか」なのが特徴的なPS保険について解説していきます。
この記事では、PS保険の
・保険料の主な特徴
・全プランの保険料表
・犬種一覧表
について、わかりやすく解説いたします。
「保険料」は、保険選びには重要なポイントです。
お読みいただければ、保険選びのお手伝いをさせていただけると思います!ぜひ、最後までお付き合いください。


 

 

PS保険とは?

PS保険は、「ペットメディカルサポート株式会社」が運営している保険商品です。

使いやすい保険がいい!を基本理念に、補償内容と保険料のバランスにこだわった商品作りがなされています。

実際にインターネットの口コミも評判が良く、他社からの乗り換えでの満足度も非常に高いようです。

プランはシンプル・補償割合で3つの中から選ぶ

現在ペット保険は国内で15社ほど、さらにそれぞれの保険会社が複数のプランを販売しています。

PS保険では補償割合だけが異なる3つのプランがあります。

補償割合が「50%」「70%」「100%」とそれぞれ異なっているだけなので、シンプルでわかりやすいのも特徴の一つです。

補償割合とは?
実際に治療費が発生した場合、治療費のうち保険会社が負担しなければならない割合を「補償割合」といいます。
通常、補償金額(保険金)は補償割合で決まります。

例えば、1万円治療費がかかった場合、それぞれの補償割合のプランの加入していたとすると

補償割合50%→5000
補償割合70%→7000
補償割合100%→10000

の保険金が支払われる・受け取れる、ということです。

 

オプションでペットセレモニー特約も

ペットセレモニー特約は葬儀費用を最大3万円まで補償してくれる特約です。

後でも供述しますがPS保険は保険料が緩やかなので生涯継続しやすいペット保険です。

生涯続けやすいからこそ、このような特約が活きるといってもいいでしょう。

年齢や犬と猫、また犬の場合は犬種によっても異なりますが、トイプードルの場合月60~80円ほどで任意で「ペットセレモニー特約」を任意で付帯できます。

今回のご説明する保険料は、このオプションは外した金額でお話ししていきます。

【PS保険の保険料の特徴】値上がりは緩やか

ペット保険では一般的に保険料は年齢とともに値上がりします。

免疫が安定せず、また動きが予測外すぎる子犬の頃。

逆に、免疫が下がってきて、体力的にも失速していく高齢期。この時期などは特に、病気や怪我のリスクが増えることに伴って、保険料も割高になる計算です。

他社のペット保険では0歳と15歳の保険料を比べると、2倍以上の金額になっていた、というのはよくあります。

PS保険の保険料の上がり方は、どんな感じなのでしょうか?

 

保険料の特徴①3歳ごとに値上がりする

一般的にペット保険では、ペットの年齢とともに保険料も値上がりします。

他社では毎年保険料が値上がりしていきますが、PS保険では保険料の値上がりは3歳ごとになっています。

そして12歳以降は値上がりしないのも特徴です。

そのため、他社と比較しても、保険料がとても安いのがPS保険の保険料です。

特に高齢時の保険料は格安とも言えるくらいです。ペットの平均寿命である、15歳までの保険料の総額をPS保険と他社で比べると「PS保険は他社の半分以下の保険料」ということも珍しくはありません。

毎年の保険料の値上がりで、加入してから後悔したという声は少ないです。

 

保険料の特徴②請求歴があっても割増なし

ペット保険は基本的に1年契約が基本となります。

つまり加入してから1年後には契約を更新する必要があり、更新以前の保険期間中の請求金額・回数によって、保険料の割増制度を採用しているペット保険会社がいくつか存在します。

つまり保険金の請求をした場合、以降の保険料が割増になることがある保険会社が存在します。

その後の保険金の発生リスクがあがった、とみなされ保険料が上がってしまうという理由です。

万が一の時のために入っておく保険ですが、以降の保険料が高額になってしまうとしたら、気軽に請求しづらくなってしまうことだって考えられます。

 

PS保険では、HPにてこういった保険料割増制度はないと記載しています。

保険金請求をすることにより、翌年の保険料が割増しになるということはありません
また、インターネットからお申込みすることにより保険料はお安くなります。
引用:PS保険

保険金の請求をしても、それによる保険料割増は一切ありませんので、安心して生涯継続しやすいペット保険だといえます。

 

保険料の特徴③値上がりは緩やか!12歳以降は値上がり無し!

3歳ごとに保険料が更新になるとご説明しましたが、気になる上がり幅もそんなに大きくなく、特に高齢(10歳以降)の場合は他社と比較しても圧倒的に安いです。

そして12歳以降は値上がりしないのも大きな特徴です。

気になる方は下記で保険料表を記載しているので一度確認してみましょう。

通院・手術・入院を補償するフルカバー型保険」かつ「同じ補償割合」のペット保険で比較しても圧倒的に安いことがわかるでしょう。

2〜3歳の頃までは、他社の保険と比較してもそんなに大差はなく感じますが、6歳を過ぎる頃から、かなりお得感が出てきます。

「生涯継続して保険料が安い」と言えるのが、PS保険の保険料の大きな特徴です。

 

保険料の特徴④新規加入は8歳11か月まで

保険料の更新が高齢になるにつれ、割安になってくるのがPS保険の特徴でもありますが、その分新規加入年齢は他社と比べても比較的早めに設定されています。

「新規加入できるのは8歳11か月までです。9歳以降は、すでに加入している場合に限っての更新となるので注意しましょう。

 

 

【PS保険の保険料】補償内容とのバランスはかなりいい

 

年間補償額は最大110万円と他社と比較して保険料も安く、年間補償金額も高いです。

保険料の割には補償内容も充実しているので、保険料と補償割合のバランスはかなりいいといっても差し支えありません。

しかし、補償内容の中には「同じケガや病気の治療は契約更新に関係なく回数制限がある」などの注意点もあります。

詳しくは下記の記事でもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

【PS保険の保険料】特約で変わる?

PS保険では「ペットセレモニー特約」を任意で付帯させることができます。

とても悲しいことですが、いつかは大切なワンちゃん猫ちゃんにもお別れするときが訪れます。

家族の一員であるからこそ、しっかり見送ってあげたいのが信条というものです。

ペットセレモニー特約を付帯させておくと葬儀に関わる費用を最大3万円までPS保険が補償してくれます。

年齢や犬と猫、また犬の場合は犬種によっても異なりますが、トイプードルの場合月60~80円ほどで任意で「ペットセレモニー特約」を付帯できます。

 

 

【PS保険の保険料】小型犬の保険料

※ミックス犬の場合

犬の年齢が8か月未満
小型犬:6Kg未満

犬の年齢が8か月以上
小型犬:8Kg未満

小型犬 犬種一覧表
アーフェンピンシャー
イタリアン・グレーハウンド
オーストラリアン・シルキー・テリア
オーストラリアン・テリア
キング・チャールズ・スパニエル
ケアーン・テリア
シー・ズー
シーリハム・テリア
ジャック・ラッセル・テリア
スカイ・テリア
スキッパーキ
ミニチュアダックスフンド
ダンディ・ディンモント・テリア
チベタン・スパニエル
チャイニーズ・クレステッド・ドッグ
チワワ
狆(ちん)
日本スピッツ
日本テリア
ノーフォーク・テリア
ノーリッチ・テリア
ハバニーズ
パーソン・ラッセル・テリア
パグ
パピヨン
ビション・フリーゼ
ブリュッセル・グリフォン
トイプードル
ティーカッププードル
プチ・バラバンソン
ベルジアン・グリフォン
ペキニーズ
ボーダー・テリア
ボロニーズ
ポメラニアン
マルチーズ
マンチェスター・テリア
ミニチュア・シュナウザー
ミニチュア・ピンシャー
ヨークシャー・テリア
ラサ・アプソ
レークランド・テリア
ワイアー・フォックス・テリア

ペット年齢

70%プラン50%プラン100%プラン
月払年払い月払年払い月払年払い
0歳2150円24830円1450円16740円2680円30930円
1歳2150円24830円1450円16740円2680円30930円
2歳2150円24830円1450円16740円2680円30930円
3歳2390円24430円1730円19960円3020円34870円
4歳2390円24430円1730円19960円3020円34870円
5歳2390円24430円1730円19960円3020円34870円
6歳3020円34790円2470円28540円4040円46590円
7歳3020円34790円2470円28540円4040円46590円
8歳3020円34790円2470円28540円4040円46590円
9歳3180円36720円2610円30130円4280円49360円
10歳3180円36720円2610円30130円4280円49360円
11歳3180円36720円2610円30130円4280円49360円
12歳~3590円41440円2950円34000円4850円55920円

PS保険:小型犬の保険料推移グラフ

【PS保険の保険料】小型犬
小型犬:「70%補償プラン」の場合
※特約を付帯していない料金になります
※補償開始日時点で生後30日以上120日未満にご加入された場合、0~2歳までの保険料となります。

【PS保険の保険料】中型犬の保険料

※ミックス犬の場合

犬の年齢が8か月未満
中型犬:6Kg以上20Kg未満

犬の年齢が8か月以上
小型犬:8Kg以上25Kg未満

中型犬 犬種一覧表
アイリッシュ・テリア
アメリカン・コッカー・スパニエル
アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
アメリカン・フォックスハウンド
イングリッシュ・コッカー・スパニエル
イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
ウィペット(ホイペット)
ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
ウェルシュ・コーギー・カーディガン
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル
ウェルシュ・テリア
オーストラリアン・キャトル・ドッグ
オーストラリアン・ケルピー
甲斐犬
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
ケリー・ブルー・テリア
コーイケルホンディエ
コリア・ジンドー・ドッグ
シェットランド・シープドッグ
シャー・ペイ
柴犬
スコティッシュ・テリア
スタッフォードシャー・ブル・テリア
ダックスフンド(スタンダード)
チベタン・テリア
バセット・ハウンド
バセンジー
ビアデッド・コリー
ビーグル
ファラオ・ハウンド
フレンチ・ブルドッグ
ブリタニー・スパニエル
ブル・テリア
プードル(スタンダード)
プードル(ミディアム)
プーミー
プーリー
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン
ベドリントン・テリア
北海道犬
ボーダー・コリー
ボストン・テリア
ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ
ミックス犬(混血犬)
ミニ・オーストラリアン・ブルドッグ
ミニチュア・ブル・テリア
琉球犬

ペット年齢

70%プラン50%プラン100%プラン
月払年払い月払年払い月払年払い
0歳2760円31810円1850円22230円3390円40080円
1歳2760円31810円1850円22230円3390円40080円
2歳2760円31810円1850円22230円3390円40080円
3歳2940円33910円2130円25700円3690円43700円
4歳2940円33910円2130円25700円3690円43700円
5歳2940円33910円2130円25700円3690円43700円
6歳3390円39110円2780円33380円4510円53350円
7歳3390円39110円2780円33380円4510円53350円
8歳3390円39110円2780円33380円4510円53350円
9歳3570円41160円2930円37280円4770円58490円
10歳3570円41160円2930円37280円4770円58490円
11歳3570円41160円2930円37280円4770円58490円
12歳~4010円46310円3290円47470円5380円71560円
PS保険:中型犬の保険料推移グラフ
【PS保険の保険料推移】中型犬
中型犬:「70%補償プラン」の場合
※特約を付帯していない料金になります
※補償開始日時点で生後30日以上120日未満にご加入された場合、0~2歳までの保険料となります。

【PS保険の保険料】大型犬の保険料

※ミックス犬の場合

犬の年齢が8か月未満
大型犬:20Kg以上

犬の年齢が8か月以上
大型犬:25Kg以上

ペット年齢

70%プラン50%プラン100%プラン
月払年払い月払年払い月払年払い
0歳2590円29820円1740円20030円3190円38860円
1歳2590円29820円1740円20030円3190円38660円
2歳2590円29820円1740円20030円3190円38660円
3歳3370円38830円2440円28810円4210円51220円
4歳3370円38830円2440円28810円4210円51220円
5歳3370円38830円2440円28810円4210円51220円
6歳3660円42170円3000円34590円4850円61590円
7歳3660円42170円3000円34590円4850円61590円
8歳3660円42170円3000円34590円4850円61590円
9歳3840円44320円3150円36350円5110円73220円
10歳3150円44320円3150円36350円5110円73220円
11歳3840円44320円3150円36350円5110円73220円
12歳~4310円49780円3540円40840円5770円92070円

 

PS保険:大型犬の保険料推移グラフ
【PS保険の保険料推移】大型犬

大型犬:「70%補償プラン」の場合
※特約を付帯していない料金になります
※補償開始日時点で生後30日以上120日未満にご加入された場合、0~2歳までの保険料となります。

【PS保険の保険料】猫の保険料

猫については品種・大きさの分類はございません

ペット年齢

70%プラン50%プラン100%プラン
月払年払い月払年払い月払年払い
0歳1970円22690円1330円29820円2460円28390円
1歳1970円22690円1330円29820円2460円28390円
2歳1970円22690円1330円29820円2460円28390円
3歳2170円22500円1580円38830円2760円31840円
4歳2170円22500円1580円38830円2760円31840円
5歳2170円22500円1580円38830円2760円31840円
6歳2600円29930円2130円42170円3500円40390円
7歳2600円29930円2130円42170円3500円40390円
8歳2600円29930円2130円42170円3500円40390円
9歳2750円31720円2260円44320円3720円42970円
10歳2750円31720円2260円44320円3720円42970円
11歳2750円31720円2260円44320円3720円42970円
12歳~3110円35940円2560円49780円4240円48890円
PS保険:猫の保険料推移
【PS保険の保険料推移】猫

猫:「70%補償プラン」の場合
※特約を付帯していない料金になります
※補償開始日時点で生後30日以上120日未満にご加入された場合、0~2歳までの保険料となります。

よくある質問

補償開始日はいつからですか?

PS保険」では免責期間を設定していないため、 保険期間の開始と同時に補償開始されます。 補償開始は、通常お申込を頂いた月の翌々月1から補償開始されます。 ただし、毎月1にお申込を頂いた場合のみ、翌月1から補償開始されます。

免責期間はありますか?

PS保険」では免責期間を設定していないため、 保険期間の開始と同時に補償開始されます。

まとめ:PS保険の保険料は他社と比較しても安い!

PS保険の保険料の特徴は
・3歳ごとの値上がりのため、生涯継続しやすい安い保険料
・補償内容とのバランスも良い保険料
・特約を付帯すると月々の保険料は変わる
になります。

PS保険を検討している方へ

ここではPS保険の保険料について詳しく解説していきました。

ペット保険に加入する際には、その保険の特長やメリットだけでなくデメリットや注意点に関してもしっかり理解し、納得したうえで加入することが大事です。

メリットや特長についてもっと知りたい、という場合には一度資料請求をしてみることを強くおススメします。

デメリットや注意点に関しては、口コミなどを参考にしながら重要事項説明書、約款をしっかり確認することが大事です。