× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • 犬の保険
  • 犬の尿路結石の手術費用はいくら?治療費や膀胱結石等も解説!

犬の尿路結石の手術費用はいくら?治療費や膀胱結石等も解説!

犬の尿路結石の手術費用はいくら?治療費や膀胱結石等も解説!サムネイル

犬の尿路結石の手術費用は少なくとも10~20万円程度必要になります。結石の種類によっては療法食や薬で溶かせないものもあり、再発性が高いため結果的に治療費が高くなる可能性も高いです。

犬は尿路結石にかかりやすいといわれています。
手術費用は高額になるケースが多いため、予防と備えが重要です。

この記事では

・犬の尿路結石の症状
・犬の尿路結石の原因
・ 尿路結石の手術費用
について解説します。
最後までお読みいただければ、「犬の尿路結石の予防法」もわかるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。


犬の尿路結石とは

犬の尿路結石とは尿石症とも呼ばれ、

尿路のどこかに不要物の結晶が集まり、尿路結石と呼ばれる石ができること
です。

尿路とは

  • 腎臓
  • 尿管
  • 膀胱
  • 尿道

を指し、尿が作られて排出される間に通る通路になります。

この尿路は腎臓や尿管からなる「上部尿路」と、膀胱や尿道からなる「下部尿路」とに大きく分けられます。尿路結石は結石がある場所によって、下記のように呼び方が変わってきます。

  • 【上部尿路】
    「腎臓結石」 腎臓にできる
    「尿管結石」 尿管にできる
  • 【下部尿路】
    「膀胱結石」 膀胱にできる
    「尿道結石」 尿道にできる

とくに上部尿路に石が詰まると急性腎不全の原因になるので注意が必要です。

 

上部尿路

上部尿路で見つかる結石は、最初に腎臓にある腎杯や腎盂と呼ばれる部分にできます。そこで発見されれば「腎臓結石」です。

進行し尿管へ流れると、尿管は細いため結石は尿管で詰まります。これが「尿管結石」です。

小さなものであれば症状も見られないことが多いのですが、大きなものだと急性腎不全になります。

 

下部尿路

下部尿路では最初に膀胱で発生します。この時点では「膀胱結石」となり、発見されず尿道へ流れて詰まると「尿道結石」です。

膀胱結石は膀胱炎などの感染症が原因で起こります。

犬の尿路結石の中で最も発症が多いのは下部尿路で発生した尿路結石です。90%の尿路結石は、膀胱・尿道に存在するといわれています。

メスは膀胱結石、オスは尿管結石が多くみられます。

その理由は

・メス 尿管が短くて太いため感染しやすい
・オス 尿道が細く長い

ためです。

メスに発生する膀胱結石は痛みもなく、小さなものだと尿と一緒に排出されるためそのまま症状が治まります。

一方オスの尿道結石では排尿時に痛みがあり詰まりやすく、尿が出なくなると重症化しやすいので気を付けなければいけません。

 

尿路結石の種類

尿路結石には結晶化するミネラルの成分で数種類に分けられます。

中でも犬に発生する結石の80%

・ストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム)
・シュウ酸カルシウム結石

の2種類です。

できやすい部位できやすい条件特徴
ストルバイト結石膀胱・尿道などの下部尿路アルカリ性の尿で成分が結晶化・大きくなりやすい
・酸性で溶ける
・尿路感染から起こる膀胱炎による発症が多い
シュウ酸カルシウム結石腎臓、尿管など上部尿路アルカリ性から酸性まであらゆるpHで結晶化あまり大きくならない

結石の種類によって治療方法や症状が変わってくるため、覚えておきましょう。

 

犬の尿路結石の症状

尿路結石の症状として主に

・何度もトイレに行くのに尿の量は少ない
・排尿時に痛そうな鳴き声を上げる
・排尿の態勢をとっているのに尿がなかなか出てこない

などがみられます。

尿道が結石で閉塞されると、尿が全く出なくなります。排尿されないと尿毒症となり非常に危険です。

様子を見ず、少なくとも1日以上排尿がないようであればすぐにでも動物病院へ連れて行ってください。

上記の症状のほかにも

  • 血尿
  • 排尿後の尿シートがキラキラしている

などがみられたら尿路結石の可能性があります。進行して排尿障害になる前に、獣医師に診てもらうことが重要です。

尿路結石の症状は膀胱炎とよく似ています。関係性も深く、膀胱炎から尿路結石やその逆もあり得るため、どちらも注意が必要です。

 

犬の尿路結石の原因

犬の尿路結石の原因は、ストルバイト結石・シュウ酸カルシウム結石共通で

水分量が少ないこと
です。

結石の種類に違いがあるものの、どちらも膀胱のphがアルカリ性か酸性どちらかに偏ってミネラル成分が結晶化します。

尿路結石にならないためには、定期的な排尿で膀胱内のphバランスを整えるのが重要です。

水分量以外にも、尿路結石にかかる原因があります。ここからは、ストルバイト結石シュウ酸カルシウム結石の原因をそれぞれ解説していきます。

 

 

ストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム)

ストルバイト結石の原因は主に

・細菌感染
です。
ストルバイト結石は
  • 尿のpHが強いアルカリ性になる
  • 尿中のアンモニア濃度が高くなる

ことでミネラル成分が結晶化します。

膀胱で細菌感染を起こすと内部は炎症を起こし、尿がスムーズに排出されなくなります。その結果尿の濃度が高くなり、結石ができると考えられています。

 

シュウ酸カルシウム結石

シュウ酸カルシウム結石の主な原因は

・偏った食事

です。

シュウ酸カルシウム結石はそれだけでは結合して石になることはなく、

  1. シュウ酸とカルシウムが尿中に多すぎる
  2. 尿の量が少なすぎる
  3. 尿のpHが酸性になっている

といった3つの要因が重なると結晶化します。

シュウ酸カルシウム結石はカルシウム、マグネシウム、リン、尿酸、ケイ酸などが原料になり、これらが多く含まれている食事を摂り続けると尿路結石になりやすくなります。

また尿のpHを酸性にしやすい食品もあります。

シュウ酸が多い食品・ホウレンソウ
・レタス
・キャベツ
・タケノコ
カルシウムが多い食品・チーズ
・ヨーグルト
・小魚
・豆腐
尿のpHを酸性にしやすい食品・肉類(ジャーキーやささみも)
・魚

リンはフードに必要栄養素として含まれています。シュウ酸カルシウム結石にかかりやすい場合、その含有量はチェックしておきましょう。

またカルシウムが多く含まれていたり酸性にしやすい食品は犬のおやつで多く使用されるため、与えすぎには注意が必要です。

 

犬の尿路結石が多い犬種は?

動物臨床医学『ガイドラインに基づく尿路結石症の診断と治療』によると、

  • シーズー
  • ミニチュアシュナウザー
  • ビションフリーゼ

はシュウ酸カルシウム結石の好発犬種とされています。

シーズー,ミニチュアシュナウザー,ビションフリーゼは尿中のカルシウム濃度が高いことがわかっており,それによるシュウ酸カルシウム結石が生じやすいと考えられている。
参考:動物臨床医学『ガイドラインに基づく尿路結石症の診断と治療

ほかにもトイプードルチワワなどにおいても好発するといわれることから、犬種に関係なく注意が必要です。

メスだとストルバイト結石にかかりやすい傾向にあります。その理由は尿道の長さがオスよりも短く、尿路感染を起こしやすいからです。

 

尿路結石が多い年齢

犬の尿路結石は年齢別に

・若年齢 ストルバイト結石
・高齢 シュウ酸カルシウム結石
が多くみられます。
高齢でシュウ酸カルシウム結石が多いのは、年齢に伴う腎機能の低下によりカルシウムが尿中に排出される量が増えてしまうためです。

これらを考慮して、高齢の犬に与える食事やおやつは成分をチェックして選ぶようにしましょう。

 

犬の尿路結石の治療法

犬の尿路結石の治療方法は

・手術による除去
・カテーテル・膀胱鏡
・食事による溶解

の3つに分けられます。犬の状態とともに

  • 尿検査で結石の種類
  • レントゲンやエコー検査で結石の場所や大きさ

などを確認した後、今後の治療方法を決めます。

 

 手術による除去

手術は犬の尿路結石の治療として多く行われる方法です。迅速に結石が取り除かれるといった大きなメリットがあります。

尿路結石の手術方法はさらに

  • 開腹手術
  • 腹腔鏡手術

の2種類に分けられます。どちらも全身麻酔を使用する治療です。

 

【開腹手術】

一般的な動物病院で行われる手術です。お腹をメスで開いて結石を取り除きます。

緊急の場合に対処できる一方、犬の負担は大きくなります。術後は数日間の入院期間が必要です。

 

【腹腔鏡による手術】

腹腔鏡手術とは

小さな切り口から内視鏡や内視鏡外科専用鉗子を通して、モニターを見ながら行う手術方法
です。内視鏡や専用鉗子はとても小さいため、5mmくらいの傷が2か所程度で済みます。
痛みも最小限で1日入院するだけで良く、愛犬の負担が少ないのがメリットです。
腹腔鏡手術は専用の機器と繊細な技術が必要なため、設備が整った動物病院でしか行われていません。
また腹腔鏡手術の値段は開腹手術と比べても高額になります。

 

 カテーテル・膀胱鏡

尿道からカテーテルを入れて治療する方法です。

尿道カテーテルは

  • 膀胱洗浄で膀胱内から結石を洗い流す
  • 結石が尿道で詰まっている

場合に使用されます。尿道が閉塞されているケースでは、カテーテルを使って水を逆流させて膀胱まで押し戻し閉塞を解除します。

ただしそのままでは再発するため、除去や溶解などその後の処置が必要です。

膀胱鏡は腹腔鏡と同じ「内視鏡」の一種です。膀胱や尿道の治療に適しており、結石が小さければ取り除くこともできます。
膀胱鏡も内視鏡と同様、設備が整った動物病院でしか受けられない治療です。

 

 食事療法による溶解

食事による溶解は「ストルバイト結石」にしか効果が現れません。

シュウ酸カルシウムは療法食や薬で溶けない性質を持つ

ためです。

ストルバイト結石でも結石が小さい場合には有効です。

この方法だと手術をしないため愛犬の体の負担は軽くて済みます。ただし溶けるのに時間がかかるため

  • 血尿や排尿障害が続く
  • 感染症や尿道閉塞が起こる

などのリスクが伴います。

食事療法中は、おやつを含む療法食以外の食べ物を一切与えてはいけません。
療法食は結晶化を防ぐために、石の原因となる成分が制限されているためです。

 

尿路結石の手術費用

尿路結石の手術にかかる料金の内訳目安は下記のとおりです。

治療内容金額
診察料(再診料)500円~1,500円
レントゲン3,000円~5,000円
超音波検査3,000円~5,000円
尿検査2,000円程度
血液検査5,000円~10,000円
開腹切開手術30,000円~100,000円
入院費3,000円~10,000円/日(3日~7日程度)

動物病院や治療内容によって料金は異なるものの、少なくとも10~20万円程度は覚悟しておいた方が良いでしょう。

もしもの時にも十分な治療を受けさせるられるような備えが重要です。

 

犬の尿路結石の予防・再発防止法

犬や猫の尿路結石は、一度発症すると再発しやすいといわれています。再発はもちろん、かからないための予防も大切です。

尿路結石は結晶化するミネラル成分の違いから、治療法だけでなく予防法も変わってきます。

 

ストルバイト結石

ストルバイト結石で注意すべきは

尿路感染症

です。

膀胱炎の症状である

  • 血尿
  • 排尿困難

などがみられたら、すぐにでも動物病院で診てもらいましょう。

再発防止法は尿を弱酸性(pH6.5未満)にするため、療法食が使用されます。口にするものはタンパク質やリン、マグネシウムが制限され、生涯にわたって続けなければいけません。

 

シュウ酸カルシウム結石

シュウ酸カルシウムの予防法や再発防止には、

原因となる成分が含まれた食品を口にしない

ことが重要です。

シュウ酸カルシウム結石になった犬は、食事や生活習慣に注意しても高い確率で再発する可能性があります。

尿中に排泄されるシュウ酸を減らすため、多く含む

  • ほうれん草
  • さつまいも
  • レタス
  • ブロッコリー
  • ナス
  • ナッツ類

などの食品は与えないようにしてください。特にさつまいもはおやつに使用されるケースが多いため気を付けましょう

一方カルシウムは制限の必要がありません。カルシウムは

腸内でシュウ酸と結合すると便として排泄され

ます。逆にカルシウムを制限すると尿中に排泄されるシュウ酸が増えてしまい結石の原因となります。

シュウ酸カルシウム結石は療法食や薬で溶かせないため、普段からの食事で原因となる成分を摂らないようにすることが重要です。

 

療法食の予防効果

ストルバイト結石での療法食の予防効果は高いといえます。療法食は飲水量を増やすため塩分濃度が高めに作られており、排尿の回数が増えて膀胱のpHが整います。

またシュウ酸カルシウム結石にとっても、同じ理由で飲水量を増やすのは効果的です。

飲水量が増える工夫として

・水の器の数を増やす
・冬場は少し暖めて与える
・夏場は氷を入れて冷たくする

など愛犬の好みに合わせるとよいでしょう。

同時になるべく膀胱に尿を貯めさせないためにもトイレの回数を増やすことが重要です。外でしか排泄しない場合は、散歩の回数を増やすなどを試してみてください。

 

犬の尿路結石の治療費はペット保険で補償される?

犬の膀胱結石の治療費は基本的にほとんどのペット保険で補償されます。ただし、必ず保険約款や重要事項説明書を確認するようにしてください。

また上述したとおり、犬の膀胱結石の手術は3泊4日程度の入院も必要になり、総額15~20万程度と高額になりがちです。

また、再発性が高く、その後も通院等も頻度が高くなることが予想できます。しっかり補償してほしいと考えるのであれば、「通院・手術・入院を補償するフルカバー型」のペット保険がおすすめです。

 

ペット保険比較アドバイザーでは、犬の膀胱結石におすすめのペット保険を2社ご紹介します。

おすすめの理由としては、

・「更新時に特定の病気や部位を補償の対象外とすること」はありません。とHPに記載されている
・更新時に条件を付けないペット保険の中でも、手術に強い

の2点があります。

 

犬の膀胱結石の治療を考えると、一番おすすめは楽天ペット保険です。

「PS保険は1つの病気に対しての限度額・回数があり(更新時にリセットされない)」「手術の一回当たりの上限金額が10万円まで」などの注意点があります。

「同じ病気の治療であっても更新時に回数がリセットされる」「手術の一回当たりの上限金額が15万円まで」という点でPS保険より楽天ペット保険は補償内容が優れています。

その分、楽天ペット保険よりPS保険のほうが保険料は安いです。

補償内容重視であるなら楽天ペット保険、保険料も考えるならPS保険を選ぶことをおすすめします。

メリットデメリット
2社より補償内容が手厚い保険料が高い
保険料が安い1つの病気に対しての限度額・回数があり
(更新時にリセットされない)
楽天ペット保険(スーパーペット保険)
楽天ペット保険のロゴ更新時に条件を付けることはありません。
お申込時の条件で継続いただけます。
更新後は更新時におけるペットの満年齢の保険料が適用になります。
商品改定等により保険料、補償内容等が変更となる場合があります。その際は更新前にご案内いたします。
※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書保険約款もご確認ください
PS保険
PS保険のロゴ

罹患した病気やケガにより保険の更新をお断りしたり、更新時の補償対象外にしたり、保険料を増額にすることはございません。(※保険料の改定などがあった場合、保険料は変わります。)
ケガ、病気の原因が生じた時が保険期間内であれば、皮膚病や外耳炎等の軽度の病気から、ガンや心臓病等の重大な病気まで補償の対象となります。

引用:PS保険
引用:よくあるご質問

※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書・保険約款もご確認ください

楽天ペット保険やPS保険の補償内容や口コミ、デメリットについては下記の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

補足:先天性疾患が発症する前に!遅くとも7.8歳までには加入しよう

ペット保険は、加入する前に発症している先天性疾患や、既に発症している病気や疾患は補償の対象外となります。

そのため、病気になってから保険に加入しようとしても、肝心のその病気の治療費は補償の対象外になってしまいます。

また、加入後に発見できた病気であっても先天性疾患を補償の対象外としているペット保険や、慢性疾患にかかると更新できない保険もあります。

一般的にペット保険では8~12歳で新規加入年齢を設定していることがほとんどです。早いところでは7歳で新規加入を締め切るペット保険もあります。

「健康なうちに加入しないと意味がない」また「年齢制限に引っかからないから保険の選択肢が広がる」という意味で遅くとも7~8歳までにはペット保険の加入、少なくとも検討をすることをおすすめします。

補足ですが、アニコムやプリズムコールではシニア向けのペット保険商品もあります。

高齢・シニア向けのペット保険については下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

 

よくある質問

犬が尿路結石になりました。手術しなくても治療はできますか?

結石の種類と大きさによります。
ストルバイト結石でサイズが小さければ、療法食などで対応できる可能性があります。
一方シュウ酸カルシウム結石の場合だと療法食や薬で溶けないため、一般的には手術を行います。
手術しない方法として膀胱洗浄などもありますが、再発のリスクが高いのでおすすめできません。

猫の尿路結石の手術費用は犬と同じくらいですか?

猫の尿路結石の手術費用は犬と比べて高額になる傾向にあります。
猫がかかりやすい結石の種類は犬と一緒で、治療方法も同じです。
手術費用は高額になりがちなため、もしもの時のために備えておくことが重要です。

ペット保険は必要?

ペットには公的な保険制度がありません。そのため治療費の自己負担額は100%です。

もしもの時に、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に加入することをおすすめします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

ペット保険比較表や記事を活用するのがおすすめ!

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

【犬の尿路結石の手術費用は高額になる?治療方法や予防法もご紹介】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・犬の尿路結石の症状
・犬の尿路結石の原因
・ 尿路結石の手術費用
について解説してきました。
犬の尿路結石の手術費用は高額になりがちです。予防も大切ですが、もしもを考えてペット保険を検討するのも方法のひとつです。
愛犬が病気になった時に十分な治療が受けられるよう準備しておきましょう。
ペット保険比較アドバイザーではペット保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。