× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する

ハムスターのギネス最高年齢は?病気や長生きの秘訣について解説!

2024年6月6日

ペット保険 比較

ハムスターのギネス最高年齢は?病気や長生きの秘訣について解説!サムネイル
キラキラしたつぶらな瞳とまんまるとした小さな体が可愛いハムスター。
ペットとしても人気がありますが、一体どのくらい長生きするのでしょう。
ハムスターを長生きさせるためには、飼い主さんがハムスターについてよく知っておく必要があります。

この記事では

・ハムスターの平均寿命
・ハムスターがかかりやすい病気
・ハムスターを長生きさせる秘訣
について解説します。
最後までお読みいただければ、「ハムスターの平均寿命」「ハムスターを長生きさせる秘訣」がわかるようになっていますので、ぜひ参考にしてください。

ハムスターの平均寿命は?ギネス記録年齢は4年半

ハムスターの平均寿命は、2〜3歳です。

ハムスターにはいくつか種類がありますが、どのハムスターも平均寿命に大きな違いは見られません。

・キャンベルハムスター:2〜3年
・ゴールデンハムスター:2〜3年
・ジャンガリアンハムスター:2〜3年半
・チャイニーズハムスター:2〜3年
・ロボロフスキーハムスター:2〜3年

ギネスに認定されているハムスターの最高年齢は4歳6ヶ月です。

平均寿命と比べてみると、どれだけ長寿だったのかが分かりますね。

ただし、ギネス世界記録に認定されていないだけで、中には5歳を超えても長生きしているハムスターもいます。

ハムスターの年齢換算表

ハムスターの年齢を人間の年齢に換算した表は以下のようになります

ハムスターの年齢人間の年齢
1ヶ月7歳
2ヶ月15歳
3ヶ月18歳
6ヶ月25歳
1年30歳
2年60歳
3年90歳

この表を見ると、ハムスターは1年で人間の30歳分、歳をとっていることが分かります。

4歳を超えたハムスターが、とても長生きだということが分かりますね。

ハムスターの寿命が短い理由

ハムスターの寿命が短い理由は、年齢換算表でも確認できるとおり、成長スピードが人間の30倍速いことがあげられます。

また、ハムスターは体が小さいため心拍数が早く、人間の心臓が1分間で約60回動くのに対し、ハムスターの心臓は1分間で約500回も動くのです。

動物は、生涯で動く心臓の回数が15億回ほどと言われていますが、ほかの哺乳類と比べてもハムスターの心拍数は多く、短命の理由となっています。

【ハムスターのギネス年齢】冬眠と死亡の見分け方

ハムスターは10℃以下(ジャンガリアンは5℃以下)の気温が続くと冬眠します。

通常、飼育されているハムスターは冬眠しませんが、低温度の環境にさらされることで「疑似冬眠」という状態になります。

「冬眠」と名前がついていますが、冬から春まで休む冬眠とは違い、仮死状態にあることを指します。

ハムスターが急に動かなくなってしまったら「疑似冬眠」か「死亡」かのどちらかでしょう。

疑似冬眠の可能性がある場合は、身体を温めて起こしてあげる必要があります。

疑似冬眠か死亡かの見分け方には、以下のような方法があります。

【毛並みや身体の弾力性】

疑似冬眠の場合、毛並みに乱れや汚れは少なく、普段と変わらないでしょう。

縮こまっている手足を優しく伸ばしてみて、手足にこわばりがなく、お腹や脇に弾力性があれば疑似冬眠の可能性が高いです。

【まぶたや口が閉じているかどうか】

目や口を閉じている状態なら、疑似冬眠と考えられます。

死亡している場合は、筋肉が緩んでいるため目や口が開いていることがあります。

【体温と呼吸】

健康なハムスターの体温は36℃後半〜37℃以上です。

疑似冬眠に入っている場合、体温は下がっていますが、身体を手でそっと触れてみてわずかでも温かさを感じられれば生きている可能性が高いです。

また、1分間ほどハムスターのおなかの動きを確認し、1回でもおなかが動けば呼吸をしています。

【ハムスターのギネス年齢】寿命が近づいているときの特徴

ハムスターは歳を重ねることによって、体や行動などに変化が現れます。

ここから、ハムスターの寿命が近づいているときの特徴について解説します。

寝る時間が増える

通常、ハムスターは夜行性のため、日中の活動は活発でなく、夜になると滑車を回したり、食事をしたり動き回るようになります。

ハムスターが夜も動かずに寝ているようなら、体調不良や寿命が近づいているサインと考えられます。

毛質が悪くなる

ハムスターは、寿命が近づくと毛質が悪くなることがあります。

ハムスターは綺麗好きなため、元気な時は毛繕いや砂浴びを頻繁にして、体を清潔に保っています。

体調が悪いと毛繕いや砂浴びをしなくなるので、毛並みや毛質が悪くなることにつながります。

食欲・体重が減る

寿命が近づいていたり体調不良を感じていると、食欲が低下し体重が減ってきます。

ハムスターは夜行性のため、日中は食べていなくてもとくに心配はいりませんが、夜も食べていないようであれば注意が必要です。

身体が小さいハムスターは、数日食べていないだけでも死に至ることがあります。

ハムスターは餌を隠したり、頬袋に入れただけで実際には食べていないこともあるため、エサ箱のエサが減っているからといって安心はできません。

餌をきちんと食べているか、体重が減少していないかなど、しっかり確認する必要があります。

目が濁る

ハムスターは寿命が近づくと、加齢によって目が白く濁るようになります。

だいたい1歳半くらいから白内障になることが多いです。

視力が落ちてきますが、もともとハムスターは視力が弱く、嗅覚や聴覚を頼りに活動しているので、視力低下や目の濁りに関してはそこまで心配する必要はありません。

転倒回数が増える

人間と同じように、ハムスターは高齢になると足腰が弱り、転倒やつまづくことが増えてきます。

また、寿命が近づくと、腰が曲がって丸まったような状態になることもあります。

【ハムスターのギネス年齢】シニア期の飼育方法

シニア期になったハムスターに合わせて飼育方法も変えていくことが大切です。

ここから、シニア期の飼育方法について解説します。

ケージ内の段差をなくす

ケージ内の段差をなくすことによって、高齢ハムスターの転倒・ケガの防止につながります。

高齢のハムスターは、若い時ほど運動を必要としません。

足腰が弱くなったハムスターの負担にならないよう、ケージ内は段差をなくして安全に過ごさせてあげましょう。

もし回し車を設置していれば、ハムスターの様子を見て、外すことを検討してもいいでしょう。

床材を増やす

ハムスターが高齢になったら、床材を増やしてあげるようにしましょう。

床材を増やすことで、転んだ時のクッション材となり衝撃を抑えられます。

また、高齢のハムスターは体温の調整機能が衰えて寒さを感じやすくなっています。

床材を増やすことで、保温効果が高まるので多めに入れてあげましょう。

こまめに体調チェックをする

小さな異変を見逃さないよう、毎日こまめにハムスターの体調チェックをするようにしましょう。

目や口、皮膚、手足の動きに異常がないか確認し、元気はあるか、食欲、排泄物をよく観察してください。

少しでも異変を感じたら、早めに動物病院で診てもらいましょう。

【ハムスターのギネス年齢】かかりやすい病気

ハムスターがシニア期に入ると、病気になることも増えてきます。

ここから、ハムスターがかかりやすい5つの病気について解説します。

不正咬合

不正咬合は、歯の咬み合わせが悪くなることで、うまく咬めなくなる病気です。

原因の多くは、先天的な要因、ケージの金網をかじるなどの癖、硬いもののかじりすぎなどによって起こります。

口の中に炎症が起きたり出血することがあり、エサを食べなくなり体重が減少してしまうことがあるため注意が必要です。

炎症を抑えたうえで、咬み合わせの悪い歯を短く切りそろえるなどの治療を行います。

ケージの金網をかじる癖があるようなら、水槽や衣装ケースに移し替えるなどの対策をしましょう。

低体温症

ハムスターの低体温症は、11月〜3月の冬季に多い急性疾患で、放っておくと数時間で死亡してしまう深刻な状態です。

10℃以下の気温が続くことで低体温症(疑似冬眠)になってしまいます。

症状が軽い場合は温めることで回復しますが、内科機能に障害を受けていると状態が悪化することがあり、数日は十分に注意しなければなりません。

気温が下がってきたら、必ずヒーターを設置して20℃程度に温度を保ちましょう。

ストレス性脱毛

ハムスターはストレスから脱毛症になることが多いです。

ストレスとなる原因は、不衛生な飼育環境や、過度なスキンシップ、空腹などがあげられます。

ストレスを感じて後ろ足で前足の付け根や脇腹、耳の後ろなどをしきりに掻くことで、部分的に毛が抜けてしまうことがあります。

ハムスターにストレスがかからないように、生活や接し方に気を配るようにしましょう。

皮膚病

ハムスターは皮膚病、とくにアレルギー性皮膚炎や細菌性皮膚炎、皮膚真菌症などにかかることが多いです。

皮膚病にかかると、痒みや炎症、脱毛などの症状を引き起こします。

治療には専用の塗り薬を使用します。

皮膚病は比較的すぐに気が付きやすい病気なので、皮膚の観察を毎日行い早期発見を心がけましょう。

また、床材をこまめに変えるなど、ハムスターの生活環境を清潔に保つようにしてください。

腫瘍

ハムスターは1歳以降になると免疫力が低下し、腫瘍ができやすくなります。

臓器にできる腫瘍と皮膚にできる腫瘍がほとんどで、治療は腫瘍を摘出する外科的手術を行います。

皮膚の腫瘍は、早期に治療をすれば完治することも多いです。

実際にハムスターの体に触って、体のどこかにしこりなどの異常がないかチェックするようにしましょう。

【ハムスターのギネス年齢】死因TOP4

ハムスターは体が小さい分、とてもデリケートな動物で、さまざまなことが要因で命を落とす可能性があります。

ここから、ハムスターのよく見られる死因について解説します。

飼育環境

野生のハムスターは、砂漠や乾燥地帯に住んでいることが多く、主に地面に掘った穴の中で生活しています。

極端な高温や低温を避けて生活するため、夏の暑さや冬の寒さが苦手です。

前述したとおり、ハムスターは寒すぎる環境が続くと、疑似冬眠という仮死状態に陥ります。

また、湿気が多いと不衛生になりやすく、細菌感染などを患って亡くなってしまうこともあります。

ストレス

ハムスターはストレスに弱く、ストレスが原因で死んでしまうことがあります。

例えば、ハムスターを迎えてすぐ、新しい環境になじめず下痢を起こしてしまい、そのまま亡くなってしまうケースがあります。

また、飼い主さんの構いすぎもハムスターにとってはストレスとなるので注意しましょう。

そのほかに、ハムスターにとってストレスとなるものには「気温の変化」「騒音」「光」「ニオイ」「他のペットの存在」などがあげられます。

ハムスターがストレスを感じている時に見せる行動は以下のようなことがあります。

・砂浴びをする
・顔や体の掃除をする
・逃げたり隠れたりする
・噛む
・鳴く
・フリーズする
・体を低くする
・オシッコやフンをもらす

これらのような行動や、いつもと違う動きなどが見られたら周りの環境を見直すようにしましょう。

ストレスとなっている原因を突き止め、早めに取り除いてあげることが大切です。

事故

ハムスターは、転落などの事故による死因も多いです。

ハムスターは近視で目がよく見えていないので、高い場所から落ちることがよくあります。

脱走してしまい高いところから落ちて骨折してしまったり、回し車とケージの間に挟まって死亡してしまうケースなども。

また、ハムスターを同じケージで多頭飼育していると、縄張り争いなどによって共食いしてしまうことがあります。

ケージに複数入れて飼うことは、ハムスターのストレスにもつながるので、多頭飼いする場合は1匹ずつケージを分けるようにしましょう。

病気

ハムスターは、悪性腫瘍や心臓病、腎臓病などの病気が死因となることも多いです。

とくにハムスターは腫瘍ができることが多く、とくに1歳を超えると免疫力の低下などにより発生率が高くなります。

また、ハムスターに多い不正咬合は、咬み合わせが悪くなることでエサを食べなくなり、栄養失調で亡くなってしまうこともあります。

伸びた歯が口内や周辺組織を傷つけ、細菌感染を引き起こすこともあるので注意が必要です。

ハムスターは自分より大きな動物に食べられないように、不調を隠す習性があります。

そのため、飼い主さんが早めにハムスターの異変に気付き、すぐに対処してあげることが重要です。

【ハムスターのギネス年齢】長生きさせる秘訣

可愛いハムスターには、いつまでも元気で長生きしてもらいたいですよね。

ここから、ハムスターを長生きさせる秘訣について解説します。

日常的にブラッシングを行う

ハムスターは自分で毛繕いをするため、ブラッシングが必須ではありませんが、長毛種の子や換毛期になったら定期的にブラッシングをしてあげるといいでしょう。

また、加齢や病気などによって身体が弱ってしまい、自分で毛繕いできない場合、飼い主さんがブラッシングをしてあげましょう。

ブラッシングをする時は、優しくマッサージするように、ハムスターの身体の負担にならないように行ってください。

十分な運動を行う

十分な運動を行うことは、肥満防止やストレス発散になり、長生きの秘訣となります。

ケージの中に運動できるおもちゃを置いて、いつでも遊べるようにしてあげましょう。

また、定期的にケージから出して、部屋の散歩をさせてあげるのもおすすめです。

部屋を散歩させる時は、必ずドアや窓が閉まっているのを確認し、ケガをしないようにハムスターから目を離さないでください。

適正体重を保つ

ハムスターも人間と同じように、肥満になると病気のリスクを高めます。

ハムスターの種類によっても適正体重が異なるので、自分の飼っている種類の適正体重を把握しておきましょう。

ハムスターは生後3ヶ月で大人になり、体重が安定してきます。

種類別の適正体重は以下のとおりです。

種類オスメス
ゴールデンハムスター85〜130g95〜150g
キンクマハムスター85〜130g95〜150g
ジャンガリアンハムスター35〜45g30〜40g
キャンベルハムスター35〜45g30〜40g
ロボロフスキーハムスター15〜40g15〜40g

ただし、個体によってサイズの違いがあるため、適正体重は目安として考えてください。

定期的に体重を測るようにして、ハムスターが肥満になるのを避けましょう。

ストレスを与えない

ハムスターはストレスが原因で亡くなってしまうこともあるほど繊細な動物です。

汚れた環境、光や音、匂いなど、さまざまなことがストレスの原因となります。

ハムスターは綺麗好きなので、ケージ内の排泄物は取り除き、こまめにエサや水を取り替えるようにしましょう。

ケージの中にはハムスターが落ち着いて過ごせるよう、必ず巣箱を設置してください。

生活環境を整える

ハムスターが快適にストレスなく過ごせるよう、生活環境を整えましょう。

まずは、室温やケージ内の温度がハムスターにとって最適で心地よい温度になるように調整することが大切です。

ハムスターにとって最適な温度は20〜26℃で、湿度は40〜60%です。

夏は冷却剤の活用や陶器製のハウスに変えたり、冬はヒーターを使うようにします。

また、エサや水の量にも注意し、不足しないように気をつけましょう。

その子にあった餌を与える

基本的な栄養バランスの摂れた食事を与えることが長生きに繋がります。

ハムスターに必要なタンパク質やビタミンを補う食べ物を与えましょう。

太り気味のハムスターには餌の量を調整するようにし、ひまわりの種は高カロリーなので与えすぎに注意してください。

加齢によって硬い餌が食べられなくなってきたら、柔らかくして与えるなどの工夫をしましょう。

その子に合った餌を与えることが大切です。

【ハムスターのギネス年齢】ペット保険は必要?

ハムスターはデリケートな動物なため、ちょっとしたことで体調を崩してしまうことがあります。

病気になって動物病院の治療費や手術費用など、思わぬ出費になることも。

もしもの時のために、診療費を補償してくれるペット保険に入っておくと安心です。

加入年齢をチェック

ペット保険のほとんどは、新規加入の年齢制限があります。

高齢になると保険に入れない場合もあるので、加入できる年齢をチェックするようにしましょう。

ハムスターの場合、新規加入できる年齢が0歳〜2歳未満であることが多いです。

いざ申し込もうと思った時に入れないこともあるので、できるだけ早めに保険に加入しておくようにしましょう。

補償範囲をチェック

ペット保険を検討する際は、通院・入院・手術に対応していること、1日(1回)あたりの限度額、回数制限などの補償範囲をチェックするようにしましょう。

一般的にペット保険は、1年間で受け取れる限度額が決まっています。

通院・入院・手術それぞれに設定されている1日(1回)あたりの限度額と年間の限度日数(回数)で、一定割合の補償を受け取ることができます。

保険会社によって、補償範囲や限度額、その他のサービス、保険料などはさまざま違いがあります。

ペット保険に申し込む前に条件を確認し、自分がどのペット保険が合っているかをよく検討しましょう。

【ハムスターのギネス年齢】おすすめのペット保険

ハムスターが入れるペット保険は、犬や猫に比べて少なく選択肢は限られます。

ここから、ハムスターが入れる2つの保険を紹介します。

アイペット「うちの子キュート」

アイペット「ウチの子キュート」では、ハムスターは0歳〜1歳11ヶ月まで新規加入ができます。

通院から入院・手術までの費用を補償してもらえて、補償割合が70%、50%、30%の3つのプランから選べます。

アイペットの対応動物病院なら、「うちの子キュート」の保険証を窓口で出して「窓口精算」ができるので便利。

また、毎月の保険料が比較的安く、年齢が上がっても保険料は変わらず一律なので安心です。

 

アイペット損保「うちの子キュート」

当社保険は保険金のお支払いを理由として、契約の継続をお断りすることはございません。終身でご継続いただけます。

引用:アイペットHP よくある質問「保険金が支払われた場合に、契約が継続ができないことはありますか?」

※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書保険約款もご確認ください

SBIプリズム「プリズムペット うさぎ等小動物プラン」

SBIプリズムの「プリズムペット うさぎ等小動物プラン」では、ハムスターは生後0日から満2歳未満まで新規で加入ができます。

補償割合は100%で、補償限度額の範囲内で通院・入院・手術にかかった費用を補償してもらえます。

選べるプランは「プレミアム」と「バリュー」の2つで、1日(1回)あたりの限度額に違いがあります。

補償期間は1年間で毎年自動的に更新され、年齢による保険料の値上がりはなく、契約時からペットが亡くなるまで金額が一定です

月の保険料がほかの保険会社より少し高くなる分、他社にはない補償割合100%という手厚い補償内容となっていることが特徴です。

 

SBIプリズム少短 「プリズムペット うさぎ等小動物プラン」
ペット保険 プリズムペット犬猫

保険契約の更新に際して、満期の2か月前までに保険料およびご契約内容を記載した更新通知書をお送りいたします。
満期日の1か月前までに特段の意思表示がなされない場合、ご案内の内容で更新する旨の意思表示がなされたものとして、更新手続きをいたしますので、ご連絡いただく必要はございません。
(更新契約特約に基づき自動的に更新されます)
前年と異なる内容のご契約を希望される場合は、満期日の1か月前までに書面にてお手続きが必要となりますので、カスタマーセンター(0120-39-1212 受付時間:9:00〜17:00、GW期間・年末年始を除く)までご連絡をいただきますようお願いします。

すべての品種において終身契約更新が可能です。

引用:SBIプリズム少短HP「契約更新について」

※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書・保険約款もご確認ください

よくある質問

ハムスターが急死することはありますか?

昨日まで元気だったハムスターが突然亡くなってしまうケースは多いです。原因はさまざまですが、ハムスターは、野生の本能で弱っているところを見せて狙われないように、体調が悪いことを隠そうとします。もしかしたらハムスターにとっては突然ではなく、以前から体調が悪かったことも考えられます。

ハムスターが悪性腫瘍になったら余命はどのくらいですか?

余命は、腫瘍ができた部位や種類、進行具合、また個体によっても異なります。数週間で亡くなってしまうケースもありますが、腫瘍ができたからといってすぐに死ぬわけではなく、薬を服用しながら寿命まで生きるハムスターもいます。

ペット保険は必要?

ペットには公的医療保険制度がありません。そのため診療費の自己負担額は100%です。

もしものときに、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に加入することをおすすめします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

 

ペット保険比較表や記事を活用するのがおすすめ!

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

【ハムスターのギネス最高年齢は?病気や長生きの秘訣について解説!】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・ハムスターの平均寿命
・ハムスターがかかりやすい病気
・ハムスターを長生きさせる秘訣
について解説してきました。
ハムスターの一生は人間と比べてとても短いです。
1日1日を大切に過ごし、悔いのない生活を送れるようにしましょう。
ペット保険比較アドバイザーではペット保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。