× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • 猫の保険
  • アメリカン・カールがなりやすい病気は?耳や遺伝性疾患も解説!

アメリカン・カールがなりやすい病気は?耳や遺伝性疾患も解説!

アメリカン・カールがなりやすい病気は?耳や遺伝性疾患も解説!サムネイル
アメリカン・カールがなりやすい病気として尿路結石症や腎不全があげられます。また、遺伝性疾患として骨軟骨異形成症もあり、特徴的な耳が実は病気だったこともあります。
耳が特徴的な猫は?と聞かれれば多くの人は耳が前に垂れたスコティッシュ・フォールドを思い浮かべるでしょう。
しかし、猫は垂れ耳の品種だけでなく反り耳が特徴的なアメリカン・カールという品種も存在し、愛好家たちから強い支持を得ています。

この記事では

・アメリカン・カールの遺伝的な病気について
・年齢別に見る注意したい病気と症状について
・アメリカン・カールの飼育のポイントとおすすめのペット保険について
について解説します。
最後までお読みいただければ、「アメリカン・カールの病気」がわかるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。


アメリカン・カールとは

アメリカン・カールの性格は穏やかな子が多いため、その飼いやすさから猫を初めて飼う人向きの猫としても人気があります。

そしての品種の中では最も歴史の浅い猫です。

1981年に南カリフォルニアで保護された耳が外側にカールした猫が原型(ブラックのロングヘアーのメス猫で名前はシュラミスと名付けられた)となり、1983年には愛好家たちにより繁殖が始まりました。

1991年にCFA(世界最大の猫の血統登録団)に認められ、現在も多くの人に愛されています。

アメリカン・カールの身体的な特徴と、生まれつき発症のリスクが高い病気について解説します。

 

身体的特徴

アメリカン・カールの一番のチャームポイントはクルンと後ろに反り返ったかわいい耳です。

しかし、生まれたばかりのアメリカン・カールの耳はカールしておらず、普通の猫と同じようにピンと立った形をしています。

生後約1週間前後で耳が後ろに反り始めるのですが、すべてのアメリカン・カールの耳が後ろに反り返るわけではありません。

純血のアメリカン・カールでも耳がきれいにカールする確率は50%ほどと言われています。

また、体の大きさの個体差が大きく、体格が小さい子なら大人猫になっても体重は2.6kg〜3kgほどですが、大きい子だと6kgくらいまで成長する子もいます。

 

遺伝性疾患

アメリカン・カールに多い遺伝性疾患では骨軟骨異形成症があります。

骨軟骨異形成症とは、遺伝子の作用により成長の段階で軟骨の構造に異常が起きてしまう病気です。

主に骨端(関節を成形する両端の膨らんだ部分)に軟骨の塊ができることで骨を変形させます。

骨軟骨異形成症は症状がほとんど現れない子もいれば、関節の部分がコブ状に腫れて正常に関節を動かすことができない重度の状態になる子まで様々です。

 

飼育時に気をつけたいポイント

アメリカン・カールは特徴的な容姿をしているため、ケアや飼育のポイントを間違えると思わぬ怪我や状態を招くことがあります。

そうならないためにも飼育時の注意ポイントを簡単に紹介します。

 

飼育時に気をつける事

アメリカン・カールを飼育する上で気をつけたいポイントは以下の2つです。

・耳掃除
・ブラッシング

1つづつ解説します。

 

耳掃除

アメリカン・カールの最大の特徴である耳は、デリケートで病気に弱いという弱点があります。

特に耳で気をつけたいのは外耳炎です。

外耳炎は耳を清潔に保つことが予防の上で大切ですが、間違った耳掃除を行うと逆に耳を傷つけてしまうことがあるので注意する必要があります。

そのため、耳掃除の際に耳を強く引っ張ったり、奥の汚れなどを取ろうとして綿棒を耳の中に入れ込むということはしないでください。

自身がないときは動物病院やトリマーなどから実際に教わりながら行うと良いでしょう。

 

ブラッシング

アメリカン・カールは短毛の子もいますが基本的に中毛から長毛の子が多いので、毛球症にも注意が必要です。

毛球症とは毛づくろいなどで飲み込んだ毛が体の外に排出されずに蓄積し、大きな塊を作ることで嘔吐などの消化器症状を起こしてしまう状態のことです。

毛球症の予防にはブラッシングか効果的です。

定期的なブラッシングは抜け毛を取り除き、猫の口の中に入る毛の量を少なくすることに繋がります。

 

生活面での注意点

アメリカン・カールは筋肉質で骨太な体格で、遊びや運動が大好きな活発な品種です。

そのため、上下運動ができるように飼育環境を整える必要があります。

猫の上下運動スペースの確保にはキャットタワーやキャットウォークの設置が簡単ですが、お金をかけたくない場合には、家具を階段状に設置するだけでも縦の空間を利用することができます。

また、人懐っこく甘えん坊な面もあるため、1日に最低でも5〜10分以上は集中して遊んであげましょう。

 

年齢別でみる注意したい病気

人も猫も年齢に関わらず、常に病気にかかるリスクに晒されています。

それでもある程度は年齢により病気の種類に違いがあるため、今回は猫の年齢を三段階に分けて解説していきます。

 

子猫期(0~1歳)

子猫は体の免疫力も体力も未発達なため、感染症に注意をする必要があります。

感染症のリスクを下げるためには、清潔な飼育環境正しい食事室内飼育の徹底ワクチン接種が有効です。

また、感染症の予防は外耳炎の発症のリスクを下げることも期待できます。

外耳炎の原因は様々ですが、細菌感染や耳ダニの寄生により発症することも多い病気です。

子猫には生後半年までに3回のワクチン接種が推奨されています。

感染症やそれに伴う病気の併発を予防するためにも、子猫の時期のワクチン接種は特に重要です。

忘れずにワクチン接種を行うようにしてください。

 

成猫期(1歳~7歳)

成猫期に注意したい病気には尿路結石症(尿石症)があります。

尿路結石症はオシッコの通り道(腎臓→尿管→膀胱→尿道)に結石(オシッコの中にある成分が結晶化し塊になったもの)ができることで発症する尿トラブルです。

また、猫全般に言えることですが、泌尿器系のトラブルはメス猫よりもオス猫のほうが多い傾向があります。

尿石症の症状は色々ありますが、最も気をつけなければいけないのはおしっこが出ない、もしくは出ていてもポタポタと垂れるようにしか出ない状態です。

おしっこが出ない状態は尿閉塞と言われ、放置をすれば尿毒症や膀胱破裂、急性腎不全などの命に関わる事態になります。

そのため、一刻も早く動物病院での処置が必要となります。

 

高齢猫期(7歳以上)

高齢期になると尿石症に加え腎不全への注意が必要になります。

腎不全とは、腎臓が障害を受け本来の機能の約75%の機能を失なった状態を指します。

腎臓は体の中の毒素や不要物を尿という形で体の外に出してくれるとても重要な臓器です。

そのため、腎臓の機能が弱くなれば、体の毒出しが上手くいかなくなり、様々な症状が引き起こされます。

腎不全の症状は多様ですが、中でも多い症状としては

・嘔吐
・下痢
・脱水
・食欲低下
・体重減少

などがあります。
これらの症状は初期症状として現れることが多いため注意が必要です。

また、腎不全には急性と慢性型の2つに分かれており、急性腎不全ではおしっこの量が極端に少なくなり、逆に慢性腎不全ではおしっこの量が増えるという症状が見えます。

腎臓は一度機能を落としてしまうと回復することはありません。

そのため腎不全は発症したら完治ではなく、対症療法による症状の改善と維持を目的とした治療になります。

腎臓は「沈黙の臓器」呼ばれるほど状態の悪化が表に現れない臓器です。

そのため、日頃から愛猫の飲水量や尿の状態などに気を配り、疑わしいと感じたら一度動物病院で検査を受けることをおすすめします。

また、より早期の発見を考えているのであれば、定期的な健康診断を受けることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

腎臓の不調は症状として現れる前に血液の数値の変化として現れてきます。

健康な数値を把握し、定期的に数値を観察していくことは現時点における早期発見の強力な味方となってくれます。

アメリカン・カールにおすすめの保険は?

ここでは猫及びアメリカン・カールに合ったおすすめのペット保険、比較・選び方について解説します。

全てのペット保険で補償の対象外である去勢の費用等の項目は除き、あくまで保険会社・プランで差別化になるポイントに絞って解説します。

他サイトのようなランキング形式ではなく、あくまで猫目線で解説していきます。

 

猫及びアメリカンカールのペット保険加入の選び方のポイント

①猫のなりやすい病気が補償されるか確認
・歯科治療(歯周病等)
②加入後に発症した先天性、遺伝性疾患が補償されるか
③通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険の中でも通院は他社と比較しても手厚いか
④更新の際に「来年度からの傷病や部位補償の対象外」とする可能性がないか

 

①猫のなりやすい病気が補償されるか確認

ペット保険は保険会社によって補償する病気や、補償の対象外となる項目が異なります。

中には猫がなりやすい、歯周病を含む一切の歯科治療を補償の対象外としているペット保も存在します。例えば「プリズムコール」では一切の歯科治療が補償の対象外です。

また、「日本ペット少額短期保険:いぬとねこの保険」では「歯肉に触れる治療は補償されるが、歯に触れる治療は補償の対象外」といった細かい制限があります。

 

特に歯科治療は保険会社によって補償されるかが異なりますので、必ず保険約款や重要事項説明書を確認することをおすすめします。

また公式HPでも「保険金のお支払いできない事例」の中に記載されていることがほとんどですので必ず確認しましょう。

補足になりますが、予防目的の歯石除去等は全てのペット保険で補償の対象外なので注意しましょう。

 

猫がなりやすい病気で補償の対象外か確認すべき病気

・歯科治療(歯周病等)

②加入後に発症した先天性、遺伝性疾患が補償されるか

全てのペット保険で加入前に発症している先天性、遺伝性疾患は基本的には補償の対象外となってしまいますが、加入後に発症した先天性、遺伝性疾患を補償するかどうかは保険会社によって異なります。

猫種によっては、なりやすい遺伝性疾患があります。例えばアメリカン・カールでは 骨軟骨異形成症という遺伝性疾患が存在します。

こちらも併せて公式HP内の「保険金をお支払いできない事例」や保険約款・重要事項説明書を確認し、加入後に発症した先天性疾患が補償されるかしっかり確認しましょう。

 

③通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険の中でも通院補償の手厚さを重視するのがおすすめ

アメリカンカールに限らず、猫がなりやすい病気である「腎臓病」や「膀胱炎」は長期もしくは複数回の治療が必要になる疾患です。また「尿結石」は症状が重い場合、外科手術を伴う高額治療が必要になる傷病です。

そのため、には「通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険」に加入することがおすすめです。

 

しかし、猫は腎臓病等の慢性疾患になりやすいのに対し、そこまで手術の可能性は高くありません。そのためにはフルカバー型の中でも通院補償が他社より手厚いペット保険に加入することをおすすめします。

例えば、腎不全であれば通院だけでも下記の治療費がかかります。

【通院治療費】

・年間平均診療費 : 272,598円
・平均診療単価 : 9,329円
・年間平均通院回数 : 15.2回

参考:アニコム損保「家庭どうぶつ白書2019
参考:猫との暮らしとお金「猫が慢性腎臓病になったときにかかる費用はどれくらい?
(あくまでも統計による平均なので一つの参考資料として見てください)

ペット保険の中で一番人気である補償割合70%:通院・手術・入院を補償するフルカバー型の保険では、通院補償が「年間20~22日:1日あたり10,000~14,000円:年間最大20万~30万円」で設定されていることが多いです。
ちなみにフルカバー型のペット保険(補償割合70%)の中で年間の最大通院補償金額が高いのは楽天ペット保険の、「年間22日まで:一日あたり15,000円まで:年間最大33万円まで」です。

更新の際に「来年度からの傷病や部位補償の対象外」とする可能性がないか

ほとんどのペット保険が一年契約となっており、契約を毎年更新していくことで終身の補償となっています。

つまり、ペット保険に加入すると毎年契約更新の審査があります。

中には「前年度にかかった傷病や慢性疾患」等の、特に治る見込みが少ない、再発の可能性が高い慢性疾患を、更新の際に「来年度から補償の対象外とします。」と条件を付け加えてくる保険会社があります

もちろん中には「更新の際に条件を付け加えることはありません」といった記載をしているペット保険もあります。

 

猫がなりやすい「腎臓病」や「膀胱炎」は慢性疾患のためかかってしまったら一生の付き合いが必要な病気です。

加入を検討しているペット保険会社の「更新時の対応」についても必ず確認することをおすすめします。

しかも、「更新時の対応」については、どのペット保険であっても公式HPや保険約款の目立たないところにあったりするので結構見落とします。
公式HPの「よくある質問:更新について」「保険金をお支払いできない事例」等のページで記載されていることが多いので、必ず一度は確認することをおすすめします。

また、ペット保険比較アドバイザーではそういった情報も一つの記事内でまとめていますのでぜひ一度ご確認ください。

アメリカン・カールにおすすめのペット保険をご紹介!

最後に、今回ペット保険比較アドバイザーではアメリカン・カールにおすすめのペット保険をご紹介します。

おすすめの理由としては上記で説明したロシアンブルーのペット保険の選び方、ポイントや条件をすべて満たしているからです。

一部PS保険は手術の補償金額が1回あたり最大10万円だったり不安な点はありますが、先天性疾患や更新時の対応が他社より優れています。

また、アニコムに関しては「腸内フローラ測定」を年一で行えるため、猫の死因ランキング1位である腎不全の予防までできる他、外出しずらい猫には有効な健康チェックです

測定結果によっては血液検査も無料で受けることができます

ただし、細かい補償内容や金額についてはもちろん違いがありますので必ず重要事項説明書や保険約款、パンフレットや公式HPを確認してください。

あくまで参考ですが、そもそも病気にさせたくないと考える飼い主様にはアニコムがおすすめです。

 

メリットデメリット
・歯科治療も補償
・「腸内フローラ測定」等の予防型サービスも付帯
・手術は一回当たり最大14万円まで保障(補償割合70%プラン)
保険料が高い

 

アニコム(ふぁみりぃ)

2年目以降のご契約継続について
弊社の商品の保険期間は1年間ですが、ご契約には「継続契約特約」を適用して引受をさせていただいておりますので、解約等のお申し出がない限り満期後は、原則ご契約は自動的に継続となり、終身ご継続いただけます。

※ご注意
・ご契約者または弊社より別段の意思表示があった場合には、ご契約は継続となりません。
・自動的にご契約が継続とならない場合や、商品改定により保険料、補償内容などが変更となる場合があります。

引用:重要事項説明書

※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書保険約款もご確認ください
補償内容やそれぞれのデメリット等がより気になる場合は下記の記事を参考にしてください。

補足:先天性疾患が発症する前に!遅くとも7.8歳までには加入しよう

ペット保険は、加入する前に発症している先天性疾患は補償の対象外となります。

そのため、病気になってから保険に加入しようとしても、肝心のその病気の治療費は補償の対象外になってしまいます。

また、加入後に発見できた病気であっても先天性疾患を補償の対象外としているペット保険や、慢性疾患にかかると更新できない保険もあります。

また一般的にペット保険では8~12歳で新規加入年齢を設定していることがほとんどです。早いところでは7歳で新規加入を締め切るペット保険もあります。

「健康なうちに加入しないと意味がない」「また年齢制限に引っかからないから保険の選択肢が広がる」という意味で遅くとも7~8歳までにはペット保険の加入、少なくとも検討をすることをおすすめします。

補足ですが、アニコムやプリズムコールではシニア向けのペット保険商品もあります。しかし保険料も高くなり補償内容のグレードも普通のプランより下がってしまいます。

高齢・シニア向けのペット保険については下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

 

よくある質問

アメリカン・カールの値段はいくら?

アメリカン・カールのペットショップの平均相場は約15〜20万円です。
ブリーダーからの直接購入の場合はペットショップより低い価格で購入できることが多いです。
しかし、親猫がチャンピオンキャットなどの場合はペットショップの価格より高い価格で取引されることもあります。
また耳がカールしていないアメリカン・カールの場合の平均価格はカールしている子に比べて約2万ほど低い価格で販売されることが多いです。
しかし耳のカールの有無を除けば、内面は穏やかで賢く、甘えん坊で茶目っ気のある性格は変わりありませんので、内面重視の方は一度検討されてみてはいかがでしょうか。

アメリカン・カールの特徴は耳以外にあるの?毛色や目の色に決まりはあるの?

アメリカン・カールには毛色や目の色に指定はありません。
理由は、アメリカン・カールは現在、雑種との交配が認めれられている品種だからです。
雑種との交配が認められている背景として、品種としての歴史が浅く、近親交配が行われやすい現状があります。
そのため、近親交配により障害のある猫が生まれるのを防ぐために雑種との交配が認められています。
この雑種との交配が認められている結果、アメリカン・カールには白猫や黒猫、三毛猫や茶色、グレーやレッドタビー、クリームタビーやブラウンタビーなど個性豊かな毛色の猫達がいます。
また、アメリカン・カールと名乗るための唯一の条件は「原型となった猫の子孫である」ことなので、原型となった猫の子孫であればカールしてない耳を持っていたとしてもアメリカン・カールとして認められます。

ペット保険は必要?

ペットには公的な保険制度がありません。そのため治療費の自己負担額は100%です。

もしもの時に、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に加入することをおすすめします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

ペット保険比較表や記事を活用するのがおすすめ!

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

 

【アメリカン・カールの病気】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・アメリカン・カールの特徴的な耳はホコリなどの異物が入りやすいため外耳炎に注意が必要であること
・骨軟骨異形成症は確立された治療法がないため、滑り止めマットなどを活用するなどして、普段から関節の負担を減らす工夫が必要であること
・注意したい病気は年齢によって変化してくるためライフステージに合わせて飼育方法を調節していくことが大切であること
について解説してきました。
愛嬌があり優雅な性格な子か多いアメリカン・カールとの生活を楽しむためには、猫自身に健康でいてもらうことが基本になります。
しかし、どれだけ健康に気をつけていても病気の発症を0にすることはできません。
この記事がアメリカン・カールの保険選びの一助になれたのなら幸いです。
ペット保険比較アドバイザーではペット保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。