× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • 犬の保険
  • チワワは水頭症になりやすい?初期症状や確率・原因や治療法等も解説

チワワは水頭症になりやすい?初期症状や確率・原因や治療法等も解説

2023年11月7日

犬の保険

チワワは水頭症になりやすい?初期症状や確率・原因や治療法等も解説サムネイル
水頭症という病気をご存じでしょうか?
発症例は多くはないですが、特にチワワなどの小型犬の先天性疾患として注目されています。
予備知識をもっておけば、大切なわんちゃんの異常に早く気づくことができます。
この記事では
・水頭症の原因
・水頭症の症状
・水頭症の診断と治療法
・水頭症の予防法
について解説します。
最後までお読みいただければ水頭症がどんな病気なのか、また水頭症の診断法や治療法などもわかるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。

水頭症とは

水頭症とは、何らかの原因で脳室(脳内の空間)に脳脊髄液が過剰に溜まって、脳を圧迫する病気です。犬でも時々見かけられますが、多くは先天性の疾患で予後は重症度によって異なります。

脳が圧迫されるために特有の神経症状があるとともに、特徴的な外見をしているため、知識を持っていればある程度見当をつけることができます。

 

「脳脊髄液(のうせきずいえき)」について

脳と脊髄はつながっており、これらは一つの塊として髄膜に包まれています。

髄膜
三層からなる膜組織で、外側から硬膜(丈夫な膜)・くも膜(クモの巣様の網目状の膜で、脳の表面の血管を支えている)・軟膜(脳の表面に張り付いている)

脳脊髄液は脳や脊髄に存在する無色透明な液体で髄膜の中(くも膜下腔)を通って脳・脊髄を循環しています。

【脳脊髄液の割合は?】

・脳実質(大脳 中脳 小脳 間脳) 80%
・血管               10%
・脳脊髄液             10%

 

【脳脊髄液はどこで作られる?】

脳室内の血管が集まるっている脈絡叢(みゃくらくそう)

脳脊髄液は脈絡叢で血液より産生されるため、成分の中にはタンパク質や糖、血球なども少し含まれています。

脳室とは
脳実質の間に存在する隙間を指します(左右の側脳室・第三脳室・第四脳室)。それらは互いに連絡をする通路が存在し、脳室は脳脊髄液で満たされています

脳室で作られた脳脊髄液はくも膜下腔を常に循環しており、最終的には頭頂部にある「くも膜顆粒」から吸収され静脈に戻ることで量のバランスが保たれています。

 

【脳脊髄液の主な働きは?】_

・脳の水分調整をして形を保つ
・循環しながら脳や脊髄を衝撃から保護する
・代謝性物質の排泄

脳も血液から酸素や栄養素の補給をうけ、その結果生じる代謝産物を静脈まで運ぶのも重要な役割です。

 

チワワの水頭症とは

特定の小型犬や短頭種(チワワ・ヨークシャテリア・トイプードル・パグなど)は先天性の水頭症が多い犬種といわれていますが、代表的な犬種として引き合いに出されるのがチワワです。

元来、チワワは他犬種に比べ、てんかんや水頭症などの神経疾患の多い犬種です。

水頭症に関していうなら犬全体の発症確率が0.1%であるのに対してチワワの発症率は0.3%と高くなっています(アニコム疾患統計)。

 

チワワの先天性水頭症と後天性水頭症

水頭症は「先天性」と「後天性」に分けられますが、その多くは先天性です

 

先天性水頭症

水頭症とは、頭の中に脳脊髄液が過剰に溜まった状態をいいますが、原因として考える状況としては

脳脊髄液の

・産生過剰
・循環経路の狭窄
・吸収障害

中でも原因の多くは「循環路の狭窄」であり、主には中脳水道が挙げられます

最も大きな脳室は大脳の中にある左右の側脳室であり約70%の脳脊髄液を産生しています。

そこで作られた髄液は次の様に流れていきます。

側脳室で作られ → 内側の室間孔(モンロー孔) → 第三脳室 → 第三脳室で作られた脳脊髄液と一緒に → 中脳水道を通り → 第四脳室 → 脳・脊髄のくも膜下腔へ

脳室では常に脳脊髄液が作られ続けて循環しているため、通り道に狭窄があると、結果として脳室に脳脊髄液が過剰に溜まります。

例えば中脳水道の狭窄や閉塞で流れが悪くなると

中脳水道の流れが悪くなる → 側脳室に脳脊髄液が過剰に溜まる → 大脳が頭蓋骨に押しつけられるため変形・菲薄化(薄っぺらくなる) → 大脳の機能障害

脳は柔らかい組織で、圧力が加われば簡単に形を変えることができが、損傷や変性しやすいという特徴も兼ね備えています。

脳脊髄液が多くなればなるほど、脳はどんどん圧迫されて薄っぺらくなっていき、ダメージを受けた脳の部分が担っている機能に障害が出てきます。

もちろん、側脳室のみならずすべての脳室に影響が出るケースもあります。

 

では生まれながらに水頭症になっている犬たちの寿命はどうなのでしょうか?

コントロールがうまくできれば比較的予後は良好で、中には水頭症でありながら、何の症状もなく元気に過ごしている子もいます。

一方で生後2か月くらいまでに症状が出る場合、予後はよくなく、数ヶ月で亡くなる場合も見られます。

先天性水頭症の場合、その症状に気づくのが何歳であろうと、発症年齢は生まれたときということになります

 

後天性水頭症

後天的な水頭症は脳の損傷・出血・炎症などが原因で引き起こされるものをいい、チワワなどの小型犬に限らず、すべての犬種で発症の可能性があります。

【後天性水痘症の原因となる疾患】

・事故で頭部を強打
・脳炎
・脳腫瘍
・髄膜炎
・脳内出血

など

上記のような理由で脳がダメージを受けると脳脊髄液の循環経路の閉塞や狭窄の他にも過剰産生(側脳室脈絡叢の腫瘍など)、吸収障害が原因の水痘症を発症する場合があります。

後天的な水痘所の場合、原因疾患にもよりますが、予後があまりよくありません。

 

【チワワの水頭症】症状は?

水頭症は、障害されている脳の部位によってさまざまな神経症状が現れます。

代表的なものをご紹介します。

【外見的な特徴】

・アップルヘッド : ドーム型の大きな頭
・外腹側斜視   : 黒目が外下方に向いている
・泉門開存    : 頭蓋骨の形成不全

見た目のほかにも飼い主さんの気づきやすい【初期症状】しては

・ぼーっとしている
・元気がない
・呼びかけにも反応が悪い
・寝る時間が長い
・ふらつきがある
・発育が悪い
など
【重度の場合】
・立てない
・意識障害
・てんかん様発作が多発
・失明など

【その他の主な症状】

・旋回運動(一定の方向にくるくる回る)
・視力障害 眼球振盪(視線が定まらない)、失明
・行動異常 沈鬱 攻撃性
・覚えが悪い 覚えたしつけを忘れるなど
・性格の変化

水頭症はすぐに症状が出るわけではなく、徐々に脳脊髄液が溜まることで脳圧が上昇して症状が出現します。

先天性水頭症では、生後2~3か月で症状が出現しはじめることもありますが、1歳くらいまでには飼い主さんが異変に気づき、受診して診断されることが多い様です。

「うちの子何か変?」と感じたら早めに動物病院を受診しましょう。

 

ペットショップなどで子犬を迎えるときの見分け方としては

「体が小さくて、目がロンパリで、頭の形がちょっと変」と感じる子犬は避けた方がよいでしょう。

見方によっては愛嬌があってかわいいかもしれませんが。

写真をSNSで公開している飼い主さんもおられるので、参考になると思います。

 

【チワワの水頭症】の診断方法

水頭症を疑う場合、特徴的な外見や神経症状を見ながら検査を進めます。

視診(水頭症の特徴的な外見)・触診 

チワワはもともと丸い頭をしているので見分けにくい上に、頭蓋骨の閉鎖不全(泉門開存・ペコ・モレラ)が認められる場合もあります。チワワの場合、外見的な条件がそろっていても即水頭症を疑うことはできません。

・ 頭頂部の頭蓋骨の閉鎖不全があるか
・ 同じ犬種、同じ体格の犬と比べて頭蓋骨が大きくドーム状になっていないか
・ 左右の眼球が外側の斜視になっていないか

併せて飼い主さんから普段の生活の様子や症状についての聞き取り、四肢の反射などの確認をします。

次に
・血液検査(他疾患との識別検査)
・頭部レントゲン検査(頭蓋骨の形状)
・エコー(超音波)検査(側脳室の大きさを評価)
必要に応じて
・画像診断(CT・MRI)
・脳脊髄液検査

最近では機器の進歩もあり、頭部の超音波検査による診断が一般的に行われています。

最大のメリットは全身麻酔が必要ないため犬の体に負担がかからない、診察室で簡単にできるということでしょう。

頭蓋骨で覆われている頭の中は一般的にはエコー検査は不可能ですが、先天性水頭症の犬は頭蓋骨の結合が緩いことが多いため、その隙間から超音波検査が可能です。

超音波でわかるのは大脳半球の中にある左右の側脳室です。この脳室の大きさを評価する方法(脳室脳比: V/B ratio)が、若齢期での先天的水頭症の検査としてよく用いられます。

 

【エコー検査でわかること】

・側脳室の拡大の有無
・脳実質の菲薄化の状態
・脳室内に異常な浮遊物がないか
・脳の血流の様子
状態によっては、より精密な検査が必要なケースもあります。

CT・MRI検査も

手術を実施する場合など、より詳しく脳内の状態を確認するためにはCTやMRIの画像検査を行う場合があります。

【CT・MRIでわかること】

・超音波検査では見えない全ての脳室の状態
・脳室拡大の原因として腫瘍、脳炎や脳浮腫などの有無
・水頭症同様の症状をおこす他の疾患がないか

特にMRIは神経疾患における脳脊髄の診断に優れています。

ただし、実施できる施設が限られている、検査費用が高額、全身麻酔が必要というデメリットもあります。

 

【チワワの水頭症】治療方法

先天性水頭症は軽度であっても治ることはないので、対症療法になります。

治療法は大きく二つ「内科的治療」「外科治療」があります。

 

内科的治療

脊髄液の産生を抑え、排出を促すことで頭蓋内圧を下げることを目的とします。

対象となるのは「症状が軽い場合」「手術できない場合」です。重症の場合は内科的治療での改善は厳しいと言えるでしょう。

【主な治療薬】

・副腎皮質ステロイド剤(プレドニゾロン・デキサメタゾンなど)
・利尿剤
・抗けいれん剤(けいれん発作がある場合)

ステロイド剤

症状が進むと脳細胞に水分が過剰にしみこんみ脳浮腫や周囲に炎症が起きてきますが、それらの症状を抑える効果があります。

また、脳脊髄液の産生を抑える働きが期待できます。

 

浸透圧利尿剤(イソソルビド、グリセリン製剤など)

余分な水分を静脈に吸収することで状態の改善を目指します。

 

抗けいれん剤 水頭症に合併するてんかん様発作

けいれん発作は抗けいれん剤を使用しますが、発作の回数を減らすことが目的です。

薬を使用してもけいれん発作を繰り返すと、特に重責発作が現れると、最期のときが近づいているといえるでしょう。最終的には昏睡状態になり、寿命を終えます。

また、脳圧が上がり脳ヘルニアを起こすと回復は難しいでしょう。

 

内科的治療に反応しない場合、外科的治療という選択肢もあります。

 

外科的治療

水頭症の治療はヒトの場合ほ外科的治療が主流となりますが、犬の場合は実施施設も少ないため、そこまで多くの件数が行われているわけではありません。

また、症状が重い場合は手術しても脳機能が回復しない場合があります。手術自体は対応できる施設であればさほど難しい手術ではありません。

手術内容は、脳室内に過剰に貯留している脳脊髄液を脳室の外側に逃がすバイパスを設置するものです。

バイパス手術にはいくつかの方法がありますが、犬の場合腹腔に脳脊髄液を逃がす「脳室ー腹腔短絡術(VPシャント術)が一般的です。

実際には腹腔に特殊な弁のついたチューブを固定し、背中側の皮下を頸部まで通します。次に後頭部の頭蓋骨に小さな穴をあけてチューブを差し込み、その後頭部と頸部のチューブをつなぎ合わせるという方法です。

手術のデメリット

・シャントチューブが詰まることがある
・実施している施設が少ない
・感染の危険性がある
・成長に合わせたチューブの交換が必要な場合がある

水頭症の手術では、ヒトの場合術後10年以内に死亡する割合は10%程度ですが、犬や猫の場合、術後3か月くらいまでに死亡したり合併症を起こす危険性はあります。

そこを乗り越えると数年生存は可能なようです。治療に対する予後のデーター統計はあまり出ていないので、詳しい情報はわかりません。

 

【チワワの水頭症】予防法

チワワは世界最小の犬種と言われています。

比較的病気にはなりにくい犬種ですが、てんかんや水頭症などの神経疾患には注意しましょう。

発症を予防することはできませんが、水頭症の症状などの知識を持って観察することが大切になります。

先天性水頭症の場合、症状が出始めるのは2~3ヶ月が多く、1歳ころには診断が確定するケースが多く見受けられます。

チワワは元来独立心が強く神経質な一面を持っている犬種です。目に障害がでると、不安なことも手伝って攻撃的になるケースが多く、日々の生活が大変になるかもしれません。

外見や行動の変化をしっかりと観察しましょう。

 

チワワにおすすめのペット保険は?

ここではチワワにおすすめのペット保険・選び方について解説していきます。

水頭症やてんかん含めたチワワがなりやすい病気やその治療法を踏まえて、必要な補償を備えたペット保険を案内しますので、ぜひ参考にして下さい。

チワワのペット保険選びにおいて必要な補償

①歯周病・パテラ・てんかん・チェリーアイ・気管虚脱が補償されるか
②更新時に条件が付く可能性が無いペット保険
③加入後に発症した先天性疾患も補償
④通院付き

 

チワワのペット保険選び①なりやすい病気が補償されるか

上記に記載しているチワワがなりやすい病気のうち、ペット保険会社によっては補償されない病気や傷病がいくつか存在します。

例えばSBIプリズムコールでは、下記全ての病気が補償の対象外ですが、アニコム損保やアイペット損保では逆に全ての病気が補償の対象となっています。

 

【チワワのなりやすい病気のうち補償の対象かどうか注意すべき病気

・歯周病
・膝蓋骨脱臼(パテラ)
・てんかん
・チェリーアイ
・気管虚脱

 

チワワのペット保険選び②更新時に条件が付く可能性が無いペット保険

チワワが注意すべき病の中には「水頭症やてんかん」といった、完治させることが難しく生涯で定期的な通院が必要な慢性疾患が含まれています。

ペット保険の中には、上記のような病気にかかってしまうと、「来年度から○○を補償の対象外とします」といった条件付きの継続加入を通告する保険会社があります。もちろんこういった「条件を付与しないペット保険」もあります。

こういった場合、「条件を認めないと継続加入はできない」となるため、実質的に慢性疾患が最期まで補償されないということになります。

HPや事項説明書を確認しても結構見落としてしまうポイントです。チワワがなりやすい病気を最後まで補償してくれるペット保険を選ぶようにしましょう。

 

チワワのペット保険選び③加入後に発症した先天性疾患を補償

チワワがなりやすい水頭症の多くが先天性疾患です。

しかし、ペット保険の中には、加入後に発症した先天性疾患であっても補償の対象外としているペット保険があります。そうしたペット保険に加入していたとしても、先天性疾患と判断されてしまえば補償されることは無いということです。

もちろん、こちらも「加入後に発症した先天性疾患は補償の対象」としているペット保険があり、こちらを備えたペット保険を選ぶことをおすすめします。

チワワのペット保険選び④通院付のプラン

チワワがなりやすいてんかんや心臓病といった慢性疾患は手術ではなく通院治療や投薬治療を主としており、頻度や回数も多いため通院費用だけでも高額な治療費がかかる可能性があります。

そのため、基本的には通院補償を備えているペット保険をおすすめします。心理的にも保険があることでちょっとしたことでも動物病院に行きやすくなることから、早期発見が見込めます。

チワワにおすすめのペット保険を紹介!

最後に今回ペット保険アドバイザーではチワワにおすすめのペット保険(アニコム損保:ふぁみりぃ)ご紹介します。

おすすめの理由としては上記で説明したチワワのペット保険の選び方ポイントや条件をすべて満たしているからです。

チワワのペット保険選びにおいて必要な補償

①歯周病・パテラ・てんかん・チェリーアイ・気管虚脱が補償されるか
②更新時に条件が付く可能性が無いペット保険
③加入後に発症した先天性疾患も補償
④通院付き

また、上記条件を満たすアイペット損保(うちの子)と比較しても、保険料が基本的にアニコム損保の方が安いため、おすすめできます。

「ふぁみりぃ」は7歳11か月までしか加入できませんが、「しにあ」では8歳以上であればどの年齢の子でも加入できます。また、付帯サービスにある腸内フローラ測定の結果次第でふぁみりぃにプラン変更ができる可能性もあるため、どちらのプランもおすすめできます。

アニコム損保(ふぁみりぃ7歳11ヶ月まで:しにあ8歳~)
2年目以降のご契約継続について
弊社の商品の保険期間は1年間ですが、ご契約には「継続契約特約」を適用して引受をさせていただいておりますので、解約等のお申し出がない限り満期後は、原則ご契約は自動的に継続となり、終身ご継続いただけます。
※ご注意
・ご契約者または弊社より別段の意思表示があった場合には、ご契約は継続となりません。
・自動的にご契約が継続とならない場合や、商品改定により保険料、補償内容などが変更となる場合があります。
※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書保険約款もご確認くださいそれぞれが複数のプランを販売しているのでペット保険のプランは50以上あります。

 

よくある質問

家にいるチワワが水頭症の疑いがあるといわれました。ペット保険は使えますか?

水頭症がペット保険で補償されるかどうかということですが、先天性疾患を補償対象にしている保険会社も数社あります。ただし、加入時前に診断を受けていないことが条件です。詳しくはご加入のペット保険の「重要事項説明書」をご確認ください。

チワワで水頭症かどうか、いつわかりますか?

一般的に水頭症の症状が出始めるのは生後2~3か月くらいからで、症状もそれぞれ異なります。エコー検査は月齢が早くても可能なので異変を感じたら獣医師に相談しましょう。先天性の場青は1歳ころまでには何らかの症状が出てきて診断を下されるケースが多いようです。

ペット保険は必要?

ペットには公的な保険制度がありません。そのため治療費の自己負担額は100%です。

もしもの時に、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に加入することをおすすめします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

 

ペット保険比較表や記事を活用するのがおすすめ!

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

【チワワは水頭症になりやすいって本当?原因や治療法についても解説!】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・水頭症の原因
・水頭症の症状
・水頭症の診断と治療法
・水頭症の予防法・箇条書き
について解説してきました。
愛らしい小さな命を家族に迎えたら、ずっと元気に暮らしてほしいと誰しも願います。
しかし、残念ながら生まれながらにして障害をもっている子たちもいます。
知識を持って接していれば異変にも早く気づくことができ、早期に治療を始めることができます。
この記事が何かの参考になれば幸いです。
ペット保険比較アドバイザーではペット保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。