× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • 犬の保険
  • シーズーの適正体重は?子犬時の体重推移や成犬時の体重について解説

シーズーの適正体重は?子犬時の体重推移や成犬時の体重について解説

2023年11月8日

犬の保険

シーズーの適正体重は?子犬時の体重推移や成犬時の体重について解説サムネイル

シーズーは子犬の時と成犬になってからで適正体重の見方が変わります。子犬時は体重も参考になりますが1歳を過ぎてからは個体差を考慮したBCSを踏まえた適正体重の見極めが必要です。

シーズーは長い被毛を持ち、鼻ペチャな顔をしている犬種です。小型犬でありながらしっかりした足をしているのも特徴的です。

この記事では

・シーズーの適正体重
・シーズーの適正体重の確認方法
・シーズーが肥満になった場合のリスク
・シーズーの体重管理の方法
について解説します。
最後までお読みいただければ、シーズーの体重管理についてわかるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。


シーズーの適正体重は?

シーズーは小型犬の分類なので、成犬時の体重は5~8kg程度になります。このようにシーズーはサイズの個体差の大きい犬種なので、一概にこのくらいの体重が適正である、ということはできません。

シーズーの適正体重はその子の骨格や体格により大きく違いが出ます。ですから自分の愛犬がどのくらいの体重が適正なのかを、一度獣医さんに聞いてみるとよいでしょう。

【年齢別の適正体重の目安】

ここではシーズーの子犬から成犬までの平均的な体重推移について月齢別にご紹介します。

生後1ヶ月約1.0㎏
生後2ヶ月約1.3㎏
生後3ヶ月約1.6㎏
生後4ヶ月約2.0㎏
生後5ヶ月約2.6㎏
生後6ヶ月約3.3㎏
生後7ヶ月約3.6㎏
生後8ヶ月約3.8㎏
生後9ヶ月約4.0㎏
生後10ヶ月約4.2㎏
生後11ヶ月約4.3㎏
1歳約4.5㎏

生後5か月までは成長スピードが早いのですが、生後6か月ごろから徐々に体重の増加が落ち着いてきます。そして成犬になる1歳前後で体が大人になりほぼ完成になります。

シーズーの体重の量り方は?

シーズーの体重の量り方は2つあります。シーズーが暴れずにきちんと体重を量れる方法を取ってください。

また、体重を量るときは毎回同じタイミングで行うようにしましょう。

 

体重計に直接乗せて量る

赤ちゃんやペットの体重を量るためのデジタルスケールが販売されています。これはそちらを使って体重を量る方法です。

細かいグラム単位までわかるので体重管理がしやすいのですが、体重計の量れる重さの上限を超えたり体重計に乗れる大きさでなくなってしまうと意味がありません。また、じっとしてくれないときちんと図ることができないデメリットもあります。

自分で体重計に乗っておとなしくできるようにしつけをするようにしましょう。

 

飼い主が抱っこして量る

まず飼い主さんが体重計に乗って自分の体重を量り、その後にシーズーを抱っこして体重を量ります。その後引き算をすればシーズーの体重を確認できる方法です。

これであれば家にある体重計を使えばよいので簡単です。ただし犬の体重は100gでも大きな差になるので、細かい体重の確認ができないデメリットがあります。

   

シーズーの体型のチェック方法や肥満のサインは?

シーズーは体格の個体差があり、体全体が被毛でおおわれています。そのため、現在のシーズーが適正な体重なのか判断しにくいです。

ここでは体重だけでなく、現在の体型が適正なのか簡単に判断できる方法をご紹介します。

 

ボディ・コンディション・スコア(BCS)を参考にする

ボディ・コンディション・スコアとは、犬の体を触ったり見た目から体型を判断する方法です。ただし、シーズーは長くてふわふわ被毛が被毛があるので、見た目からチェックするのは難しいかもしれません。

そのため、ボディ・コンディション・スコアはお風呂上りなど体型のチェックがしやすい時がおすすめです。判断しにくいと思ったら、獣医師に相談してやり方を詳しく聞いてみるとよいでしょう。

シーズーのメスとオスで差異はありません。特に成犬となる1・2・3歳~以降は個体差もあるため、体重や「重い」等の感覚だけでなく、下記を参考に適正体重か確認しましょう。

BCS1(痩せ)胸に触らなくても肋骨が明確に確認できる。上や横から見るとくびれが顕著である
BCS1(やや痩せ)胸に触ると肋骨が簡単に確認できる。上や横から見るとくびれがわかりやすい
BCS3(標準体型)胸に触ると少しの脂肪の後に肋骨が確認できる。上や横から見るとくびれがあることがわかる。
BCS4(やや肥満)胸に触るとやや脂肪が多いが肋骨が確認できる。上から見るとくびれがあるが、横から見ると腹部がやや吊り上がっている程度。
BCS5(肥満)胸に触れると脂肪が厚く肋骨の確認が難しい。上から見るとくびれがほとんど無く、横から見ると腹部の釣り上りがほとんどないか垂れ下がっている。

この中で一番理想的なのはBCS3の状態です。見た目でわかるくびれや、胸を触った状態で肋骨が確認できるかがポイントです。

 シーズーの適正体重

参考:環境省「飼い主のためのペットフード・ガイドライン

 

シーズーが肥満になるとどんなリスクがあるの?

シーズーは肥満になってしまうと体に大きな負担がかかってしまうためさまざまな病気やケガになるリスクが高くなります。

ここではその中でも代表的なものを確認してみます。

 

熱中症

シーズーは被毛が多いため、もともと体に熱が溜まりやすい犬種です。肥満になると更に体温が外に逃げにくくなってしまうため、体温が上昇しやすくなります

気温が高い日にハァハァと荒い呼吸をしている場合やぐったりしている場合はすぐに動物病院で適切な診断を受けてください。

 

呼吸器疾患

肥満になると首周りの脂肪も増えてしまいます。すると気管が脂肪により圧迫されて気道が狭くなり、呼吸がしにくくなります。

悪化すると気管がつぶれてしまう気管虚脱という病気になる可能性があります。気管虚脱は自然治癒することがないため徐々に悪化してしまうのです。

気管虚脱は外科手術をしなければ完治させることはできません。

 

糖尿病

血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が足りなくなる病気です。糖尿病になると飲水量や尿量が増えたり、食欲はがあっても体重が減っていってしまいます。悪化すると神経障害や命の危険にもなる病気です。

糖尿病はいったんかかってしまうと、人間の糖尿病と同様に生涯にわたってインスリンの注射を毎日し続けることになります。

 

関節の炎症

肥満になると体重を支える関節にかかる負担が増え、さまざまな関節が炎症を起こしてしまいます。悪化すると歩くだけで痛みが走るようになるのです。

関節の炎症は投薬や手術で改善させることができますが、体重を減らさない限り他の関節が炎症を起こすこともあります。

 

 

心臓疾患

肥満は心臓に大きな負担をかけてしまいます。シーズーで多い心臓病は僧帽弁閉鎖不全症という病気です。僧帽弁閉鎖不全症とは心臓に送られた血液が逆流してしまう病気です。

僧帽弁閉鎖不全症は放置すると呼吸困難になり最悪死に至ることもあります。

 

太りすぎてしまったシーズーのダイエット方法は?

肥満になったシーズーはダイエットをして体重を減らす必要があります。ダイエットは以下の4つの方法がおすすめです。

 

フードの量・質を見直す

犬が太ってしまう大きな原因は、必要以上にエネルギーを摂取してしまうことです。ダイエットをするためには、まず食生活から見直してみましょう。

まずはフードを低脂肪のダイエットフードに変えることから始めましょう。食事量をきちんと適正体重に合った量にすることも大切です。

しかし、1回に1日の分を全てあげてしまうと、空腹になる時間が増え、ストレスになってしまいます。そうならないためにも、1日の食事回数を2~3回に分けるとよいでしょう。

また、シーズーが肥満になる原因はおやつのあげすぎであることも多いです。おやつをダイエットフードなど低カロリーのものにし、量や回数も減らすようにしてください。

運動量を増やす

食事の次に大切なのは運動量を増やし、脂肪を減らすことです。シーズーは運動量の多い犬種ではありませんが、飼い主さんと遊ぶことが大好きです。

散歩の時間を10分程度増やしたり、家の中でも体を動かしながら遊べるように工夫してあげましょう。

 

被毛にダメージを負うことがある

ダイエットをすると、シーズーの大きな特徴である長くてふわふわした被毛にまで栄養が気渡らないことがあります。

ダイエットフードを選ぶときには、栄養素にも十分気を付けたうえで選ぶようにしましょう。また、過剰なダイエットではなく、緩やかに体重が落ちるように管理することも重要です。

 

シーズーにおすすめの保険は?

ここではシーズーに合ったおすすめのペット保険、比較・選び方について解説します。

全てのペット保険で補償の対象外である去勢の費用等の項目は除き、あくまで保険会社・プランで差別化になるポイントに絞って解説します。

他サイトのようなランキング形式ではなく、あくまでシーズー目線で解説していきます。

 

【シーズーのペット保険加入の選び方のポイント】

①シーズーのなりやすい病気が補償されるか確認
・チェリーアイ
・睫毛乱生
・椎間板ヘルニア

②加入後に発症した先天性、遺伝性疾患が補償されるか
③通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険の中でも手術は他社と比較しても手厚いか
④更新の際に「来年度からの傷病や部位補償の対象外」とする可能性がないか

 

①シーズーのなりやすい病気が補償されるか確認

ペット保険は保険会社によって補償する病気や、補償の対象外となる項目が異なります。

中にはシーズーがなりやすい高額治療が必要な椎間板ヘルニアを補償の対象外としているペット保も存在します。例えば「SBIいきいき少短」では椎間板ヘルニアが補償の対象外です。

 

特に下記の傷病・疾患は保険会社によって補償されるかが異なりますので、必ず保険約款や重要事項説明書を確認することをおすすめします。

また公式HPでも「保険金のお支払いできない事例」の中に記載されていることがほとんどですので必ず確認しましょう。

 

【シーズーがなりやすい病気で補償の対象外か確認すべき病気】

・チェリーアイ
・睫毛乱生
・椎間板ヘルニア

 

②加入後に発症した先天性、遺伝性疾患が補償されるか

シーズーがなりやすい、「椎間板ヘルニア」は先天性、遺伝性の要素も大きい疾患です。

全てのペット保険で加入前に発症している先天性、遺伝性疾患は基本的には補償の対象外となってしまいますが、加入後に発症した先天性、遺伝性疾患を補償するかどうかは保険会社によって異なります。

こちらも併せて公式HP内の「保険金をお支払いできない事例」や保険約款・重要事項説明書を確認しましょう。

せっかく保険に加入するのであれば、シーズーのためにも椎間板ヘルニアにも万全の備えができるようにしましょう。

 

③通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険の中でも手術補償の手厚さを重視するのがおすすめ

シーズーがなりやすい病気である「アトピー性皮膚炎」は長期もしくは複数回の治療が必要になる疾患です。また「椎間板ヘルニア」や「白内障」は外科手術を伴う高額治療が必要になる傷病です。

そのため、シーズーには「通院・手術・入院を補償するフルカバー型のペット保険」に加入することがおすすめです。

 

また、椎間板ヘルニア、白内障は手術となると40万円以上かかることもあることから、シーズーにはフルカバー型の中でも手術補償が他社より手厚いペット保険に加入することをおすすめします。

特に

手術一回当たりの上限金額が大きいペット保険
を重視することをおすすめします。
ペット保険で人気・一般的である「補償割合70%:通院・手術・入院を補償するフルカバー型」のペット保険では、多くの保険会社が手術一回当たりの上限金額を10~14万円に設定しています。
ちなみにフルカバー型のペット保険(補償割合70%)の中で一回当たりの手術補償金額が高いのは楽天ペット保険とアイペットの、「一回当たり最大15万円まで」です。

更新の際に「来年度からの傷病や部位補償の対象外」とする可能性がないか

ほとんどのペット保険が一年契約となっており、契約を毎年更新していくことで終身の補償となっています。

つまり、ペット保険に加入すると毎年契約更新の審査があります。

中には「前年度にかかった傷病や慢性疾患」等の、特に治る見込みが少ない、再発の可能性が高い慢性疾患を、更新の際に「来年度から補償の対象外とします。」と条件を付け加えてくる保険会社があります

もちろん中には「更新の際に条件を付け加えることはありません」といった記載をしているペット保険もあります。

 

そのため、上記のようなペット保険だと更新時の際に「来年度から○○は補償の対象外とします」といった条件を付けられる可能性があります。

そのため、加入を検討しているペット保険会社の「更新時の対応」についても必ず確認することをおすすめします。

しかも、「更新時の対応」については、どのペット保険であっても公式HPや保険約款の目立たないところにあったりするので結構見落とします。
公式HPの「よくある質問:更新について」「保険金をお支払いできない事例」等のページで記載されていることが多いので、必ず一度は確認することをおすすめします。

また、ペット保険比較アドバイザーではそういった情報も一つの記事内でまとめていますのでぜひ一度ご確認ください。

シーズーにおすすめのペット保険をご紹介!

最後に、今回ペット保険比較アドバイザーではシーズーにおすすめのペット保険を2社ご紹介します。

おすすめの理由としては上記で説明したシーズーのペット保険の選び方、ポイントや条件をすべて満たしているからです。

アニコムに関しては窓口精算や年一回無料で受けられる腸内フローラ測定等、付帯サービスが充実しています。

また、ペットを伴わない薬の受取ができるのはアニコムだけです。

・窓口精算や付帯サービスも重視 → アニコム損保
・補償内容や保険料を重視 → PS保険

一部PS保険は手術の補償金額が1回あたり最大10万円だったり不安な点はありますが、先天性疾患や更新時の対応が他社より優れています。

ただし、細かい補償内容や金額についてはもちろん違いがありますので必ず重要事項説明書や保険約款、パンフレットや公式HPを確認してください。

あくまで参考ですが、保険料重視であればPS保険、補償内容重視であればアニコム(ふぁみりぃ)に加入することをおすすめします。

 

メリットデメリット
・複数回通院にも強い
・「腸内フローラ測定」等の予防型サービスも付帯
・通院補償は一日当たり14,000円×年20日まで(補償割合70%プラン)
・窓口精算可能
・ペットを伴わない薬の受取だけの治療費も補償

保険料が高い

※健康割増引制度により保険の利用状況によって割増引の適応【可】

保険料が安い・1つの病気に対しての限度額・回数があり
(更新時にリセットされない)
・手術は一回当たり最大10万円まで
アニコム損保(ふぁみりぃ7歳11ヶ月まで:しにあ8歳~)
2年目以降のご契約継続について
弊社の商品の保険期間は1年間ですが、ご契約には「継続契約特約」を適用して引受をさせていただいておりますので、解約等のお申し出がない限り満期後は、原則ご契約は自動的に継続となり、終身ご継続いただけます。
※ご注意
・ご契約者または弊社より別段の意思表示があった場合には、ご契約は継続となりません。
・自動的にご契約が継続とならない場合や、商品改定により保険料、補償内容などが変更となる場合があります。
※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書保険約款もご確認くださいそれぞれが複数のプランを販売しているのでペット保険のプランは50以上あります。
PS保険
PS保険のロゴ

罹患した病気やケガにより保険の更新をお断りしたり、更新時の補償対象外にしたり、保険料を増額にすることはございません。(※保険料の改定などがあった場合、保険料は変わります。)
ケガ、病気の原因が生じた時が保険期間内であれば、皮膚病や外耳炎等の軽度の病気から、ガンや心臓病等の重大な病気まで補償の対象となります。

引用:PS保険
引用:よくあるご質問

※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書・保険約款もご確認ください

補償内容やそれぞれのデメリット等がより気になる場合は下記の記事を参考にしてください。

補足:先天性疾患が発症する前に!遅くとも7.8歳までには加入しよう

ペット保険は、加入する前に発症している先天性疾患や既に発症している病気や疾患は補償の対象外となります。

そのため、病気になってから保険に加入しようとしても、肝心のその病気の治療費は補償の対象外になってしまいます。

また、加入後に発見できた病気であっても先天性疾患を補償の対象外としているペット保険や、慢性疾患にかかると更新できない保険もあります。

また一般的にペット保険では8~12歳で新規加入年齢を設定していることがほとんどです。早いところでは7歳で新規加入を締め切るペット保険もあります。

「健康なうちに加入しないと意味がない」「また年齢制限に引っかからないから保険の選択肢が広がる」という意味で遅くとも7~8歳までにはペット保険の加入、少なくとも検討をすることをおすすめします。

補足ですが、アニコムやプリズムコールではシニア向けのペット保険商品もあります。

高齢・シニア向けのペット保険については下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

よくある質問

シーズーが適正体重より痩せているときはどうすればよいですか?

まずフードを適正量きちんと食べているか、体調におかしいところがないかを確認しましょう。体調に問題が無く、ドライフードを食べていないのであれば、単にフード自体に飽きてしまっている可能性があります。犬は食事を匂いでするところがあるので、お湯でドライフードをふやかして香りがするようにしたり、ウエットフードに切り替える方法があります。しかし、ドライフードを食べなくなると歯石が付きやすくなるのでオーラルケアを忘れないようにしてください。また、ドライフードを食べないからをおやつをたくさんあげないようにしてください。シーズーが待っていればおいしいものが出てくると勘違いしたり、栄養が偏ることがあるのでおすすめしません。

シーズーのお散歩はどのくらい必要ですか?

シーズーは1日1回30分程度のお散歩が目安です。しかし、シーズーはお散歩の距離よりもどんなお散歩をするかが重要です。毎日ただ同じコースを歩くだけだとお散歩自体に魅力を感じなくなり、外に出たがらなくなることもあります。毎日お散歩のコースを変えてみたり、遊びながら散歩ができるように飼い主さんが工夫してあげましょう。また、シーズーはコミュニケーションをとることが大好きなので、他の犬や人に触れられるようにしてあげるとより楽しんで散歩をしてくれるようになります。

ペット保険は必要?

ペットには公的な保険制度がありません。そのため治療費の自己負担額は100%です。

もしもの時に、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に加入することをおすすめします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

 

ペット保険比較表や記事を活用するのがおすすめ!

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

【シーズーの適正体重は?体型の確認方法やダイエット方法もご紹介】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・ボディコンディションスコアでのシーズーの適正体型の確認方法
・シーズーが肥満になることでかかりやすい病気やケガ
・シーズーのダイエット方法
について解説してきました。
シーズーは食事や運動量をきちんと管理して、適正な体重が保てるようにすることがとても重要です。獣医師ともよく相談をし、シーズーがストレスを溜めずに太らない生活を送れるように工夫してあげましょう。
ペット保険比較アドバイザーではペット保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。