× CLOSE

メニュー

\かんたん5秒/

ペット保険を比較する
  • HOME
  • 犬の保険
  • 犬の白内障の予防方法をご紹介!治療法と費用についても解説!

犬の白内障の予防方法をご紹介!治療法と費用についても解説!

犬の白内障の予防方法をご紹介!治療法と費用についても解説!
犬の白内障の予防法や治療について解説しています。犬の白内障は若年齢でかかることが多く、治療法や費用は進行度で変わります。予防方法についても解説していますんので参考にしてください。
犬の眼疾患のひとつに『白内障』というものがあります。
できれば愛犬に白内障の予防をしたいところです。
また白内障になった時の治療法も気になります。

この記事では

・犬の白内障は若い年齢で発症しやすく進行スピードが速い
・犬の白内障は他の病気も併発しやすい
・犬の白内障の治療方法と費用
について解説します。
最後までお読みいただければ、「犬の白内障について」「犬の白内障の治療方法」がわかるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。


犬の白内障とは

目の中でレンズの役割を果たしている『水晶体』が何らかの原因で白く濁って視力が低下する病気です。

症状が進行すると失明する恐れがあります。

 

【犬の白内障】若い年齢で発症することが多い

犬の白内障は発症年齢で次の3つに分類することができます。

『先天性』 生まれた時から
『若年性』 6歳未満で発症
『加齢性』 6歳以上で発症

犬の白内障は若い年齢で発症すると言われています。

多くの人が「白内障は加齢でなるもの」と考えているでしょう。

しかし実は6歳以前に発症しており、老犬になり症状が進行してから初めて気づくというケースも珍しくありません。

人の白内障は7割が加齢性の白内障なためそのように考えられているのでしょう。

愛犬が年を取るまで白内障の心配はないなどと油断は禁物です。

▼保険の適性診断をしてみる!(無料)▼

補足:白内障になりやすい犬種

白内障には好発犬種というものがあります。

好発犬種とは疾患が発生しやすい犬の種類のことを指します。

・トイプードル
・柴犬
・チワワ
・ジャックラッセルテリア
・ダックスフント
・シーズー
・パグ

人気種のトイプードルやチワワ、柴犬などが好発犬種としてあげられています。

好発犬種に当てはまる場合、何の前触れがなくても若いうちから定期的に眼科検診を受けることをおすすめします。

トイプードルなどは1歳からチェックを始めた方が安心です。

また、シーズー、パグのような鼻が短く目が大きな犬種になると目が乾燥しやすく傷が入りやすいので、白内障のきっかけを作りやすい犬種になります。

白内障は遺伝的な要因だけでなく目の傷が原因で発症することもあるため、特に目が大きな短頭種は注意が必要です。

 

【犬の白内障】進行スピードは速い?

人の白内障がゆっくりなのに対して、犬の白内障は進行スピードが速いです。

これは犬の寿命が人より短いことが関係していると言われています。

その中でも6歳未満で発症する『若年性』は進行スピードがさらに速く、1週間で重症化するケースもあるほどです。

白内障は段階を経て進行していき、水晶体の濁りの程度により4つのステージに分類されます。

ステージ状態
初発期水晶体全域の10〜15%が混濁している状態。白濁は水晶体のふちにある
未熟期水晶体全域の15%以上が混濁している状態。白濁が水晶体の中に見え始めてくる
成熟期水晶体の混濁が水晶体全域に達した状態。白濁が水晶体全体に及んでいる
過熟期水晶体たんぱく質が液化し、融解した状態。白内障の最終段階

最初は犬が目を気にする様子で動物病院を受診し、結果的に白内障が発見されるということがよくあります。

進行スピードが速い若年性白内障だとすでにブドウ膜炎などの合併症を併発していることも多く見られるため注意が必要です。

 

【犬の白内障】他の病気が併発する可能性が高い

白内障はステージ3まで進行すると、手術をしてもしなくても合併症のリスクが高くなります。

合併症にはぶどう膜炎、緑内障、網膜剥離、水晶体脱臼などがあります。

ぶどう膜炎角膜の内側にある前眼房・虹彩などの炎症で、強い痛みを伴います。感染しやすいので注意が必要です。
緑内障眼房内の水分の循環が妨げられることで眼圧が上昇し、視神経や網膜に障害が出ます。
網膜剥離眼の奥の網膜が脈絡膜(眼に栄養を運ぶ役割)から剥がれることで急性に失明します。
水晶体脱臼水晶体が本来の位置からはずれてしまった状態。視力障害のほか、緑内障や網膜隔離を併発しやすい状態になります。

さらにはもし手術をしても合併症が起きる確率は犬の方が人間より100倍高いということが分かっています。

白内障の手術をして視力を取り戻せても後で合併症が出てくる可能性があることを認識しておかなければいけません。

合併症は「薬」でコントロールできる場合もあれば、「手術」が必要になる場合もあります。そのどちらも難しい場合は最悪失明してしまうこともあります。

犬の白内障手術は人間に比べて合併症リスクが高いことと、合併症を発症した場合はさらに術後のケアが大変になることを理解しておく必要があります。

 

【犬の白内障】糖尿病になるとほぼ100%で白内障も併発

犬が糖尿病になるとほぼ100%の確率で白内障を併発し、しかも進行が早いという特徴があります。

糖尿病で併発した白内障を『糖尿病性白内障』といいます。

さらに糖尿病になると高血糖によって免疫力が低下するため、糖尿病性白内障は手術が成功しても

術後の合併症を併発するリスクが高い

と言われています。

加えて引き続き糖尿病の治療をきちんと行って血糖のコントロールをしなければ、また白内障は発症します。

糖尿病性白内障は術後の合併症を併発するリスクも高く、糖尿病を治療し続けなければ白内障を再発する可能性があることを覚えておかなければいけません。

犬の糖尿病については下記の記事でも解説していますので、気になるかたはぜひ参考にしてください。

▼保険の適性診断をしてみる!(無料)▼

 

糖尿病になりやすい猫も白内障になるのか?

ちなみに糖尿病になりやすいと言われている猫は、糖尿病が原因で白内障になることはとても稀です。

決して猫が目の疾患にかかりにくいというわけではなく、猫の結膜炎の割合は犬の2倍です。

それに対して白内障は犬の20分の1程度しかありません。

猫は水晶体の糖代謝のメカニズムが犬と異なるため白内障自体かかりにくく、万が一発症したとしても進行は遅いです。

犬は糖尿病と診断されると同時に白内障の心配もしなければいけませんが、猫は糖尿病の治療に専念することができます。

 

【犬の白内障】治療方法は?費用も解説

犬の白内障の治療方法は

・内科治療(目薬やサプリなど)
・外科治療(手術)

の2種類あります。

ステージ1・2(初発期・未熟期)で初期の軽度な段階では目薬とサプリの内科治療を行います。

ステージが進んだ3・4(成熟期・過熟期)では手術以外に治療法はありません。

内科治療と外科治療それぞれを治療費を含めて詳しくご紹介します。

白内障の手術費用については下記の記事でも詳しく解説していますので詳しくは気になるかたはぜひ参考にしてください。

▼保険の適性診断をしてみる!(無料)▼

愛犬が白内障になったら?症状や治療法、手術費用などを徹底解説!

 

目薬とサプリでの治療方法

目薬とサプリでの治療法は軽度の段階で行う内科治療です。

内科治療の目薬やサプリでは白内障の回復は見込めません。

犬の白内障の目薬とサプリの効果は、あくまで白内障の進行速度を遅らせたりするためのものです。

そのため白内障を完治させるためには手術が必要です。

内服治療目安
・初診料 1000円~1500円
検査料 10000円~20000円(病院や検査内容により異なる)
点眼薬 3000円~5000円(種類により異なる)
サプリ 3000円~10000円(種類により異なる)

手術が必要な場合

白内障を完治できる可能性がある方法です。

手術前には犬が全身麻酔に耐えられるかどうかや症状の進行具合によって手術が可能かどうかを判断します。

全身麻酔が必要なことから、15歳などの高齢犬ではあえて手術はせず、病気の進行を遅らせる目薬での治療をすることも多いです。

手術前の検査結果に問題がなければ手術を行います。

手術時間は順調に進めば約1時間程度と短時間です。また手術の成功率は高いと言われています。

白内障の手術の内容は

白く濁った水晶体を取り除き、代わりに犬用の人工レンズを入れる

というものです。

術後は経過観察のため、数日~1週間程度の入院が必要となります。退院後も毎日の点眼と定期的な診察を行わなければいけません。

術後の長期的なアフターケアが重要なことを理解しておきましょう。

 

手術費用

犬の白内障の手術にかかる費用は、両目で40万円~50万円が相場とされています。

白内障手術内訳目安
診察:500円~
入院(5日程度):22,900円
検査・全身麻酔・手術:280,000円
処方薬:5,000円

医療設備や術後の経過などにより、さらに高額になる場合もあります。

犬の水晶体は人間と比べて厚みがあり、人と比べて手術の難易度が高くなります。

そのため手術を行うことができる施設や獣医師は限られてきます。

このことから白内障の手術費用は比較的高額になってしまいます。

高額な治療費が発生しないようにするためには早期発見、早期治療が重要です。

白内障の手術費用については下記の記事でも解説していますので、気になる方はぜひ参考にしてください。

▼保険の適性診断をしてみる!(無料)▼

 

【犬の白内障】予防はできる?早期発見が鍵

犬の白内障は早期発見が鍵だと言われています。

早期発見のポイント
・眼が白っぽく見える
・動きの異変(「歩くと物にぶつかる」「ボールを投げてあげても探せなくなった」など)

しかしステージ1や2(初発期・未熟期)のような初期での発見は無理です。

眼の混濁を見分けることは出来ないうえ犬の見え方もステージごとに

・ステージ1 視覚への影響なし

・ステージ2 視界がぼやける、かすむ

程度なので、動きも普段と変わらないでしょう。

眼の白濁や動きで飼い主が異変に気付くころにはステージ3(成熟期)程度まで進行しています。

そのため早期発見には眼科診療をおこなっている動物病院で検査を受けるほかありません。

病院によっては健診コースの中に組み込まれてる病院もあります。白内障検査のみも可能です。

早期発見で白内障による全盲のリスクを防ぐことができます。

 

白内障の予防方法

白内障は発生原因をできるだけ遠ざけることで発症を抑えることがある程度可能だと言われています。

白内障の予防方法の一例として下記があげられます。

・紫外線の下に長時間居させない
・ケガを誘発するような接触トラブルを回避する
・抗酸化作用のある食品やサプリを与える

例えば散歩をする際は日差しの強い時間帯を避けるか、犬用サングラスを着用させることも白内障予防のひとつになります。

また白内障は酸化ストレスが原因になる場合があるため、抗酸化作用がある食品やサプリメントを与えることも効果があると言われています。

ビタミンEやC、βカロテン、ルテイン、プロポリス、アガリクスのような栄養素には抗酸化作用や免疫力を高める効果があり、白内障の発症の抑制が期待できます。

特にビタミンCは抗酸化作用抜群なので積極的に摂りたい栄養素です。

例えば、次のような食材がおすすめです。

・りんご
・かぼちゃ
・さつまいも
・レバー
・じゃがいも
・卵
・ココナッツオイル

おやつであげたりフードに混ぜたりして与えるといいでしょう。

白内障に効果があるからと上記の食材ばかりに偏らず、バランスの良い食事と運動を心掛けることも重要です。

 

【犬の白内障】放置すれば失明だけでなく他の病気を併発する

白内障の手術費用が高いことを先述しましたが、そのまま手術を行わず放置するとどうなるのでしょうか。

結果として下記のいずれかの可能性が高くなります。

・失明する
・急性緑内障などの他の病気を併発する
・眼球を摘出しなければならなくなる

白内障を放置すると水晶体はだんだん膨らみ眼圧が上がる『急性緑内障』を併発します。

ほかにも変性したたんぱく質が水晶体から溶け出す『水晶体起因性ぶどう膜炎』などの感染症にもかかってしまいます。

それでも放置すると眼がつぶれてしまう『眼球癆(がんきゅうろう)』になり眼球を摘出せざるを得なくなります。

放置すればするほど強い痛みを伴い犬の負担も大きくなります。

費用の問題で手術できないとならないよう、愛犬が元気なうちにペット保険に加入しておくことも愛犬を守るひとつの方法です。

▼保険の適性診断をしてみる!(無料)▼

 

犬の白内障はペット保険で補償される?

多くのペット保険で白内障は保険の適用内となっています。

しかし、中には白内障や白内障にかかりやすい犬種を補償の対象外としている保険会社・プランもあるため注意が必要です。

ペット保険に加入する前に、重要事項説明書や保険約款を必ず確認するようにしましょう。

また公式HPにも必ず「保険金をお支払いできない事例や病名」という形で記載しています。

そちらも併せて確認するようにしましょう。

 

補足:犬の白内障と糖尿病は関係が深い

犬が糖尿病になるとほぼ100%の確率で白内障も併発します。しかも進行が速いと特長があります。

そのため、糖尿病と白内障はセットで考えて、保険の加入判断にするべきです。

糖尿病は一般的に小型犬のほうがかかりやすいと言われていますが、ゴールデン・レトリーバー等の大型犬でも糖尿病にかかりやすい犬種が存在します。

糖尿病にかかりやすい犬種や症状、治療法や治療費については下記の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

▼保険の適性診断をしてみる!(無料)▼

犬の白内障や糖尿病におすすめのペット保険は?

犬の白内障も糖尿病も共に完治させることができず、長期的な通院治療が必要な疾患です。

また、上記でも説明した通り白内障は手術の場合は安くても1眼20~25万、場合によっては35万円程度と犬の手術費用の中でも比較的高額の部類です。

そのため、白内障や糖尿病に備えとしてペット保険に加入する場合は下記の項目に留意して選ぶことをおすすめします。

・通院、入院、手術を補償するフルカバー型のペット保険であること
・「更新時に特定の病気や部位を補償の対象外とすること」はありません。という旨がHPや重要事項説明書・保険約款に記載されているペット保険

ペット保険比較アドバイザーでは、心臓病に対しておすすめのペット保険を2社ご紹介します。

おすすめの理由としては、上記の条件を満たしているペット保険である事、そしてもちろん白内障・糖尿病共に補償の対象としているペット保険だからです。

白内障・糖尿病の治療を考えると、一番おすすめはアニコムです。

一部PS保険は手術の補償金額が1回あたり最大10万円だったり不安な点はありますが、先天性疾患や更新時の対応が他社より優れています。

ただし、細かい補償内容や金額についてはもちろん違いがありますので必ず重要事項説明書や保険約款、パンフレットや公式HPを確認してください。

あくまで参考ですが、保険料重視であればPS保険、補償内容重視であればアニコム(ふぁみりぃ)に加入することをおすすめします。

アニコムは窓口精算や年1回無料で受けられる腸内フローラ測定等、付帯サービスが充実しています。

2社で迷うのであれば下記の選び方がおすすめです。

・窓口精算や付帯サービスも重視 → アニコム損保
・保険料重視→PS保険
メリットデメリット
・複数回通院にも強い
・手術は一回当たり最大14万円まで補償(補償割合70%プラン)
保険料が高い

※健康割増引制度により保険の利用状況によって割増引の適応【可】

保険料が安い・1つの病気に対しての限度額・回数があり
(更新時にリセットされない)
・手術は一回当たり最大10万円まで
アニコム損保(ふぁみりぃ7歳11ヶ月まで:しにあ8歳~)
2年目以降のご契約継続について
弊社の商品の保険期間は1年間ですが、ご契約には「継続契約特約」を適用して引受をさせていただいておりますので、解約等のお申し出がない限り満期後は、原則ご契約は自動的に継続となり、終身ご継続いただけます。
※ご注意
・ご契約者または弊社より別段の意思表示があった場合には、ご契約は継続となりません。
・自動的にご契約が継続とならない場合や、商品改定により保険料、補償内容などが変更となる場合があります。
※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書保険約款もご確認くださいそれぞれが複数のプランを販売しているのでペット保険のプランは50以上あります。
PS保険
PS保険のロゴ

罹患した病気やケガにより保険の更新をお断りしたり、更新時の補償対象外にしたり、保険料を増額にすることはございません。(※保険料の改定などがあった場合、保険料は変わります。)
ケガ、病気の原因が生じた時が保険期間内であれば、皮膚病や外耳炎等の軽度の病気から、ガンや心臓病等の重大な病気まで補償の対象となります。

引用:PS保険
引用:よくあるご質問

※補償内容や保険料について必ず重要事項説明書・保険約款もご確認ください

補償内容やそれぞれのデメリット等がより気になる場合は下記の記事を参考にしてください。

補足:先天性疾患が発症する前に!遅くとも7.8歳までには加入しよう

ペット保険は、加入する前に発症している先天性疾患や既に発症している病気や疾患は補償の対象外となります。

そのため、病気になってから保険に加入しようとしても、肝心のその病気の治療費は補償の対象外になってしまいます。

また、加入後に発見できた病気であっても先天性疾患を補償の対象外としているペット保険や、慢性疾患にかかると更新できない保険もあります。

また一般的にペット保険では8~12歳で新規加入年齢を設定していることがほとんどです。早いところでは7歳で新規加入を締め切るペット保険もあります。

「健康なうちに加入しないと意味がない」「また年齢制限に引っかからないから保険の選択肢が広がる」という意味で遅くとも7~8歳までにはペット保険の加入、少なくとも検討をすることをおすすめします。

補足ですが、アニコムやプリズムコールではシニア向けのペット保険商品もあります。

高齢・シニア向けのペット保険については下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

よくある質問

犬の眼が白濁しています。白内障でしょうか?

眼が白濁しているからといって白内障とは限りません。
角膜が白く濁る病気には傷や炎症、免疫異常による乾性角膜炎、遺伝による角膜ジストロフィーなどが考えられます。
一度動物病院を受診することをお勧めします。

犬の白内障の治療はどうするのでしょうか?

犬の白内障の治療方法は『手術』か『目薬やサプリメント』の2種類あります。
治療方法は症状や進行具合により異なります。

ペット保険は必要?

動物病院

ペットには公的な保険制度がありません。そのため治療費の自己負担額は100%です。

もしもの時に、お金を気にせずペットの治療に専念できるよう健康なうちにペット保険に入ることをおススメします。

また、病気になった後では加入を断られる可能性があります。

 

ペット保険比較アドバイザーでは、ペットに合った保険の選び方やペットの健康に関するお役立ち記事を公開しております。

記事と合わせて比較表も活用することで、ペットと飼い主様に合った保険を選ぶことができます。

また、保険会社のデメリット等も理解できるので、後悔しないペット保険選びができます。

ペット保険への加入を検討されている方はぜひご活用ください。

 

【【犬の白内障】予防をご紹介!治療法と費用は?】まとめ

今回、ペット保険比較アドバイザーでは

・犬の白内障について
・犬の白内障の治療法を費用
について解説してきました。
犬の白内障は手術で治る可能性があります。
目薬やサプリメントで症状の進行を止めたり遅らせたりすることもできますので、あきらめずに治療を行ってください。
ペット保険比較アドバイザーではその他保険に関する記事も掲載しておりますので、ぜひご活用ください。